社会党閣僚で唯一叙勲を断った伊藤茂さん

社会党閣僚で唯一叙勲を断った伊藤茂さん 17・6・18
 自社さ政権やその前の細川連立政権で閣僚経験者は、ほとんどが岩垂議員と大同小異の理屈をつけて勲一等の叙勲に預かった。野坂浩賢建設大臣のごときは市民団体の「もっと議論を」の声を無視して1995年5月に長良川河口堰の運用を宣言。当時は産経新聞を除くすべてのマスコミが「世紀の愚行」と批判した。長良川河口堰建設をやめさせる市民会議の天野礼子は「野坂は党と自分への建設業界からの金と票に目がくらんで運用を宣言した」と著書のなかで述べている(「巨大な愚 行」風媒社刊)。しかも野坂氏は勲一等を貰うと自ら胸像を鳥取市内に建てるということまでやってのけた。民主党政権の閣僚では、あれだけの愚かな政権運営でマニフェストをことごとく裏切った閣僚立で、右も左も叙勲を断った閣僚はいない。
 しかし、社会党出身の閣僚経験者で唯一叙勲を断った人がいた。1973年の細川連立政権で運輸大臣を務めた伊藤茂さんである。私は数年前、三宅坂の社会党本部が解体されるということになったころ、社会党関係者のOBの集まりで直接伊藤さんに話を聞いて確かめた。伊藤さんは言った.「社会党がこんなザマになって勲章を貰うなんてできないですよ」。あの惨憺たる、細川連立政権から、自社さ政権に至る1993年から95年に至る社会党の崩壊消滅の過程ははなんだったのか。究極のところは護憲の党は、改憲の党自民党を政権に復帰させる役割を果たしただけであった。伊藤さんはそれを「恥」として認識していた、ただ一人の閣僚経験者だった。性格的には寛容で時には物足りなさを感じることもあったが、彼の一言に敬意を表したくなった。
 私は伊藤さんに、私のブログ「老人はゆく」に唯一叙勲を断った閣僚として書きたいと了承を得ていた。しかし伊藤さんは昨年の9月病没された。約束を果たす前に亡くなったのである。当時の新聞には、衆院議員を8期務め、細川連立政権の運輸相や社民党幹事長を歴任した。伊藤茂(いとう・しげる)氏が11日、病気のため死去した。88歳。山形県出身。葬儀・告別式は近親者のみで行ったとあった。私は1955年9月に当時の港区桜川町の左派社会党青年部の専従事務局長となった。しかし翌月には左右社会党統一で三宅坂の旧社会党本部に勤務することになった。伊藤さんは当時すでに党本部の政策審議会の書記などを経て、1960年代にソ連の核実験に対する評価をめぐって日本の原水禁運動が分裂した際の、党国民運動事務局長だった。東北の山形県出身で、温厚な人柄で知られた。
 同じころ総評の国民運動担当の書記だったのが岩垂数寄男氏である。相前後して神奈川県で代議士となったが、それぞれ細川、村山政権で閣僚を務めた。伊藤さんは陸軍士官学校卒業後に終戦を迎えた。東大経済学部を卒業後、旧社会党本部書記局に入り、1976年に旧神奈川1区から衆院議員に初当選。政審会長、副委員長を経て、93年に政権交代した細川連立内閣の運輸相を務めた。総評出身の最左派岩垂数寄男氏は勲一等叙勲を「もらいたくなかったが支持者がもらえというもんで」と弁解しつつもらった。人間の出所進退はむつかしいが叙勲一つでその価値がわかる。
 2013年に伊藤茂さんから届いたメールに亡妻を偲ぶ句が書かれていた。「お彼岸の中日。昨日は亡き妻の墓参り。今日は静かな日を過ごしています。いくつかの駄句。お笑いください」とあった。合掌
 遺影ゆらと物言いたげな春の朝
 彼岸入り妻のお墓でひとりごと
 妻恋いの在宅写経梅一輪
 十ほどは若いといわれ春を待つ
 咲いて散るあと幾たびの春を見む


スポンサーサイト

勲章を断った人々② 西宮弘

勲章を断った人々②西宮弘 10月17日
 西宮弘さんは60年安保の時代に、当時の宮城県副知事から社会党の知事候補になって落選、その後社会党代議士として活躍されていた。わたしは特に親しいというほどではなかったが、ときおり党の会合などでは、いつもにこやかな風貌で温厚な紳士というイメージだった。後でクリスチャンと聞いてなるほどと納得した。その後、わたしは1970年に社会党本部を辞めて公害問題研究会をつくり、本格的に全国の住民運動の世界に没頭していた。
 西宮さんは五期つとめた議員をやめ、79年からは社会党も離党して、地元仙台で、平和人権の市民活動を続けていらっしゃると聞いた。たまたま雑誌『世界』1986年3月号によって、その活動ぶりを知った。「声を励まして語りつづける~核兵器廃絶のために エディターズインタビュ―」という世界編集長安江良介氏との対談記事だった。当時すでに80歳だった西宮さんの言葉に恐れ入った。「仙台市の中央アーケード街の入口で、夏も冬も毎日一時間半辻説法で、反核平和を訴えています。いま80歳ですが、お年なのに大変ですね、と同情する方もけっこういるが、私は昔からほんとの年寄りは80歳からとい言ってきた。これからが人生の働き時です」。
 80年代の半ばに、まだ50代そこそこの若造だった私は、仙台市内で偶然、西宮さんに会う機会があった。全く元気そのもので意気高らかだった。80代半ばにしてすごい人だなと感嘆した。その後2003年に97歳で亡くなられたと聞いた。80歳から酷寒の冬も、炎暑の夏も、街頭に立ち続けて反核平和を説きつづけた大先輩をことを知りたくなった。東京にお住いの娘さんと連絡が取れて、西宮さんの生前の話を聞いた。そのときいただいたのが『声に学ぶー平和運動にふれあいを求めて―』西宮弘著 谷沢書店刊)という本だった。この本には前述の『世界』の対談も収録され、それに対する全国の方々からの賛意や意見が寄せられている。
 そして気づいたことは、社会党内では穏健な右派と思われていた西宮さんが強烈な天皇制と勲章の批判者であったことだ。安江氏との対談で次のよう叙勲反対の意見を述べていらっしゃる。「社会党は従来から貰わないことに決まっていた。現在は全くケジメがない。私は権力主義、事大主義は大嫌いだから、お断りしました。役人が人間の値打ちを十九階級に格づけして、褒めてつかわすなんていうのは失礼千万ですよ。第一、議員が一定の年限に達すると機械的にくれる。政治家に優先的にいうのはけしからん。貰う社会党議員もおかしいですね」。また別のところで「私は社会党を去りましたが、初心に帰っての健全な発展を願っています。勲章の例だけを見ても、ある先輩のお葬式に参列したら、式の途中で『只今勅使がご到着になりました』などとアナウンスされた時は、急に嘔吐を催しそうになりました」と書いていらっしゃる。
 わたしは、様々な人の叙勲についての賛否を聞いたり読んだりしたが、西宮さんほど明確かつ公然と叙勲反対の意見を述べた人を知らない。社会党国会議員の左派系の人物はことごとく君が代、日の丸復活に反対していた。1963年、戦前の叙勲制度を復活した池田政権の時代に、社会党は叙勲反対を打ち出した。それがいつのまにか空文化して、70年代以降、かつての左派の闘将が続々勲一等を受賞し、なおかつお祝いのパーティまで開くに至った。社会党は「健全な発展」どころか、村山自社さ連立政権で、党是の自衛隊違憲、安保反対を放棄して、ついに消滅した。「一将功成って万骨枯る」とはこのことだ。八十代から仙台市内の街頭に、一人マイクを握り続けた戦闘的クリスチャンに敬慕の念を捧げる。
 
     (写真 西宮弘さん 仙台市アーケード街)

       a

勲章を断った人々① 熊谷守一

「独楽」の名人熊谷守一画伯と勲章 9月15日
 徘徊のような俗物は、まったく違った人物、すなわちただ一筋に道を究めた人物に傾倒するところがある。なかでも文化勲章とか勲一等などをにべもなく断って超然としているような人物には大いに敬意を表する。文化功労章など年額数百万円の年金がつく。その肩書きで書道家でも陶工でも作品の値段がぐんと上がる。それをほしがって、裏金を使って役所や国会議員に工作する実態を見て来たから、余計そう感じるのかも知れない。文化勲章を断って生涯をすごした熊谷守一画伯など稀にみる気骨ある人物に思える
 2000年代のはじめころ、旅の途次、上諏訪駅で降りて諏訪湖畔の遊歩道を歩いたことがある。小さな美術館があり熊谷守一の書画展をやっていたのでのぞいて見た。そこで気に入って買ったのが「ひとりたのしむ」という画文集である。わたしは都会の美術館は人混みを見に行くみたいで好まない。でも地方にはゆったりと一日くつろげるような場所がある。ここでも画をゆっくりと見て、小さな喫茶店で諏訪湖の眺めと珈琲の香りを楽しんだ。至福のときである。
 画文集のなかに「獨楽」という文字がある。そして「人にわからないことを独りでみつけて遊ぶのがわたしの楽しみです」と書いてあった。文化勲章を断ったことでも有名だが、勲章を受けるかどうか問い合わせが来たとき「わたしは別にお国のためにしたことはないから」と断る。そして「残り少ない命をせめて自分のやりたいように生かしてくれ。これ以上忙しくしないでくれ」といった。85才のときである。50坪の庭がある家に1932年(昭和7年)ら住みつづけ1977年(昭和52年)97才の生涯を閉じた。96歳のとき「赤蟻」と題する文字について「庭の地面に頬杖をつきながら、蟻の歩き方を幾年も見ていてわかったんですが蟻は左の2番目の足から歩き出すんです」と画文集に書いている。徘徊など及びもつかぬ境地だが、まぎれもなく「昭和の大老人」である。
 今年、池袋にある豊島区立熊谷守一美術館を初めて訪れた。熊谷画伯の旧居跡に作られたもので、小さいが雰囲気のあるいい美術館だ。絵のことあまりわからぬが、なんとも素朴、素直な感じがあって再び三度ゆっくり訪れたい場所だ。文化勲章や勲一等を断った気骨ある人士は文化界のみならず政界官界財界にもけっこういることを知った。反面、君が代日の丸に反対しながら、勲一等を貰って喜んでいる旧社会党などの左派議員も多くいる。反面、社会党でも勲一等を断った右派政治家も数少ないが過去にいた。そういう話を今後書いてみたい。
 それにしても、人にわからぬことを見つけて一人で遊ぶ「独楽」という言葉はいい。良寛の「世の中にまじらぬとにはあらねどもひとり遊びぞ我はまされる」に通じるものがある。
 五輪来て台風がきてプール漏れ 漫歩
      
      (写真 熊谷守一の「独楽」)

       a


       

ようこそ!「老人はゆく」へ
「老人はゆく」へようこそ

徘徊老人

Author:徘徊老人
80歳の徘徊老人です。
趣味、杖を引いて歩くこと、
お四国歩き遍路、ごみひろい
路上公園などの観察、
キョロキョロ歩き
読書、眠り薬になること多し

最新記事
リンク
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR