百歳の句集 朝山義高『高嶺村』を読む

百歳の句集 朝山義高『高嶺村』を読む 17・9・26
 9月初めの定例句会で、規子先生から愛媛県久万高原に近いところにお住いの百歳の朝山義高さんという方の句集『高嶺村』を紹介して頂いた。句会のはじめには、いつもさまざまな俳人の句集紹介の時間があるのだが、今回は百歳の俳人ということで興味を持った。しかも朝山さんは、私が延8年間の四国歩き遍路で最も有難いお接待を受けた愛媛県久万高原の奥にお住いのようである。先生にお願いして本をお借りして読んだ。実に興味深い。年を取ったせいか、若い俳人より年老いてなお俳句を作り続けるような先達に心引かれる。そして『高嶺村』を読了してわかったことを漫歩の推察を交えて書いてみた。
 著者のあとがきによると、平成5年77歳のとき、広田俳句教室に入会、後に砥部金曜句会に参加するようになった、と記している。そして「この度、百歳を迎え、これを記念して、愛媛若葉会の髙岡周子先生のお力添えを賜り句集を出すことになりました」と述べている。しかし朝山さんの住所も電話も句集に載っていない。
◆戦争で徴兵北満での軍隊生活
 この方が、どういう人生を送って、百歳まで久万町もしくは砥部町の山奥の村で自立した一人の生活を送っているのか知りたくなった。だがそれは俳句を通じて類推するしかない。まずこの方の年齢百歳は、昭和より以前大正6年生まれだとわかった。私の二人の叔父はともに徴兵されて戦争に連れ出され二人とも生きて還らなかった。長男の叔父は昭和13年に召集され、同年北支派遣軍として参加、昭和14年河北省隆平に於いて戦病死した。指折り数えてみると、朝山さんはちょうど叔父と同年輩の方である。生きておれば叔父は百歳なのだと思った。朝山さんは、召集されて北満に派遣されたらしい。
 北満の立哨偲ぶ虎落笛 ニイハオを交せし記憶黄砂降る 皸復員の飢ゑを凌ぎし心太 などの句にそのことを推察することができる。
 久万高原の奥の高嶺村は雪深く、馬車で物を運んでいた。私の故郷の岡山県鏡野町越畑も鳥取県境に近い山村で、祖父は馬車曳きだった。物を運ぶのにトラックなどは戦後の話で、木材、木炭などはすべて馬車に乗せて山道を下った。それと同じことを朝山さんの家も先祖代々やっていたらしい。そして北満に召集された朝山さんは、軍馬を使って荷物を運ぶ、輜重部隊に配属されていたと思わせる。 蹄鉄師住みしはここら花はこべ 父の日や父の形見の馬の鈴 落馬せし傷跡疼く今朝の雪 蹄洗いの皸兵を泣かしけり
 朝山さんは百歳にしてなお母恋の句をつくる。母親は早く亡くなったのであろう。12歳で敗戦の年に母を失った漫歩も、その哀切な想いを共有する。 根の国の妣にかたりぬ柏餅 久万山は妣の故郷麦こがし 妣の忌や庭を離れぬ夕蛍 御詠歌のどこか妣似の冬遍路   
◆脱藩の道に通じる久万高原
 久万高原には山間の難所として知られる名刹、44番大宝寺、45番岩屋寺がある。朝山さんは遍路関係の句も多い。 勅使橋渡る子連れの秋遍路 接待の葛湯に読経老へんろ ちやんちやんこ召され札所の水子札 逆打の遍路大師に見えむと  
 高知からの山越えの道は明治維新の脱藩の道でもあった。志士たちは大門峠を越えて久万町から松山に下り、松山港から船で大阪に向かったのだ。坂本龍馬もその一人だった。朝山さんは詠んでいる。  竜馬越ゆ大門峠黄菅咲く 脱藩の雀隠れの道急ぐ
 朝山さんのひとり暮らしの愉しみの一つは、お盆や正月に帰って来る子や孫と酒を酌むことだ。しかも近くに同じく百歳を過ぎた友人もいる。百歳にしてなお健康なひとり暮らしだ。わが風鈴会には、間もなく90歳をむかえる佐藤稔山老が万病を克服して健在である。この方々に較べれば、84歳の漫歩などまだ青二才だなと思ってしまう。 
 正常と医師の一言冬ぬくし 赤丸は子らの来る日や新暦 百越えし友と筆談年惜しむ< まだ生きる積り糸瓜の種をとる/span(注)現在高嶺村という地名はない。合併によって統合されたのである。     
  初句集為して白寿の秋日和 漫歩
スポンサーサイト

漫歩俳句遊び 風鈴会定例会欠席 

漫歩俳句遊び 風鈴会定例会欠席 17・8・9
 今月の風鈴会定例句会は、所用のため欠席、投句のみの参加とした。漫歩の投句7句は以下の通り。〇は規子先生の選句、▽は句友の選句である。事務局の加藤房子さんより連絡あり。次回は9月1日金曜日、兼題は夜食、蜻蛉
  蝉時雨ひときは高き松林〇
  雨上がる露天のお湯に朝の虹▽
  病むひとの笑顔弾けし朝の虹▽
  夏風邪や痰きり地蔵にお賽銭▽
  駐車場に舞ふ子燕の嬉しくて
  山間のお湯に老鶯声清し
  平和とは田圃に蛍蛙鳴く
 さらに、来月の句会までに過去一年間の選句のなかから、15句を選んで提出されたいとのこと。毎年12月の、定期的に出している風鈴会の句集編纂のためである。今更ながら、一年の短さに唖然とする。以下にこの一年間の選句及び自分の好きな句を選び出してみた。
  清楚とはかくの如きか利休梅
  桜蕊降る母逝きて七十年
  同病を相憐れみて老いの春
  蓮華草咲けど寂しき休耕田
  とんび風に乗りて悠々湖の春
  読書する女が一人花の昼
  断捨離の念切々と春に病む
  ひそやかに柳青めり田安門
  手袋の握手なにかが欠けてゐる
  友逝くや夜のマンション冴え返る
  夢に出る友みな若き春立ちぬ
  生きてゐることは愉しと寒雀
  古里の唯一の賀状のぼる君
  自由とはかくの如きか枯れけやき
  懐かしき人の夢見し老いの春
  ポケットのキイ冷え冷えと寒の入り
  寒暁や声なく飛べり烏二羽
  人肌の恋ひしき夜や寒波来る
  一人居の豆腐半丁根深汁
  忘じ難く候十二月開戦日
  手も足もこころも温き柚子湯かな
  ここに生き杖曳く幸よ小六月
  大根を漬けて古里静もれり
  小鳥くる露天のお湯に一人ゐる
  木枯しに背中押されて坂上がる
  おい生きてゐるかと電話台風禍
  模様替えしてスッキリと秋立ちぬ
  待ちわびし人は来たらず雁帰来
  新涼や生きていたのとハイタッチ
  蜩や別れの言葉なく逝けり
  蜩や古里遠くなりにけり
  留守電につつがなきやと秋の風

漫歩俳句遊び 風鈴会定例句会

漫歩俳句遊び 風鈴会定例句会 17・6・8
 風鈴会定例句会が6月3日にあった。つい先日、寒い寒いと思って居たのにあっという間に初夏である。ウロウロしている間に、まさに光陰はやの如く過ぎ去って行く。今回の句会の兼題は弁当・新茶、席題は青嵐・燕の子だった。
漫歩提出の7句は以下の通り。◎先生特選、〇先生選句、▲句友特選、▽句友選句。
  弁当のない子もゐたり夏燕 ◎
  夏草や友の形見の作務衣着て 〇▲
  万緑や卒寿杖曳く九段坂 ▽
  亡き君と二人で歩む花遍路▽
  燕の子迎へてくれし無人駅
  ビル風もときには嬉し夏柳
  歌詠みの師愛でられし君子蘭
 先生のご指摘、「亡き君と二人で歩む」ではなくて「亡き君を背中に負うて花遍路」の方がよい。「燕の子迎へてくれし無人駅」の句は、書き間違いで、「迎へ」となっていて「し」が欠けていたので取らなかったとのこと。徘徊の単純な書きたりないミスで大失敗だった。
  漫歩選句7句は以下の通り 特選▲
  老いを鳴く鶯晴子師の墓前
  晩学も楽しきものと新茶汲む
  さみだれや傘の内なるみだれ髪
  走り梅雨帰ると言へず母とゐて
  世界史の動く気配や青嵐▲
  娘等の腕まぶしい街薄暑
  ミニトマト入れて弁当出来上がる
 次回は7月7日 兼題は夕立、七夕となった。
毎朝の公園はまさに万緑の季節。ラジオ体操に参加し始めてから、もう満5年になる。福島原発事故の翌年2012年春からだ。そして玄米雑炊中心の一日二食の食生活に切り替えたのが、2011年の福島原発事故の秋からだった。それ以降、徐々に血圧の薬、胃の薬、狭心症の薬、前立せん肥大症の薬など捨てて来た。いわば食生活の改善によるクスリ依存症からの脱却である。友人のなかには、もう少し肉を食べたり魚を食べたりしなければとか、老人はある程度小太りで平均体重超過する方が望ましい、などと忠告される方もいる。確かにいまなお現役でバリバリ仕事をこなしている友人には小太りが多いし一理ある。しかし徘徊には日々コツコツ断捨離を進め乍らの簡素な食生活が合っているのだ。今日、公衆浴場で体重58キロとなり、まことに身が軽く気分がいい。

漫歩俳句遊び 5月定例句会 17・5・23

漫歩俳句遊び 5月定例句会 17・5・23
 5月の風鈴会定例句会は、5月9日だった。奥様を失くされた佐藤念山さんが久しぶりに出席された。89歳でわが句会の最高齢者である。20名のメンバー中4名の男性が参加した。この日の兼題 春深し、ちんどん屋、 席題 母の日
 漫歩提出7句 ◎先生特選〇先生選句▽句友選句
  ◎同病を相憐れみて春深し
  ◎母の日よ老いても若き母を恋
  〇▽妻逝きて友も病むとや春深し
  ▽蓮華草咲けど寂しき休耕田
  ▽花水木邪心なきやと問うてみる
  ▽なんじゃもんじゃこんなもんじゃと咲き誇る 句友特選
  泣き虫の老いても恋し母の日よ
 提出句7句のうち、先生に3句、句友に特選を含めて4句選ばれた。なんじゃもんじゃはホトトギス系の季語には入っていないが、他の句集などには入っている。季語の使い方は難しい。漫歩の選んだ7句は以下の通り。特選句は、万象の宇宙を目指す若葉あり を選んだ。
 漫歩選7句 
  しみじみと遠き父母桐の花
  母の日に嘘ついたこと思い出す
  老残のひとり身となる花埃
  訪ふと言ひし友の訃春深
  ちんどん屋子等の縦きゆき風五月
  天に咲く朴の真白く新しく
  〇万象の宇宙を目指す若葉あり 新井利太郎
 次回、6月2日 兼題 新茶、弁当
 山形の友人、新野裕子さんと久しぶりに電話で話した。彼女は金子兜太の熊谷市で開かれた5月20日の句会に参加した由。金子兜太(97)は、主宰する俳句誌「海程(かいてい)」を閉じると宣言したそうである。「年齢を重ねるにつれ、主宰が担うべき役割の一部を周囲に依存するようになり、(主宰としての)限界が近づいていることを感じる」と述べ、99歳を迎える来年9月での終刊を決めた。「主宰を離れることで、より自分にこだわった生き方をしたい」とも話したという。なるほど金子兜太らしい。次なる世代に引き継ぐことなく自ら会を閉じる。私は一言で頷いた。

  (金子兜太書の「安倍政治をゆるさない」ポスター)

       a

4月の風鈴会定例句会 17.4

漫歩俳句遊び 4月定例句会 17・4・23
 4月の風鈴会定例句会は、4月7日だった。当日の兼題 長閑、椿 席題 紫、さへずり。漫歩提出句は以下の7句だった。
  清楚とはかくの如きか利休梅 ◎
  花よりも花撮る人の面白き ▽ 
  紫木蓮女王の如く街に咲く ▽
  地に落ちて五辨の椿なほ燃ゆる ▽
  恋ごころ秘すれば一花寒椿 ◎▽
  花咲けど長閑さ遠き被災の地
  猫も人も居眠り長閑春の園 ▽
 先生の選句では「清楚とはかくの如きか・・・」と「恋心秘すれば花の・・・」の2句が特選句に選ばれた。ただし「恋心」の句は、当初は「恋ごころ秘すれば花の寒椿」だったが「恋ごころ秘すれば一花寒椿」と添削された。また句友からは 花よりも、此木蓮、地に落ちて、恋ごころ、猫も人も、の5句が選ばれた。
 漫歩の選んだ7句は以下の通り。特選には「差へずりや礼儀正しき島の子ら」を推した。
  初恋は想ひちぐはぐレンゲ草
  襖絵の墨絵の椿あれは紅
  のどけしや皆寝そべりて牧の牛
  それぞれの旅立ち見てる春の月
  むらさきの祖母の袱紗やこぶし咲く
  主のなきお屋敷静か落椿
  さへずりや礼儀正しき島の子ら 特選 
 次回5月8日、月曜日 兼題 ちんどんや 春深し と決まった。
 四月号の『雛』では、漫歩の提出した句が風神子先生の選句で以下の3句が選ばれていた。また規子先生の選句では、以下の2句が選ばれた。漫歩は「自由とはかくの如きか・・・」と、「寒暁や声なく飛べり・・・」の2句が選ばれたことが嬉しかった。
 風神子選
  自由とはかくの如きか枯れけやき
  懐かしき人の夢見し老いの春
  ポケットのキイ冷え冷えと寒の入り
 規子選
  寒暁や声なく飛べり烏二羽
  手袋の握手なにかが欠けてゐる
ようこそ!「老人はゆく」へ
「老人はゆく」へようこそ

徘徊老人

Author:徘徊老人
80歳の徘徊老人です。
趣味、杖を引いて歩くこと、
お四国歩き遍路、ごみひろい
路上公園などの観察、
キョロキョロ歩き
読書、眠り薬になること多し

最新記事
リンク
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR