歩きスマホする人はゾンビだ

歩きスマホはスマートホン・ゾンビ 17・9・11
 今朝のパソコン上に「歩きスマホはスマートホン・ゾンビ」という記事をみつけた。以下にその要旨を紹介する。徘徊もスマートホンによる若者中年の横行にいささか頭にきている。一つはスマートホン・ゾンビは自分以外は全く関心がない、電車の中でも開いている席があればそれが高齢者や障害者の優先席でもまったく意に介しない。即座に座るや否やスマートホンに熱中する。昔は優先席に孫を座らせている祖父母に、バカではないかと思って注意した。しかしスマートホン・ゾンビたちは数が多すぎて注意することもできない。ただただ嘆息しているだけだ。以下、 水島朝穂早大教授」雑談(115)「スマートなアホ化」と政治より2017年9月4日
の要旨である。
ー3年前の夏、俳優の故・菅原文太さんのラジオ番組「日本人の底力」(ニッポン放送)に呼ばれて、1時間ほど語り合ったことがある。2週連続の放送となった。菅原さんは、安倍首相による強引な内閣法制局長官人事にたいそうお怒りで、話はそこから始まった。しかし、後半では、「政治家の質が下がっているのはなぜなんでしょうか」という質問から、スマホやツイッターなどを駆使して、政治家の言葉がすごく軽くなっていることなどに話が及んだ。「そういうものがひとつの文化、遊びとしての文化で終わればいいんだけど、そうじゃなくて、政治とか国の大事な仕組みに関わることにまで侵犯して、人間の意識までも変えてるんじゃないかって、こんな指一本で世の中を動かせるとしたら・・・スマホなんてまったく使わない俺みたいな人間でも、その影響を受けざるを得ない。その結果、即断即決、すぐに答えを出すことを求められるようになり、一人ひとりの人間が“熟慮”することができなくなっているんじゃないか。」(菅原文太『日本人の底力』〔宝島社、2015年〕144-155頁)。
 文太さんの危惧は現実のものとなっている。先日、私自身、時事通信のインタビューに応じたところ、8月13日14時23分に「安倍首相に改憲資格なし=水島朝穂早大教授-インタビュー・憲法改正を問う」としてアップされるや、ひどい言葉がネット上にあふれた。「この馬鹿! SEALDsと一緒に国会前で踊ったあのボンクラ教授だろ? すっこんでろ!💢💢 【悲報】水島朝穂早大教授「安倍晋三という人物に改憲する資格無し!」 人間として最低な人物! 国民は早く気がついて欲しい!」。そのSNS上のネトウヨと一体化し、発信源となっているのが『産経新聞』である。一例が、8月13日0時40分のデジタル版の記事。朝日新聞論説委員のコラムに対するSNS上の下品な言葉をそのまま記事と見出しに使って、自ら「炎上」をけしかけている。タイトルは、「論説委員コラム「北朝鮮化する日本?」がネットで炎上 「寒気がする。悪意しか感じない」「朝日は終わり。頭おかしい」」。このような記事は報道機関が出すべきものではない。これではネトウヨの書き込みをまとめて拡散する「まとめサイト」と変わらない。
 ところで、「歩きスマホ」をやっている人間のことを、英語で「スマートフォン・ゾンビ」というらしい。「人間の姿をしているのに人間らしい思考も感情もない。うつろな目をして集団で動き回る」。こうしたゾンビたちを横断歩道から締め出す条例がハワイのホノルル市で制定された。10月下旬施行で、スマホを使いながら横断すると15ドルの罰金が科せられるという(『朝日新聞』8月7日付「天声人語」)。「スマホ歩き」をしていると首が前に垂れ、前屈姿勢になる。やや古いが、ここで2013年の新聞記事の切り抜きを紹介しよう。韓国では、スマホのやり過ぎを一因として、若者に首の異常が急増しているという。韓国保健福祉省所管の国民健康保険公団によれば、同国で20代を中心に頸椎椎間板ヘルニアが急増しており、うつむいた姿勢でのスマホの使い過ぎが一因とみられている。下の写真は、スウェーデン・ストックホルム市内のスマホ歩き警告の道路標識である(Süddeutsche Zeitung vom 4.5.2017)。スマホ歩きは、世界各国で規制の対象になってきている。スマホ歩きの危険性だけでなく、スマホの思考への影響も深刻ではないか。ー
  優先席 スマホが占拠 秋暑し 漫歩
      (写真 ストックホルムの道路標識)


       a


       

スポンサーサイト

無意味なミサイル防衛訓練を笑う

無意味なミサイル防衛訓練を笑う 17・9・22
 白井聡(京都精華大学人文学部教授)が神奈川新聞8月26日に「頭を抱えればミサイルから身を守れるのか?」という論稿を載せた。全く同感である。以下にその要旨を紹介したい。
◆無意味な訓練の意味  
 北朝鮮から日本に本当にミサイルが飛んでくるのか、現在のところ可能性は低いと見るが、究極的には分からない。だが仮に本当に飛んでくるとしても、こうした訓練は意味がない。小学校の体育館に逃げ込んで身を守れるのか。体育館に集まった方が安全だと判断する根拠はどこにあるのか。頭を抱えたところで、落ちてくるのはミサイルであり、対処法は基本的にない。政府は、グアム方面に発射されたミサイルを日本上空で迎撃すると言い、島根、広島、高知の3県に地上配備型迎撃ミサイル「PAC3」を配備した。だがこれも無意味だ。日本上空を通過するときにはミサイルは高高度を飛んでいるためPAC3で撃ち落とせない。北朝鮮が米本土に向けて撃つミサイルを日本が撃ち落とすなどと言っているが、これもばかげた話。この場合、ミサイルは日本上空を通過しない。 これらに共通しているのは危機認識の前提や、その対処方法に「全く合理性ない」という点だ。太平洋戦争末期に政府が「竹槍(たけやり)で爆撃機B29を落とす」と言っていたのと変わらず、見ているこっちが恥ずかしくなる。戦時中、竹槍でB29を落とす訓練に「そんなのは無意味だ」などと言おうものなら、「お前は何を言っているんだ。非国民だ!」と爪はじきにされた。いま行われている弾道ミサイル避難訓練はこの構造とよく似ている。
◆朝鮮戦争にこそ原因  
大いに懸念されるのは、こうした訓練を繰り返すことで、人々の心が「とにかく頭を抱えるべきなんだ」となり、同時に「なぜ、こんなことになっているのか」という問いが消えてしまうことだ。なぜ日本がミサイル攻撃を受ける可能性があるのか。なぜ私たちはそこまで憎まれているのか。なぜそれほどの犠牲を強いられるのか。こうした根本的理由を問うことをやめ、せいぜい「あの国は理解できない」などという説明で納得した気になってしまう。だが当然ながら問題はそんなに単純ではない。もつれた歴史の糸をほぐしながら考えなければいけない。 これは朝鮮戦争が終わっていないことに起因している。国際法的には今も戦時であって、一時的に休戦しているに過ぎない。この状態が60年余り続いているのは異常だ。米国はこの戦争の当事者であり、だから北朝鮮は、米国に対抗するために核開発とミサイル開発をやめない。60年以上続くこの異常な状態を解消しなければいけないと考えるべきだが、日本人の多くにそうした発想はない。
◆本質から目そらすな
 「東アジアの安全保障環境が厳しさを増している」という理由づけで、安倍政権は2014年7月に集団的自衛権の行使容認を閣議決定し、翌年安全保障関連法制を成立させた。このとき、集団的自衛権行使の前提として「存立危機事態」にあることが条件とされた。「日本と密接な関係にある他国に対する武力攻撃が発生し、これにより日本の存立が脅かされ、国民の生命、自由および幸福追求の権利が根底から覆される明白な危険がある」事態だ。では、その「存立危機事態」はなぜ生じているのか。原因は明らかに米朝関係と日米安保体制に求められる。この現実から目をそらしてはいけない。こうして全体を俯瞰(ふかん)して分かるのは、解決しなければいけない問題は別の次元にある。頭を抱える練習をしたところで、何も守れはしない。


保守論壇長老西尾幹二の安倍政権批判

保守論壇長老西尾幹二の安倍政権批判 17・9・2
 安倍政権に対するきびしい批判がようやく右翼保守論断でも行われるようになった。最近注目したのは、「民族俗の生存懸けた政治議論を 評論家 西尾幹二氏の発言である。 産経2017・8・18正論」の記事である。西尾幹二氏は、すでに2011年5月、福島原発事故について、保守論壇の原発容認を強く批判し「この国家的危機において原発廃棄の方向に進むべき」と主張してきた人でもある。
以下「民族俗の生存懸けた政治議論を 評論家 西尾幹二 産経2017・8・18正論」の要旨を紹介する。
◆仲良しクラブでは窒息死する
 今でも保守系の集会などでは当然ながら、安倍晋三政権を評価する人が少なくなく、私が疑問や批判を口にするとキッとなってにらまれる。「お前は左翼なのか」という顔をされる。今でも自民党は社会体制を支える最大級の保守勢力で、自民党の右側になぜか自民党を批判する政治勢力が結集しない。欧州各国では保守の右側に必ず保守批判の力が働き、米国でもトランプ一派は共和党の主流派ではなかった。先進国では日本だけが例外である。日本政治では今でも左と右の対立がすべてであるかのように思われている。自民党も民進党もその硬直によって自らを衰退させていることに気づいていない。
 それでも国内の混乱が激化しないのは、日本は「和」の国だからだという説明がある。まだ経済に余裕があるからだとも。米国のある学者は、世界では一般に多党制が多く、二大政党制を敷く国は英国をモデルにしたアングロサクソン系の国々で、ほかに一党優位制を敷く国として、日本やインドを例に挙げている。しかし選挙のたびに浮動票が帰趨を決めている今の日本では、一党優位性が国民に強く支持されているとは必ずしも思えない。受け皿があればいっぺんに票が流れるのは、欧米のように保守の右からの保守批判がないからだ。左右のイデオロギー対立ではない議論、保守の立場から保守政権を正々堂々と批判する、民族の生存を懸けた議論が行われていないからである。保守政党が単なる仲良しクラブのままでは国民は窒息死する。
◆保身や臆病風に吹かれた首相
 私は安倍首相の5月3日の憲法改正案における第9条第2項の維持と第3項の追加とは、矛盾していると、6月1日付の本欄で述べた。そのまま改正されれば、両者の不整合は末永く不毛な国内論争を引き起こすだろう、と。今は極東の軍事情勢が逼迫し、改正が追い風を受けている好機である。なぜ戦力不保持の第2項に即刻手をつけないのか。これに対し、首相提案を支持する人々は、万が一改憲案が国民投票で否決されたら永久に改憲の機会が失われることを恐れ、国民各層に受け入れられやすい案を作る必要があり、首相提言はその点、見事であると褒めそやす。
 さて、ここは考え所である。右記のような賛成論は国民心理の読み方が浅い。憲法改正をやるやると言っては出したり引っ込めたりしてきた首相に国民はすでに手抜きと保身、臆病風、闘争心の欠如を見ている。外国人も見ている。それなのに憲法改正は結局、やれそうもないという最近の党内の新たな空気の変化と首相の及び腰は、国民に対する裏切りともいうべきだ。
◆保守の立場から堂々と批判を
 憲法改正をやるやるとかねて言いそののあげく、旗を掲げていた安倍氏がこの突然の逃げ腰―5月3日の新提言そのものが臭いものに蓋をした逃げ腰の表れなのだが、-そのあげく、万が一手を引いたら、、もうこのあとでどの内閣も手を出せないだろう。やると言って何もやらなかった位致問題と同じである。いつも支持率ばかり気にし最適の選択肢を逃げる首相の甘さは、憲法問題に至って国民に顔向けできるか否かの正念場を迎えている。
 そもそも自民党は戦争直後に旧敵国宣撫工作の一環として生まれた米占領軍公認の政党で首相のためらいにも米国の影がちらつく。憲法9条は日米安保条と一体化して有効であり、米国にとっても死守すべき一線だった。右からの攻撃を受けても、右からの生存闘争をしないで済むように米国が守ってくれた。
 しかし、今こそ日本の自由と独立のために自民党は嵐とならなければいけない。保守の立場から保守政権を堂々と批判する見識が今ほど必要なときはない。

続きを読む

横浜市民カジノ反対が61.5%、

横浜市民カジノ反対が61.5%、賛成が16.3% 17・8・14
 民進党の江田憲司氏が「今週の直言」でカジノ誘致は加計学園と同じ構図!・・・横浜市長選でわかったカジノ反対の民意 という書いている。(2017年8月 9日)横浜市長選挙の出口調査でカジノ反対が6割を超えたと要旨以下のように述べている。
 ー私が横浜市長選にめずらしくこだわった理由。それは横浜へのカジノ誘致に断固反対するためだった。 地元神奈川新聞(市長選出口調査/2227人回答)によると、カジノ反対が61.5%、賛成が16.3%。男女別に見ると、男性では反対が56.9%、賛成が24.2%。女性では反対が66.1%、賛成が8.1%。年代別では賛成(24.6%)が一番多い30代でも反対が52.4%。60代では賛成(10.4%)が一番少なく、反対が71.6%だった。
 ちなみに、そんなカジノ実施法を、安倍政権は今秋の臨時国会で成立させようとしているのだが、その自民党支持層に限っても、賛成が29.8%、反対が44.4%となった。こうした中、政府の「IR整備推進本部」は、8月1日、カジノを含むIR(統合型リゾート)の運営ルールに関する報告書を安倍首相に提出した。これが「曲者」で、その内容が極めて意図的であることを国民やメディアは早く気付いてほしい。安倍官邸は性懲りもなく、あの加計学園と同じ構図で事を進めようとしているのだ。
 その誘致のルール・基準に、国際会議場、展示場、ホテルなど計5施設を備えることを条件としたのだ。特に「国際会議場の併設」を義務づけ、かつ、カジノ設置数も当初は2~3という上限を定めることで、獣医学部新設で加計学園しか通れない「穴」をあけたように、カジノについては横浜と大阪しか通れない「穴」をあけようとしているのだ。その証拠に、この5月、こうした政府の動きをいち早く察知した和歌山県知事が抗議の会見を開いた。そう、カジノ誘致に熱心な地方で、ペイする(稼働日数を確保できる)国際会議場を設けるのは至難の技で、これでは地方にカジノは誘致できないとルールの見直しを求めたのだ。
 和歌山県は市南部の人工島「和歌山マリーナシティ」へのIR誘致を進めてきたが、知事は「地方創生の観点が抜け落ちている」「地方都市でその要件を満たすことは極めて困難」と指摘。こうした施設を国際会議の需要が少ない和歌山で維持していくことは現実的に難しいことが最大の理由である。
◆安倍政権の盟友維新の会との結託によるカジノ誘致作戦
 それでは、なぜ、横浜と大阪なのか。それは昨年末、カジノ解禁法案を強行成立させた背景を探ればわかる。強権的な国会運営は安倍政権の常とう手段とは言え、この法案の場合はさらに異常な手続きが踏まれたのだ。そう、当時、与党の公明党まで置き去りにして、安倍官邸と今や盟友関係となった大阪維新の会とが手を組んで強行したのだ。本法案について、公明党に公党としての意思決定の暇(いとま)も与えないままに。こんなことは従来の国会運営の常識では考えられないことだろう。結果、山口代表も井上幹事長もカジノ解禁法案に反対票を投じた。
 さて、いよいよ現実味を帯びていたカジノ誘致。3選された林横浜市長はどう対処するのだろうか?菅官房長官のおひざ元で、カジノを誘致しないという決断はできるのか?横浜の商工会議所もこぞって誘致推進だ。そこには大きなお金が落ち、利権も絡んでくるからだ。 林横浜市長は選挙戦を通じて「カジノ誘致の是非は、議会や市民の意見を尊重して決める」と言ってきた。にもかかわらず、この市長選で出た明確な「カジノ反対」という民意を踏みにじってカジノを強行するならば、私は、リコール運動を含め、あらゆる手段を講じて阻止していく決意である。ー


夏の東京五輪不安が圧倒的 Yahoo調査

夏の東京五輪不安が圧倒的 Yahoo調査 17・8・5
 徘徊老人は、もともと東京オリンピック反対論者だ。大国のメダル獲得の場と化した、オリンピックなどとっくに、本来の意義と意味を失った。こんなものに物とカネをつぎ込むのは利権屋とその手下どもだと思って居る。最近ネット上などで知ったことだが、同じように東京五輪への反対と不信は意外に深く広い。「Yahoo!ニュースの意識調査調べでこのことが証明されている。Yahooによると、2020年東京五輪の開幕まであと3年。東京五輪への期待と不安、どちらが大きいですか?と問うた。以下がその結果である。
◆実施期間:2017年7月26日~2017年8月5日
投票合計:126,866票
① 期待が大きい 27.5% 34,901票
② 不安が大きい 65.3% 82,890票
③ わからない/どちらとも言えない 7.2% 9,075票
意外に日本人のオリンピック意識はレベルが高い。オリンピック歓迎はわずかに27・5%、不安と反対が65・3%だ。これに対するコメントを読むと頷ける。
Yukiyasu Hashimoto ・ 栃木県 小山市
 猛暑の7月にやることにアンポンタンの森、小池、丸川の3バカバッカは一人として疑問に思わないのかな?選手や観客の熱中症を考えていないのかな?森、小池、丸川の3バカバッカは猛暑の7月にやるのを止めて、前回通り10月10日に開会式をやるように利権がらみのIOCに働きかけろ!利権がらみの汚染されたIOCが応じないならオリンピックを返上すればいいだけの話である。森、小池、丸川の3バカバッカは利権がらみの汚染されたIOCの言いなりになる必要なない。金は日本が出すのだ!バカ野郎!(激怒)
Ritsuko Ayame Sullivan
 ここ20年ほど北米在住ですが、地球温暖化に伴い上昇している日本の夏に体が対応できません。今年も7月の中旬に日本に戻りその暑さにはまいりました。オリンピックは日本の夏の暑さに慣れていない国から参加する人が多いように思います。開催時期をこんな真夏に決めたお偉いさんは、朝から晩まで冷房の効いた室内・車内にいるだけで、例え15分でも炎天下の下で過ごしたことがないんだと思います。一般人はこんな時期の開催は無謀だとわかります。本当にこの時期に開催したら、選手・観客とも熱中症患者続出で、後世にも残る最悪のオリンピックとなってしまうのは確実です。期待よりも不安が100倍です。
Ryoji Yamazaya
 東京で2回もオリンピックやる必要ない。昔は「参加することに意義がある」といった。今は「一番いい色のメダル以外はいらない」と。ただのスポーツ大会でいいのだ。オリンピックはもはや利権屋の食い物と化している。何の意義も理想もない。消滅させるべきだ。
Yutaka Aoki ·北海道大学
 バブルが発生し一部の連中が大いにもうかる。閉会後はそのバブルがはじけ大きな景気後退が生じるが、それは全員で甘受する(苦笑)できたら止めてもらいたいww
 以上のようなコメントに見られるように、意外に東京五輪反対ないし批判は多数派なのだと知った。今年一月には東京で東京五輪反対の集会とデモが開かれ、いまなお東京オリンピック反対の運動を続けている。徘徊老人も驥尾に付して、今後はオリンピック反対のデモや集会に参加しよう。

            
ようこそ!「老人はゆく」へ
「老人はゆく」へようこそ

徘徊老人

Author:徘徊老人
80歳の徘徊老人です。
趣味、杖を引いて歩くこと、
お四国歩き遍路、ごみひろい
路上公園などの観察、
キョロキョロ歩き
読書、眠り薬になること多し

最新記事
リンク
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR