極洋「さんま生姜焼き」変敗への調査回答

極洋「さんま生姜焼き」変敗への調査回答 17・7・8
 先月のブログで「缶詰の極洋本社欠陥食品対応に納得」 という記事を書いた。それについて、アルゼンチン滞在中の雪見姐さんから「極洋のサンマ、日本ならでは対応で涙しました。日本は住みやすい国であり、技術的にも素晴らしいと思います。でも政治が誠実ではない。合衆国に右へ習え、言い換えれば占領下にまだいるということですね。私も極洋のサンマ食べてみたい。南米に輸出してるか、聞いてください。」KEIBOさんからは「いい話ですね。極洋でキャットフードもやっていないだろうか。しらべてみます。心のある対応、いい話です。」などのコメントをいただいた。
 その後日談である。極洋本社は6月19日「調べて回答します」と社員が明言して帰社したが、そう簡単に返事は来ないだろうと思って居た。ところが、まだ一週間もたたない6月23日付で以下のような回答が届いた。いままでのソフトバンクなど携帯各社の対応のごまかしに、うんざりしていたが、極洋本社の回答はきわめてきちんとした調査結果に基づくもので感心した。以下にその全文を紹介したい。日本の企業の道義はまだ地に落ちていなかった。雪見姐さんがこの回答を見たらまた涙するであろう。
 
仲井 富 様
平成29年6月23日 東京都港区赤坂3-3-5 株式会社極洋 品質保証部

報 告 書
拝啓 時下益々ご清栄のこととお喜び申し上げます。弊社製品につきましては、常々格別のお引き立てを賜り厚くお礼申し上げます。 さて、この度お買上げいただきました弊社缶詰『さんま生美焼』におきまして、内容物が変敗していたとのご指摘をいただきました。大変ご迷惑、ご不快な思いをおかけしましたことは誠に申し訳なく、深くお詫び申し上げます。原因と対一策につきまして、下記の通りご報告申し上げます。敬具

1,商品名 さんま生美焼 2,規格 EOK5A缶 3,賞味期限 2019年8月1日/XB(製造日2016年8月12日) 4,内容物が変敗していた  5,画像 
6,製造工程
原料さんま受入 → 金属検査 → 解凍 → 頭・尾除去 → 背割 → 内臓除去 → 定寸カット → 金属検査 → 整列 → 陪焼 → 内臓除去 → 肉詰 → 計量 → X線異物検査 → 注液 → 巻締 → 洗缶 → 加熱殺菌 → 冷却 → 洗缶 → 検査 → 箱詰 → 保管 → 出荷
7.原因
 回収させていただきました現品を確認いたしました結果、内容物が変敗しており、異臭も生じておりました。現品を工場へ送付し調査いたしました結果は次の通りです。
(1)現品の缶の巻締部(缶蓋と缶胴の接合部分)を検査いたしました結果、巻締状態に 異常はありませんでした。
(2)製造当日(2016年8月12日)の製造記録類を確認いたしました結果、異常を示す 記録はありませんでした。また、トラブルの発生もありませんでした。
(3)同ロット品におきまして同様のご指摘はいただいておりません。 以上の調査結果から、製造工程中に缶および内容物に異常が発生した可能性は低い ものと思われます。
 原因といたしましては、製品の流通段階において製品に何らかの強い衝撃等が加わ り、スコア(プルトップ蓋に外周に沿って施されている切り込み溝)にわずかな亀裂 が生じ、外気が侵入し、変敗したものと判断いたします。
8. 対策
(1)今回のご指摘内容を工場の従業員に伝え、品質管理意識を高めるよう指導いたします。(2)製造ラインを点検し、製品の滞留、落下の生じる可能性のある個所がないか確認い たします。また万一、作業中に製品が落下した場合、製品化しないルールになっておりますが、再度従業員に周知徹底いたします。(3)作業基準を逸脱しないよう従業員の指導、教育を引き続き徹底して参ります。(4)製品の輸送業務を委託している業者に対して、製品の取扱いには十分注意して強い衝撃等を与えないよう要請いたします。 日頃、製品の品質管理には出来る限りの注意を払って製造しておりましたが、今後は一層の徹底を図り、安心してご利用いただける製品をお届けするよう努力して参る所存でございますので、今後とも弊社製品をご愛顧いただきますようお願い申し上げます。 以上
スポンサーサイト

缶詰の極洋本社欠陥食品対応に納得 

缶詰の極洋本社欠陥食品対応に納得 17・6・21
 昨日は朝からラジオ体操に行き、帰りは神保町近くの新星食品で出来たての豆腐一丁を買って帰った。私は日常生活の中で玄米雑炊二食を基本として生活している。パソコンで原稿書きをしたり、資料の整理をしたりして、12時ころに食事を始める。炊き立ての玄米にキャベツの味噌汁を作り、例の如くスーパーから買ってきたさんま缶詰を開けて食べようとした。ところが中味が真っ黒になっている。これは腐っていると直感した。もう一つの缶詰を開けると無事だった。賞味期限を調べると、両方とも2019年8月となっている。
 こういう場合は、私は買ったスーパーに持参するか、ひどい場合は飯田橋にある東京都の消費者センターに持って行く。きちんと食品会社に調べてもらいたいからである。しかしネットで検索してみると、缶詰の製造会社「極洋」は戦前からの魚の会社で、それが発展して、世界各地にまたがる缶詰だけでなく、マグロなどの稚魚から育てる大きな企業だとわかった。期待はしなかったが、大企業の「極洋」が欠陥食品にどう対応するかを見たいと思って日比谷の本社に電話した。交換手は「食品の欠陥について話をしたい」というと、すぐさま担当者に電話を回した。これがまず意外だった。
 最近の大企業とくにソフトバンクなどの会社は、本社に電話しても苦情処理の担当者は絶対出てこない。録音した声でその件は〇〇の番号を押してくださいと来る。しかもそこにつながるとまたもや、「その件はどこそこの担当ですから電話して下さい」と他にまわす。あちこち電話で引き回された末に、結局はどこか九州か東北にある苦情処理の担当者が出てくるのだから、まったく解決能力はなく、腹を立て、疲れ果てて終わりということになる。そういう意味では「孫正義」なる人物の会社はまさに「孫不正義」に等しい企業である。
 だが、今回の缶詰の腐敗に対しての極洋本社の対応はまさに消費者に対する責任感に溢れていた。私が今朝の缶詰の腐敗と、もう一つの缶詰は食べられた話をして「二つとも有効期限は2019年の8月となっている」と話すとすぐさま「これからお伺いして腐敗した缶詰を頂きに参ります」と担当者が言った。その機敏な応対にも好感が持てた。では午後3時までは自宅にいます、というと、それまでに参上しますという。そして時間通りに若い担当の社員が緊張した面持ちで現れた。そして「腐った缶詰を持ち帰り、きちんと調査をして後日ご報告します」と言った。そして封筒を私に渡して「缶詰の代金です」と言って帰った。空けて見ると100円玉二つが入っていた。私の損失は缶詰代金100円である。後日、日比谷公園に行った際、本社に伺って「貰い過ぎです」と言って100円玉を返還することにした。
 かつて畏友渡辺文学氏がビール会社に対して「あのバカげたプロ野球優勝のビール掛けをやめよ」と要求した際、アサヒビールの樋口廣太郎社長は、わざわざ文学氏の自宅まで電話したきて「まったく賛成だ」と述べたという。その話を聞いて私は生涯、アサヒビールを飲むことにした。今回の「極洋」の欠陥商品への敏速な対応に感動した私は「生涯極洋の缶詰を食べる」と決めた。
  (写真 極洋のさんまの缶詰)


      a

北の友から 新幹線とオリンピックに怒る

北の友から 新幹線とオリンピックに怒る 17・5・17
 北海道旭川市に住む旧友Ⅿ君から手紙がきた。風の噂で亡くなったという話を聞いて便りを出した。さっそく返信があり、死んだというのは誤報だった。亡くなったのは札幌市に住む別の友人だった。ともに同年齢で二十歳代からの社会党青年部、社青同などで共に活動した親友である。以来数十年、だんだん年を取って八十歳を超えると、多くの知友が亡くなり、あるいは病に倒れる。それは致し方ないことだが、年賀状や手紙のやり取りがなくなるとその消息は噂でしか聞けなくなるのだ。以下はⅯ君からの便りである。
―このたびは、電話・はがきありがとう。これが友情だと感謝している。昨年は年末から弟が危篤状況で(1月5日死亡・肺癌72歳)年賀状も出せなかった。ごめんなさい。私より11歳年下(末っ子 札幌在住)で頼りにし誇りに思ってた弟でした。私が死んだというのは誤報です。私も、貴兄のはがきに書かれた(カタツムリ)のような状態ですが、なるべく外を歩くようこころがけています。しかし、大きな病気を二つ抱えてます。一つは「前立腺ガン」ですが、これは発見が早かった(昨年の夏)ので、他の器官に転移してなく現在は「ホルモン療法云月1回の皮下注射」をしてます。本当は、内視鏡での除去手術がベストなのだが、80歳を過ぎて手術はダメ、抗がん剤は副作用が必至で致命的。とのこと。もう一つは「心房細動」(不整脈)過度の運動と一人での旅行は禁止されている。
 この二つだけは厄介だが、ほかにあげれば、忘れっぽい、本を読むのも遅い、等々挙げれば限がない。そうそう、ワープロで私信を書くなんて失礼なんですが、右手が震えて文字が書けないのだ。「本態性振戦」という病気だそうだ。パーキンソン病でなくて助かった。この二つだけは厄介だが、ほかにあげれば、忘れっぽい、本を読むのも遅い、等々挙げれば限がない。私が頭に来ているのは、北海道新幹線と札幌冬季オリンピック。これは『地方創生」でなく「地方殺し」だ。J Rは「地方路線廃止」になりふりかまわずだー
 本態性振戦などという病気は初耳だが、パーキンソン病に似ているらしい。若いときは旭川に行くと車で道内の名所や、旭川の植物園などを案内してもらった。街の中に川が流れており、実に楽しく歩ける街でもある。M君の北海道新幹線は結局道内のJR路線の縮小につながり、札幌冬季五輪などは「地方殺し」という見解に同意する。福島の原発事故収拾を中途半端にして、東京オリンピック狂奔している現状と重なる。オリンピックに人とカネを動員して恥じない政治と経済への怒りは共通する。
徘徊老人も三月から急に心臓の具合が悪くなった。不整脈と診断された。ここ数年狭心症の症状もなく、玄米中心の一日二食という簡素な食生活が幸いして、まったく薬要らずの生活だった。近くの内科医院で、24時間心電図で検査したり、血圧降下剤を飲まされたりしたが、ようやく安定してきた。ひたすら歩き、食生活に気を付けている日々である。先に行った先輩友人を偲び、友よ我らもまた後を追うと日々祈っている。
  同病を相憐れみて春深し 母の日よ老いても若き母を恋 漫歩

簡素な生活③清貧」ムヒカが見た日本

簡素な生活③清貧」ムヒカが見た日本 17・5・11
 南米ウルグアイから、前大統領のホセ・ムヒカさんが初めて日本にやって来たのは昨年4月のことだった。1週間の滞在中、東京や大阪の下町を歩き、多くの学生とも触れあった。「清貧」を貫く哲人政治家の目に、日本の何が、どう映ったのか。朝日新聞の記者が、首都モンテビデオにムヒカさんに会いに行った。以下はその記事の要旨である。簡素な生活ということを考える上で、世界一貧しい大統領と呼ばれた男。ムヒカさんの幸福論に多くの共通点を感じる。
―◆ロボットは消費をしない 日本を訪ねて見えたものは、一つ心配なことを発見した。というのは、日本は技術がとても発達した国で、しかも周辺には労働賃金の安い国がたくさんある。だから日本は経済上の必要から、他国と競争するために、ロボットの仕事を増やさないといけない。技術も資本もあるから、今後はロボットを大衆化していく最初の国になっていくのだろう。ただ、それに伴って、これから日本では様々な社会問題が表面化してくるだろう。いずれ世界のどの先進国も抱えることになる、最先端の問題だ。確かに、ロボットは素晴らしいよ。でも、消費はしないんだから。
 日本人は親切で優しく勤勉だがイカれている 「世界で一番、勤勉な国民はドイツ人だと、これまで思っていたが、私の間違いだった。日本人が世界一だね。だが京都で泊まったホテルで、『日本人はイカれている!』と思わず叫んでしまった夜がある。トイレに入ったら、便器のふたが勝手に開いたり閉じたりするんだから。あんなことのために知恵を絞るなんて、まさに資本主義の競争マニアの仕業だね。電動歯ブラシも見て驚いた。なんで、あんなものが必要なんだ? 自分の手を動かして磨けば済む話だろう。無駄なことに、とらわれすぎているように思えたね。それに、あまりにも過度な便利さは、人間を弱くすると思う。
 「とても長い、独自の歴史と文化を持つ国民なのに、なぜ、あそこまで西洋化したのだろう。衣類にしても、建物にしても。広告のモデルも西洋系だったし。あらゆる面で西洋的なものを採り入れてしまったように見えた。そのなかには、いいものもあるが、よくないものもある。日本には独自の、とても洗練されていて、粗野なところのない、西洋よりよっぽど繊細な文化があるのに。その歴史が、いまの日本のどこに生きているんだろうかと、つい疑問に思うこともあった。
◆豊かな国ほど幸福について心配する 2015年に大統領を退いてから訪れた国は トルコ、ドイツ、英国、イタリア、スペイン、ブラジル、メキシコ、米国だ。行った先で私はよく大学を訪れる。年老いてはいるが、なぜか若者たちとは、うまくいく。そこで気がついたんだが、どこに行っても、多くの人が幸福について考え始めている。日本だけではない。どこの国もそうなんだよ。豊かな国であればあるほど、幸福について考え、心配し始めている。南米では、私たちはまだショーウィンドーの前に突っ立って、『ああ、いい商品だなあ』って間抜け面をしているけれど、すでにたくさんのモノを持っている国々では、たくさん働いて車を買い替えることなんかには、もはや飽きた人が出始めているようだ。
 おそらく、自分たちは幸せではない、人生が足早に過ぎ去ってしまっている、と感じているからだと思う。これだけ物に溢れているのに幸福度ランキングだと、日本は53位だそうだ。「東京は犯罪は少ないが、自殺が多い。それは日本社会があまりにも競争社会だからだろう。必死に仕事をするばかりで、ちゃんと生きるための時間が残っていないから。家族や子どもたちや友人たちとの時間を犠牲にしているから、だろう。働き過ぎなんだよ。もう少し働く時間を減らし、もう少し家族や友人と過ごす時間を増やしたらどうだろう。あまりにも仕事に追われているように見えるから。人生は一度きりで、すぐに過ぎ去ってしまうんだよ。―(2016年12月23日 朝日新聞)

岡山の老友に教わる東京名所2

岡山の老友に教わる東京名所2 17・5・1
 岡山の友人Tは4月27日、3泊4日の東京滞在を経て帰った。一日目は、まだ行ったことのなかった新井薬師にお参りした。二日目には日本橋三越前の通りを入ったところにある、福徳神社に参詣した。ここは二代将軍徳川秀忠の創建したといわれ。子宝、安産を願う神社として古来知られている。また宝くじの運がつくというので有名だという。Tはそこで、例によって御朱印をもらい、宝くじ当選の祈願をした。毎年、宝くじを西銀座の宝くじ売り場で買って送っているが、当ったという報告はない。それでも宝くじを買って行くのである。福徳神社から、日本橋を銀座に向かって数分歩き、高島屋に入った。
 彼のテレビで仕入れた情報によると、高島屋の屋上には植物を植えた庭が作られていて実にきれいだったという。ところが、当日は屋上ガーデンは整備中とかで中に入れてもらえなかった。そこでまた例の410円タクシーに乗って有楽町駅まで出て、そこからJRで御徒町駅へ、彼が東京で最も愛するアメ横での買い物である。彼の目的は、アメ横最大の店である「二木の菓子」というお店でスナック類を購入することだ。岡山でよく行くバーの女将さんにも喜ばれるというので、大量のスナックを買い込んだ。さらにこれも顔なじみのアメ横で有名なピーナツ屋で30から40袋のピーナツを買い込んだ。なにしろ1000円で、およそ10袋はある。どうみても大サービスである。昔からアメ横はよく歩いたが買い物はしなかった。彼のおかげでアメ横を歩く楽しみを知った。中には年季の入った豆類専門の店があって、しっかりとした品物を売っていることも彼のおかげで知った。
 三日目は、ホテルから電話がかかって、九段坂を上がって国会方面に向かう通りにある二松学舎大学に夏目漱石の展示が在るから行きたいという。近くでもあるし、やっているかどうかを確かめるために9時半ころ、二松学舎一号館に行った。あいにく当日は催しはやっていないが、すでに地下一階の食堂は開いていた。中を覗いてみると学生食堂は100円の朝食をやっている。学生だけが対象らしい。しかしそれ以外の食事は一般の人も出入り自由である。昼間は最上階の12階では、眺めのいいレストランで食事が出来る。東京の大学レストランのランキングで上位に入っている、いま人気の学生食堂だと聞いた。九段下に30年も住んでいて初めて知ったことだ。その後疲れを取るために、温泉に行くことになった。
 これもKが仕入れたテレビ情報による、東京巣鴨の極上癒し温泉「染井温泉」,に向かう。染井吉野発祥の地に立地する癒しの天然温泉である。三田線の神保町まで410円のタクシーに乗り神保町から巣鴨に向かう。巣鴨はぽっくり寺として知られる「とげぬき地蔵」の高岩寺に何度も出掛けている。しかし染井温泉というのは初めて知った。巣鴨の地下鉄を上がってから温泉専用のバスが5分おきに出ている。入湯料金は1200円、新しい温泉には誇大広告があって失敗することも多いがここは違った。お湯も38度台から42度位まで、好みに合わせられる。清潔で上がってからのマッサージ、休憩室、食堂と整備され高くはない。従業員も親切丁寧で気に入った。連休明けに行ってみたい気分させる温泉であった。岡山の老人に東京の名所を案内された佳き3日間だった。
ようこそ!「老人はゆく」へ
「老人はゆく」へようこそ

徘徊老人

Author:徘徊老人
80歳の徘徊老人です。
趣味、杖を引いて歩くこと、
お四国歩き遍路、ごみひろい
路上公園などの観察、
キョロキョロ歩き
読書、眠り薬になること多し

最新記事
リンク
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR