安倍首相の不信任 都議選後の世論調査 

安倍首相の不信任 都議選後の世論調査 17・7・20
 都議選後も安倍内閣と自民党批判が続いている。選挙後、読売、時事・朝日、共同等の世論調査が発表されたが、時事通信、朝日、共同などでは、安倍政権の支持率が30%を割った。都議選はいわば安倍内閣不信任が突きつけられた選挙だともいえる。
◆女性の安倍不信任と自民党離れ 無党派層48%へ 読売新聞
安倍政権の「広報紙」となった読売新聞の都議選後の全国世論調査は衝撃的である。7月7日~9日、全国世論調査の結果、①安倍政権支持率は前回調査(6月17~18日)の49%から13ポイント下落し36%。212年の12月の第二次安倍政権発足以降で最低となった。不支持率は52%(前回41%)で最高となった。②性別や年代を問わず、「安倍離れ」が広がっている。男女別にみると、女性で厳しい見方が顕著に現れた。女性の内閣支持率は、前回(6月調査)からマイナス18ポイント減の28%に下落した。専業主婦に限っても、マイナス18ポイント減の27%とほぼ同様である。③今回調査では、無党派層の割合は前回より7ポイント増えて47%となり、第二次安倍政権発足以降では14年8月の49%に近い高水準となった。一方で、無党派層の内閣支持率は16%で、第二次安倍内閣以降で最も低くなった。④自民党が歴史的惨敗を喫した東京都議選の結果について、「よかった」とした回答は全体で65%に上がり、安倍内閣支持層と自民支持層でも、それぞれ54%と半数を超えた。しかも「安倍内閣を支持しない」最大の理由は「安倍首相が信頼できない」が断トツの49%に上っている。自民党支持率も前回の41%から30%へと下落した。今次都議会選挙の敗者は安倍・菅一強体制であることは明らかだ。しかもその後の各種世論調査結果は、時事通信が支持率29%台、続々と安倍政権不信任の結果が出ている。
◆第二の敗者は安倍・菅ベッタリ日本維新
第二の敗者は見過ごされているが日本維新である。橋下、松井代表が官邸に出入りして、重要法案の強行採決に同意し自公+維新の与党を自認している。その典型が稲田防衛相の「自衛隊としてもお願いしたい」という大失言への対応だ。自民党内部でさえ「赦し難い」という批判の声が上がっているにもかかわらず、維新の松井代表は「辞任には値しない」と稲田氏を擁護し続けた。あまりにも世論と遊離していたことに気づいたか橋下元代表がツイッターで投票日直前、稲田防衛相の辞任を求めた。あわてて維新・松井一郎代表も「稲田朋美防衛相は早く辞めるべき」と辞任不要論を軌道修正した。(産経新聞17・ 6・30) 維新は4年前の都議選で初めて都議会に2議席を得たが今回は1議席。
 第三の敗者は都議選連敗、国政選挙三連敗の民進党だ。かつて〇九年都議選で都議会第一党を誇った民主党は230万票と54議席で都議会第一党となった。その後013年は前年の総選挙での民主党政権転落を受けて69万票の惨敗。今回の都議選では38万票と半減、議席数もわずか5議席に転落した。以下の都議選における「主要政党の党派別得票数一覧」を参照。敗者として挙げた自民の得票減は37万票、維新の得票減は32万票、民進の得票減は31万票だ。三党ともに30万票台の減少だが、壊滅に等しいのは維新と民進の両党だ。
2009・2013・2017年得票数比較  ()は獲得議席数
都民ファースト  2017年      188万票(55)
自民党 146万票(38)→163万票(59) → 126万票(23) 37万減
共産党 71万票(8)→61万票(17) → 77万票(19) 16万増
公明党 74万票(23)→63万票(23) → 73万票(23) 10万増
民進党 230万票(54)→69万票(15) → 38万票(5) 31万減
生活者ネット 11万票(2)→9万票(3)→7万票(1) 2万減
維新 (2013年・2017年) 37万票(2) →5万票(1)32万票減
スポンサーサイト

後藤田 正純議員 素直に敗けを認めよ 17・7・4

後藤田 正純議員 素直に敗けを認めよ 17・7・4
友人のHIRANO氏からのブログ掲載記事から、東京都議選について自民党の後藤田 正純議員(徳島一区選出)の素直に敗けを認めよという発言が載っています。以下に紹介します。
―勝ちに不思議な勝ちあり、負けに不思議な負けなし。 江戸時代の松浦静山の言葉。 民心から離れた自由民主党に対して、都民は見事に反応しました。将棋や囲碁でもあるように、負けました!と認めるべき。自民党議員の後藤田正純の自民批判 
私も都議選の応援には、何日も何ヶ所も行きました。その際、私は必ず最初に安倍政権、自由民主党についての、現在の問題点と反省を包み隠さず述べて、その後には、外交や安全保障、経済や金融などの、安倍政権の成果に理解を求める演説をしてきました。
私自身が、自由民主党執行部はおかしくなってると感じたのは、私の安倍政権の反省についての街頭演説が、安倍批判をしたと、党幹部に伝わり私にクレームがきたこと。 石破さんは私に対して、私の挨拶は当然だと擁護して頂いたが、このような密告、引き締め、礼賛、おかしな管理をしている、今の自民党執行部をみると、結果は仕方ないと思わざるをえません。順風で己を見失い 逆風で己を知る  この言葉をかみしめて、安倍政権が、順風すなわち、せっかく積み上げた多数議席や外交や安全保障、経済成長、地方創生などの政策や成果に酔いしれ、己を見失ったことを反省し、都議選の結果を真摯に受け止め、今一度、己を知ることが大事であります。―
きっこのブログには以下のような指摘があります。
―今回の都議選の結果を見れば分かるように、国政でも受け皿になれる政党さえあれば安倍政権など簡単に倒せるのだ。安倍一強を許しているのは野党側の問題であり、いつまでも野田佳彦などを幹事長の座に居座らせ、共産党との共闘にも後ろ向きな民進党の国民に背を向けた党運営」が最大の原因だ。民進党の議員は、今の執行部除いて全員離党して新党を作ればいいんじゃない?
◆都議選の敗者と勝者 共産党の健闘と女性進出
たしかに敗け比べから言えば、今回の都議選最大の敗者は自民党、現有57議席から23議席へ、戦後最大の敗北です。次いで民進党、かつて09年の民主党政権誕生直前の都議選で45議席で第一党となったが、民主党政権の失敗の余波も受けて013年都議選では25議席に後退。今回は都民ファーストに脱走する議員もいて、最終的には7議席に後退した。それに引き換え共産党は、小池新党、自民党を共に批判する立場だった。埋没の危険もあったが、17議席から19議席へと伸ばした。しかも共産党の当選者のうち女性は13人と圧倒的に女性候補が乱戦の主役となった。前回3議席だった維新は、今回1議席のみ。自民党安倍体制の補完政党として、安倍・菅体制ににゴマを摺っていることが見え見えになった。これで維新は東京ではほぼ消滅した。都内の有権者は、維新の安倍政権よりの与党化を見逃さなかった。都議選の敗者は①安倍・菅自民党②民進党③維新ということができよう。都議選の勝者は①小池都民ファーストだが、寄せ集めの集団が何時まで持つか。②公明党③共産党が勝者と言えるが、その内容は異なる。

都議選 二見元公明党副委員長が共産党応援 

都議選 二見元公明党副委員長が共産党応援 17・6・30 
 都議選投票まであと一日、今回は都民ファーストと自民党の対決の様相だが、最も都政の真実を指摘してきた共産党候補は、は、そのはざまで苦戦しているとも報じられている。その共産党の応援に、元公明党副委員長の二見氏が立った。以下は田中龍作ジャーナルからの転載である。「都議選公明党副委員長が初めて共産党の街宣車に」 2017年6月28日 田中龍作ジャーナルジャーナルは以下のように報じた。
ー6月28日、かつての仏敵と政敵が共闘する。元公明党副委員長の二見伸明氏がきょう初めて、共産党の街宣車に乗った。 東京都議選で文京区(定数2)から立っている候補を応援するためだ。街宣車には仏敵のリーダー志位和夫委員長も乗った。二見氏は古巣の公明党が、自民党の補完勢力と化していることに、かねてから警鐘を鳴らしてきた。野党共闘のイベントで熱弁を振るう姿が目に焼き付いている人は少なくないはずだ。公明党は国会を重ねるごとに自民党と一体化していく。二見氏は居ても立ってもいられなくて、野党共闘候補の応援に駆け付けたのである。
 二見氏は街宣車に上る前、田中に話した。「良識ある公明党員は目を覚ませ」「共謀罪審議の中間報告は(山口)委員長が体を張ってでも止めるべきだった」と。元公明党副委員長はマイクを握り、歩道を埋めた共産党支持者に語りかけた。「公明党は自公連立だから(公明党が立候補していない文京区では)自民党に(票が)行くと思うでしょ? ところがそうとは限りませんよ」 「皆さんのご近所に公明党員がおられると思いますが、伝えて下さい。自民党に(票を)入れるということは自分たちの生活をダメにすることですよ、と」
 続いて二見氏は朝日新聞(22日付け)に掲載された「読者のオピニオン」を読み上げた。意見を寄せたのは元創価学会副会長の碓井昭雄氏だという。 「安倍首相の政治姿勢にどこか下卑た、厚顔無恥の気味があると感じてきた…(中略)公明党は本来、大衆のため、正義のため、平和のために行動する党だったはずだ」 「与党の利益のために理想を放棄し、初心を失うようではならない。安倍首相と一蓮托生で行くのか、大衆の側に戻るのか。公明党よ、どこへ行く?」 二見氏は明日も共産党の街宣車に乗り、野党共闘候補を応援する。中野駅前で午後3時からだ。聴衆を沸かせた元公明党副委員長は、納得の表情で共産党の街宣車から降りてきた。ー

慰安婦問題の視点 木原実さんの自歌自注

慰安婦問題の視点 木原実さんの自歌自注 17・6・25
 戦後72年、またもや韓国との慰安婦問題が再燃している。日本政府は10億円の基金を支払うことで最終的に合意したと強調する。だが慰安婦問題については相変わらず「日本軍や政府が関与した資料はない」と強弁する。ここに問題の根本がある。それが嘘だと分かっているからだ。敗戦時の新聞には参謀本部や軍令部では重要書類の焼却が連日行われた。毎日書類を焼く煙が立ち込めたと当時の新聞は書いている。当然だろう。慰安婦の強制連行等の資料を残せば国際戦犯法廷で戦争犯罪として追究されるからだ。焼いてしまって「ないことにした」が被害者は「あった」と証言するのは当然だ。かつて社会党本部でともに仕事をした木原実さんは千葉県から代議士となり、脳卒中で倒れてなお92歳まで歌を作り続けた。木原さんの死後見つけた一文に以下のような慰安婦に関する二首の歌と一文が残っていた。

・ やわらかいものにしがみつきしがみついては白夜のあがき
・ 女には名前がない 席の床に毛布が一枚ほしいといった

慰安婦という見なれない文字が、大きな活字で新聞紙上にあらわれたとき、私は目を疑った。韓国の元日本軍の慰安婦にされた女性が、日本政府の謝罪と賠償をもとめたという記事だが、私は瞬時にして、忘れることもなく忘れていたことを思い出していた。戦争のもう一つの側面を、罪の意識もないまま都合よく私は忘れていたのだ。それがいま白日のもとにあばかれる。私は告発されているのだ。
 戦争が侵略であるならもう一つの側面とは性の侵略を伴うということだ。 戦後それは知識としてもおなはしとしてもさまざまに広がったが、それはそれだけで何らの価値判断をみちびき出すものではなかった。むしろそういう話にまぎれこんで、自分たちの行為を一般化し、罪なきものとしての過去の、ただ忘れ去っていく手段にもなったような気がする。
 私は慰安婦のことが戦争にともなう性の侵略の問題追求がはじまると、日本中の男性、すくなくとも戦争にかり出された男たちは、顔をあげて外を歩くことができないだろうと思った。当事者たちには、誇大なまでに公然の、そして多くは殊勝な秘めごとのように、語られることの少なかったことへの挑戦である。大事なことは、問われているのは国家の罪と責任であるが、行為そのものは個人が深くかかわっている。いわば加害者としての個人の問題がさけられなくあるということだ。
 旧満州の水辺に虎林という町があった。私の所属する部隊はそこを拠点に展開していた。その大きな営門から1キロほどのところに、板囲いの兵舎まがいの小屋が立っていた。兵隊はそこをピー屋と言った。そこにいる女のことをピーと呼んでいた。入営してはじめて外出が許されたとき、外出の注意と一個ずつのサックをもらった。当日は例の小屋には、入口ごとに行列ができるような盛況であった。小さな部屋にはワラ布団のベッドとその上に若い女が坐っていた。言葉使いで朝鮮の人であることが分かった。
 慰安婦について日本政府は謝罪を拒み、民間の金を集めて対応している。謝罪の機会は失われ、あいまいな金の運営で事態を処理しているようにみえる。加害者である個人もいら立ちが残り、やがて忘却に沈んでいく。それでよいのであろうかとの、思いは切である。
(「掌」68号(2001・7発行)木原実「自歌自註」より転載)

      (写真 ねむの花 北の丸公園)

       a

北朝鮮ミサイル発射でラジオ体操中止

北朝鮮ミサイル発射でラジオ体操中止 017・5・29
 政府は、今日の午前5時40分ごろ、北朝鮮東岸より弾道ミサイルが発射され、本土から300キロの日本海の我が国の排他的経済水域内に落下したと見られると発表した。にもかかわらず、例によって大げさに北朝鮮の脅威を重大ニュースとして取り上げるマスコミのバカバカしさにあきれ返る。とくに腹立たしいのはNHKのバカ騒ぎだ。今朝北の丸公園にいつものように出かけた。30分くらい前に着いて、いつものように池に架かる真鍮の手摺りに寄りかかって自己流の体操。その後6時半にラジオ体操が始まる。ところが、いつものラジオ体操の音楽が流れてこない。そして「北朝鮮のミサイルが発射されたのでラジオ体操の放送を中止する」と発表したらしい。好天気に誘われてラジオ体操に参加した人々は、ぶつぶつ言いながら解散した。なんという事大主義だろう。とっくに北朝鮮のミサイルは遥か日本海の300キロ海上に落下したというのに、日本全国で北は北海道から南は沖縄まで、ラジオ体操を楽しみに加している公称一千万の人々をがっかりさせるバカ騒ぎだ。
 徘徊老人は、とっくの昔からNHKテレビは見ていない。特に昨今は、民放並みのやれオリンピックだ、やれサッカーだ、ラグビーだと大騒ぎしている。広告収入で食っている民放なら仕方ないが、天下のNHKが、民放並みになってしまったのはいただけない。ましてやちゃんと高い受信料を払っている方々に対する背信行為ではないか。徘徊の友人の女性で,NHKテレビを見ている人に言わせると、再放送が多く、芸人を使ったおふざけ番組、食べ物番組が多すぎる。要するにまともな番組が少なくなったというのだ。
 北朝鮮のミサイル発射に大騒ぎしている西側の大国に共通しているのは、アメリカに敵対する核実験はけしからんが、西側にくみする国には核実験を認めるというバカバカしい二重基準が恥も外聞もなく横行していることだ。まず第一はアメリカ、ロシア、中国、フランス、イギリスの第二次世界大戦の勝者は核兵器を持とうが実験使用が文句をいわない。戦後70余年経てもなおかつ、5大国は核兵器を独占しているのだ。しかもインド、パキスタンのように、核実験の後に核兵器を保有した国はアメリカに忠誠を誓うから核を容認している。また核兵器を持っていると見られるイスラエルにも止めろと言わない。
 「俺たちも核兵器を放棄するからお前も止めろ」というなら筋道が通る。しかし自分たちは世界を何回でも破滅させる核兵器を保有しながら「北の核実験は脅威だ」と言って抑圧するのは、どう考えても腑に落ちない。その点だけは自主防衛論者の田母神元航空幕僚長の見解は筋が通っている。彼は言う。「世界中どこでもミサイル発射実験はやっている。ただ北朝鮮がやると、アメリカは日本に武器を高く売れるから騒ぐ。日本はアメリカの武器を買うために世論に北の脅威を大騒ぎして見せる。中国は俺たちが居なければ北を抑えられないと騒ぐ。バカバカしい限りだ」北朝鮮のミサイル騒ぎに関しては、私はこの田母神元航空幕僚長の意見に賛成する。
ようこそ!「老人はゆく」へ
「老人はゆく」へようこそ

徘徊老人

Author:徘徊老人
80歳の徘徊老人です。
趣味、杖を引いて歩くこと、
お四国歩き遍路、ごみひろい
路上公園などの観察、
キョロキョロ歩き
読書、眠り薬になること多し

最新記事
リンク
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR