友と袋田の滝へ座敷童子と同行

友人と袋田の滝へ座敷童子と同行 16・4・22
わが部屋に座敷童子と同棲をはじめてから一カ月余、岡山の旧友の誘いに乗って茨城県の「袋田の滝」へ一泊の旅に出かけた。この一カ月間、座敷童子のお陰か、物忘れはしばしばだが、紛失するということが激減した。おまけに無くなった小銭入れ二つとかスプーンなどがベッドの下や机の脚の脇から出てきた。おまけに外出するときは、童子が一匹肩の上に乗っかってくる。交差点を渡るときなど、いつもは赤信号でも車が来ないとさっさと渡るのだが、いまは童子が「爺さん、待てしばし年寄りが急いでどうする」と止めてくれる。
 友人などにそういうと「バカじゃないか。そんなこと…」と笑う。ときには「私そういうことを信じるわ」という人も稀にいるが、ほとんどの人は信じない。ところが四国歩き遍路のときも、同じ感覚を何度も味わった徘徊老人は、周辺に亡くなった友人たちや、若くして自殺した友人の女性などが行く先々で笑顔で迎えてくれることが多々あった。ときには、東京までついてきて、道案内をするみたい目の前にニコニコしていることがある。「もう東京だからいいよ」というと消えて出て来なくなる。だから座敷童子もそれと似た感覚でそばにいるものだと信じてしまう。
 岡山の友人は三月で八十五歳になる。奥さんを失くして十九年。一人で暮らしている、腎臓、肝臓など内臓の病をもち、目も白内障手術をしたがよくない。耳も片方は聞こえない。こちらも耳は遠くなっているし、目も悪くなっている。お互いに大声で話しても聞こえない場合もある。相互に勝手なことを言い合って会話にならないことが多い。そうするとお互いに不愉快になって黙ってしまう。それでも数十年の付き合いだから暗黙の理解で通じ合うものがある。
 袋田の温泉宿に泊まったが、食事は近くのヒロシマ焼きの店で食べた。そして宿に帰った直後、ポケットにあるはずの携帯電話がない。困った。どこで落としたのか。友人の携帯電話を借りて食事をした店にかけて見た。食卓に忘れてゐたら電話の音で気づくだろう。しかしウンともスンともいわない。やむを得ず店まで歩いて行ったが、携帯電話は忘れてゐなかった。宿のフロントや新聞を読んだ部屋で携帯を鳴らすが音が聞こえない。遂に童子の運も尽きたのかと思ったところ、座敷童子の声が聞こえた。「爺さん、部屋の中に入って見て」。即座に鍵を開けて入ると、ベッドの白いシーツの上に鎮座ましました。
 袋田の滝も宿の露天風呂は最高だった。春の雨の後の袋田の滝も川も滔々たる流れで、それを見ながら入る露天風呂。川面を流れる風を満喫しながらごきげんだった。翌日、袋田駅から水戸駅まで出て軽食を食べて東京行きの特急に乗った。車掌が来てから復路用に買った特急券がなくなっていることに気付いた。あわてたが止むを得ない。特急券を新たに買って東京駅に着いた。そして地下鉄に乗ってもう一度リュックの中を捜した。なんとリュックの底に特急券は落ちていた。手数料は取られたが飯田橋駅で返金してもらった。何度かの危機はあったが、今回の旅は紛失物忘れ物ゼロの旅だった。座敷童子さまさまである。

  新緑や雀群れ飛ぶ露天風呂 漫歩
  袋田の滝滔滔と春の水
  
スポンサーサイト

「座敷童子通信」No1童と同棲

 「座敷童子通信」No1童と同棲することに  2016・4・1 
 徘徊老人83歳にして、座敷童子なる伝説の童(わらし)と同居というか同棲することに相成りました。1月2月と「今年こそ物忘れをなくそう」と固く誓ったにもかかわらず、元旦早々財布を入れたバッグを忘れ、幸い出てきました。次いでマンションのカギを失くして半日部屋に入れなくなった。極め付きは2月に友人と神田駅前の寿司屋でランチを食べた帰り、入れ歯を失くした。入れ歯も数年経つと具合が悪くなるところがあり、食事のとき以外は外していたのが良くなかった。長年付き合っているヨコタ歯科の先生が1週間余りで、新しい義歯を作って下さった。噛み具合もよくルンルン気分。ところが2週間もたたないうちに下あごの義歯をどこかに落としてしまった。歯科医には恥ずかしくて行けない。義歯は2本くらいだったから、なんとか上あごの義歯だけでゆっくり噛んで食事をしている。
 3月早々、俳句仲間の游子くんに「毎日毎日まるで神隠しのように物がなくなる」と嘆いたところ、物識りの游子くんは即座に「あっ、それは座敷童子の仕業ですよ」と教えてくれた。彼は正岡子規の郷里松山の出身で、よく勉強していて物識りなのである。「座敷童子」なるものを、どこかで聞いたことはあるが、そこまで明確に指摘されると「そうかな」と思ってしまう。そこでネットで「座敷童子」なるものを検索してみた。なるほどと思った。
◆東北の民話に出てくる座敷童子
 「ウィキペディア」によると以下のように紹介されている。-座敷童子(ざしきわらし)は、主に岩手県に伝えられる精霊的な存在。座敷または蔵に住む神と言われ、家人に悪戯を働く、見た者には幸運が訪れる、家に富をもたらすなどの伝承がある。柳田國男の『遠野物語』や『石神問答』などでも知られ、『遠野物語』の17話・18話および『遠野物語拾遺』87話に「ザシキワラシ」または「座敷ワラシ」の表記で話が掲載されている。「ザシキワラシは座敷童衆なり」と記述がある。近年では、座敷わらしに会える宿として岩手県の「緑風荘」「菅原別館」「わらべ」などがテレビ番組や雑誌に取り上げられることでも知られているー
 単純な徘徊老人は「座敷童子の仕業だ」という游子くんの言を信じてしまった。するとその夜以降、何か部屋の中でごそごそと童子の蠢く気配を感じた。たしかにわがマンションのひと間の部屋に童子は存在すると実感した。それ以降、忘れ物が激減した。しかも紛失した小銭入れ2つが次々と出てきた。その上、もはやこれまでと諦めた部屋の鍵が奇跡的に雨の路上に落ちてゐたのを発見して事なきを得た。いまや座敷童子は、わが部屋の守り神のように徘徊に付き添っている。童子は常に言う。「爺さん、急くな焦るな怪我の源 ゆっくり歩め彼岸は近い」。まことにありがたい童子くんたちだ。この話を骨董屋の山ちゃんにしたら、即座に童と同居することにしたらしく、失せ物が出るようになったという。いまわが部屋にはベッドの下に下記写真のような座敷童子が住み着いて、いたずらはするが、大きな失せ物や物忘れはほぼ皆無となった。仲良くすれば幸運がくるというが、ホントだと実感しているこの頃である。れは友人のHさんの息子のお嫁さんがつくったケーキだが、あまりにも徘徊の想像していた童子のイメージと似ているので写真に撮らせていただいた。わが部屋に棲みついたのはこの童なのである。
◆歩くこと 花に出会う 樹木の肌に触れる 
 歩くことは無限の快楽であると思う。北の丸公園では、いま利休梅の花が咲いてゐる。まことに清楚な凛とした花だ。過去の人生の大半は人間が好きで、人を相手にする仕事で全国をかけめぐった。しかし漸く人は自然の一部に過ぎず、この公園のような空気と緑と風と植物、小鳥などによって生かされているという思いに至った。長く生きるということは鬱陶しいが、未知の世界が無限にあることを知る幸せもある。
  座敷童子蠢く気配春の夜 漫歩
  利休梅人に知られぬ恋もして 漫歩 
     (写真 わが屋に住む座敷童子)

       a
 
ようこそ!「老人はゆく」へ
「老人はゆく」へようこそ

徘徊老人

Author:徘徊老人
80歳の徘徊老人です。
趣味、杖を引いて歩くこと、
お四国歩き遍路、ごみひろい
路上公園などの観察、
キョロキョロ歩き
読書、眠り薬になること多し

最新記事
リンク
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR