FC2ブログ

中川秀直元自民党幹事長 原発の再稼働を進めるのは犯罪的 21・4・10

 毎日新聞 2021/4/2 東京夕刊 が中川秀直・元自民党幹事長(77)が、原発廃止とエネルギー政策の転換を求めて活動していると報じた。以下に要旨を紹介する。
安倍晋三前首相らの出身派閥、清和政策研究会(清和会、現在の細田派)の代表世話人を務めたこともある政治家が、政界引退後の今、「原発再稼働は犯罪的。亡国の政策だ」とまで言い切るのはなぜなのか。東京都内の事務所を訪ねて疑問をぶつけた。
◆全部ウソだったと分かったからですよ。原発の『安全』『安価』『安定』、すべて虚構
 中川氏の答えは明快だった。「信じていたんです。資源のない日本で、温暖化を防ぎながら、しかも安いエネルギーは原子力しかないと。日本の原発は『多重防護』で守られていて、原子炉格納容器は絶対に壊れないと専門家から説明されていた。自分でも勉強して、そう確信していました」
 ところが2011年3月11日、東京電力福島第1原発は東日本大震災の激しい揺れと大津波に直撃され、3基がメルトダウン(炉心溶融)。東電が「絶対に壊れない」と主張してきた格納容器の底が抜けて核燃料が溶け落ち、建屋が爆発して大量の放射性物質が大気中にばらまかれたのだ。あの日、中川氏は目が覚めたという。
◆政府も東電も皆、間違っていた『想定外』だったとして、誰も責任を取らない
 事故から10年たっても、東電はいまだに推定880トンもの溶融燃料(核燃料デブリ)を手つかずのまま取り出せていない。これは米スリーマイル島原発事故の7倍近い量だ。仮に取り出せたとしても、どこで保管し、どこで処分するかは今も決まっていない。一方で高濃度の汚染水が発生し続け、敷地内の土壌自体も汚染が止まらない。この汚染土も外部に運び出しようがない。
 深刻なのは、事故後に16万人が故郷を追われ、そのうち数万人が今も避難生活を余儀なくされていることだ。「10年前の今ごろは首都圏を含む5000万人が避難を強いられる一歩手前だった。原発事故が起きると、国がなくなる恐れがある。亡国の道具と言っていい。なのに今だけ、金だけ、自分だけのために原発の再稼働を進めるのは亡国の政策であり、犯罪的です」
◆もうチェルノブイリのような巨大な石棺を造って建屋全体を覆うしかない
 語り口はソフトだが、目が怒っている。愛する郷土と国土を守り、国民の生命財産を守ることを最優先に考える保守政治家だからこそ、原発に固執する勢力を許せないようだ。「既にたまっている放射性廃棄物だけでも広島・長崎の原爆数百万発分に相当する量です。中間貯蔵も最終処分もできないまま増えてきた。今や原発は日本最大の危険物です」
 そして10年前を振り返り、申し訳なさそうに言葉を絞り出した。「もうチェルノブイリのような巨大な石棺を造って建屋全体を覆うしかない。私たちは福島で手のつけられない地獄を見ました。私が一生懸命に取り組んできた原発推進はまったく間違いで極めて責任が重い。心から深く反省し、おわびしなければならないと考えています」

 「再生可能エネルギー100%になれば、化石燃料を輸入する年間25兆円が不要になり、国富は海外に流出しない。温室効果ガスも出なくなるし、設備投資や地域産業の活性化で日本経済は大発展する。2050年には実現可能です。そのための民意をつくる努力を、私は続けていきます」 
 ■人物略歴 中川秀直(なかがわ・ひでなお)さん
 1944年、東京都生まれ。慶応義塾大卒業後、日本経済新聞記者を経て76年に衆院旧広島2区から新自由クラブで初当選。96年、橋本龍太郎内閣で科学技術庁長官。2000年、森喜朗内閣で官房長官。自民党では02年から国対委員長、05年に政調会長、06年に幹事長。07年、森会長退任で清和会の代表世話人に。12年の衆院選に出馬せず政界引退。当選10回
スポンサーサイト



脱原発スタンディング@石神井 石川博美 20・3・13

かつて社青同の同志 増野潔君の呼びかけで、集まった反原発グループのメンバーの一人、石川博美さんからのメールでの便り。増野君はかつて60年安保の11・27国会突入事件の先陣を切った社青同メンバーの生き残りだった。だが彼は病に倒れ、わがグループは解散状態だが、ひとり頑張っているのが練馬区役所退職後5年の石川博美である。以下にそのメールを紹介する。

 みなさま おはようございます。昨日は、金曜日の晴れと今日の晴れに挟まれて、寒い雨模様。「事故」から10年ということもありましょうが、60名ほどの方たちの参加で、石神井公園駅ロータリー北側を埋め尽くすほどのスタンディングができました。
 オープニングはマッシーさんの三線弾語りで弾みをつけて、福島こども保養プロジェクト、元気力発電所、核・原発のない未来を子どもたちに、子どもたちを放射能から守る練馬ネット、ヒバクシャ国際署名推進ねりま連絡会、
練馬在住反原連スッタフ。いろいろな活動の積み重ねの上に立ったアピールをしていただきました。
最後は、マッシーさんのカチャーシーで(通路なので)心で踊って散会しました。、終了後の集合写真です今日は10年と3日。明日は10年と4日です。原発事故に「節目」はありません。ほかの運動もそうですが、続けることが大事。新しい世代を巻き込みが課題だと思います。

石川 博美
原発2103



福島第1原発事故振り返る 脱原発こそ生きる道 村上達也前東海村村長 21・3・1

 東日本大震災と東京電力福島第1原発事故から間もなく10年。「原子力発祥の地」ともいわれる東海村で村長として原発事故と臨界事故を経験した村上達也氏(78)が毎日新聞のインタビューに応じた。原発事故を主なきっかけとして「脱原発」を訴えてきた村上氏は「事故を経験しても日本は変われなかった」と振り返った。以下は毎日新聞21年2月22日の要旨である。【聞き手・鳥井真平】
◆福島の原発事故から10年が経過したが、事故は安全神話と人災
このとき、村役場の朝礼で職員に「人に冷たく無能な国に原発を持つ資格はない」と伝えた。村は1999年に核燃料加工会社「ジェー・シー・オー(JCO)」の臨界事故も経験した。臨界事故も原発事故も基本的に同じだ。立地地域には人が住んでいて、文化もある。(混乱する国などの対応を目にして)経済発展を優先し、住民に配慮がない国なのだと思った。原発事故は起こるべくして起きた。人工的に建設したものには技術的な面で穴がある。それを想定して利用するのは許せるが、「完璧な技術で防護策はとれている」などと説明してきたのは、寓話(ぐうわ)だ。電力会社は安全神話を作り上げてきた。県内にも津波が押し寄せた。東北の三陸地方のように海岸線が入り組んでいないため、私も鹿島灘に津波は来ないと考えていた。完全なる不明で、間違いだった。
◆事故は原子力政策の転換点になり得る出来事だった
日本は地球温暖化対策の必要性から、原発の復権を唱える「原子力ルネサンス」を叫んで原子力を推進してきた。しかし、「地震大国」と呼ばれる日本で原発を稼働させ続けるのは無理があった。もっと慎重になるべきだったし、国を挙げて推進してきたことを反省し見直すべきだった。しかし、日本は変われなかった。政府は現行のエネルギー基本計画で、全電源に占める原発比率を2030年度に20~22%とする目標を設定している。核燃料を再利用する「核燃料サイクル政策」の中核施設だった高速増殖原型炉「もんじゅ」(福井県敦賀市)の廃炉が決まったのに、国は核燃料サイクルの看板を下ろさず、いまだに続ける方針を示している。
◆立地自治体の首長が再稼働に同意することが理解できない。何も学ぼうとしていない
東海村には日本原子力発電東海第2原発があるが、30キロ圏内に住む住民は国内最多の約94万人。(原発事故の避難状況を踏まえれば)避難計画通りの避難はできないだろう。94万人を避難させることができるなんてばかげた話だ。実行できないことを、できるかのように作るのは、時間と労力、税金の無駄と言える。人口が多い場所での再稼働はあってはならない。
村上達也(むらかみ・たつや)氏
 1943年、東海村出身。66年一橋大社会学部卒。同年常陽銀行に入行し、ひたちなか支店長などを経て97年から東海村長を4期務めた。99年の核燃料加工会社「ジェー・シー・オー(JCO)」臨界事故では、国内初の住民避難要請を決断。2011年に起きた、東日本大震災による東京電力福島第1原発事故後から「脱原発」を訴えている。

95歳の料理家、辰巳芳子の警告「日本はすごく貧しい」

95歳の料理家、辰巳芳子の警告「一番汚した原子力」 20・11・5
 料理家の辰巳芳子さん(95)は、日本の食文化を豊かにするために提言を続けてきた。戦前から「日本の食料がいかに弱いかというのをずっと体験してきた。骨身にしみて知っているんだ」という辰巳さんが、現代の食の危うさを語った。
 ――戦争のあとから比べると、食卓は豊かになりました。私たちは今、何を食べたらいいでしょうか。
◆地球の在り方とあわせて食べていく 一番汚したのは原子力
 そうね、自分も食べ物も、自然の一環であるというのを忘れてはいけない。自然とかけ離れて食べれば、体の養いにはならないのよ。自然の中にいて、季節ごとにできるものをみれば、何を食べればいいかは、自然に分かってしまう。それを食べるよりほかないんだから。そして、地球の在り方とあわせて食べていくこと。地球を宇宙の中にすえて考えていかないと、私たちは食べ損なっちゃうと思う。
 ――宇宙との関係というのは、具体的にはどういうことですか。
 太陽とか水、空気とか。そういうね、とっても原点的なことを謙虚に考えて生きなければならないと思うんだ。それを汚さないように。一番汚して、取り返しがつかないのは原子力だろうね。そういうもので根本的なところをいじめないようにしないといけないと思います。
◆この国は本当に持たざる国 大豆百粒運動を
 -辰巳さんは社会意識がとても高い料理家だと感じます。
私は社会意識が強くて、並の強さじゃないと思う。それは多くの若者が国のために死んだからです。あの若者たちの死を無駄なものにしたくないんだ。それが私の意識の中にはっきりある。75歳の頃にフィリピンまでいきました。どんなところで日本の若者が戦ったのか、見てこようと思って行ったんです。小さな南太平洋の島だったけれど、日本の兵隊は草の葉っぱの露をなめながら戦っていた。見たらテニスコートがある。あそこでテニスをやったんですかってきいたら、そこの下は米軍の兵隊が使うプールだったそうです。
 米軍の兵隊はプールに水をもっていた。日本の兵隊は水がなくて草の裏の露をなめていた。その差をもって、日本の兵隊が戦っていた。だから私は、自給率を高めるために、大豆を育てる「大豆100粒運動を支える会」を起こしました。コメはどうかこうか、国が維持していくでしょう。でもこの国の政府は、大豆まではできない。この国はたんぱく質が皆無だよ。魚も昔の何分の一かしかとれない。家畜はっていうと、もっと持ってない。豆よりほかしょうがないんだ。豆がなければ、私たちの子孫は生きていられませんよ。せめて、大豆ぐらい持ってないと、どうしようもないんだ。あれは最低の線なんだ。この国はものすごく貧しいよ。とっても貧しいんだよ。
◆食料自給率は4割以下 飼料は殆ど輸入に頼っている
 ――今の日本では、貧しいというのはなかなか実感できません。

 食料自給率は40%を割っているし、国産大豆は7%しかない。和牛といっても、エサも輸入に頼っています。私はね、昭和16(1941)年ぐらいから、日本の食料がいかに弱いかというのをずっと体験してきた。いかに危ない国かっていうのを骨身にしみて知っているんだ。この国は本当に持たざる国ですよ。何か起きれば、すぐ手のひらを返したように食べられなくなります。
◆若い世代への警告、
 ――若い世代は自給率の低さは頭で分かっても、実際に感じることは難しいと思います。関心を持つきっかけはありますか。いまの日本を、次の時代に渡していくことは、本当はしてはいけないと思う。こういう日本をもらっても困るだけです。何か言ってあげられることといったら……。
 まずね、炊飯器を使わないでご飯をたける人になってごらんなさい。それからね、煮干しでダシをひいてごらん。それがどこまでやれるか、自分を試してみることだ。そして煮干しをから煎りしてかじるんだ。煮干しをかじれる人になれるかどうか。そう思わない?
 とっても皮肉な提案だと思うけれど、自分を試してご覧なさい。私たちの持っているものは、煮干し以外ないんです。その煮干しを扱えなかったら、命は危ないな。朝日新聞デジタル>記事 (実業之日本社)

韓国政府 コロナ対策でF35戦闘機購入延期日本はトランプ追従

韓国政府 コロナ対策でF35戦闘機購入延期日本はトランプ追従 20・4;24
韓国政府は16日、新型コロナの感染拡大に伴う緊急災害支援金の財源確保のため、追加補正予算案を編成し、国防費を9047億ウォン(約795億円)削減して財源に充てることを閣議決定した。削減するのはF35戦闘機、イージス艦の戦闘システムの購入費などで、韓国国防部は「本年中に予定した支払いを来年に延ばすこととし、米政府と協議中だ」とコメント。国防部は国際原油価格の下落により、節約できた燃料費2120億ウォンも緊急災害支援金の財源に回すことを明らかにした。国防費の削減をめぐり、韓国の国内世論はさまざまだが、韓国政府は結局、「戦闘機より国民の生活」を選んだことになる。Photo by
一方、日本の防衛省はF35の「爆買い」をやめようとはしない。日本政府は20日、1人10万円の給付を盛り込んで組み替えた補正予算案を閣議決定した。財政支出は48.4兆円と過去最高になるが、防衛費削減の話は出ていない。安倍首相は、自衛隊に導入する兵器として、米国製の最新鋭ステルス戦闘機F35を105機、約1兆2千億円かけて追加で“大人買い”することを表明している。トランプ氏は来日最終日に、海上自衛隊横須賀基地で護衛艦「かが」に搭乗し「日本は同盟国の中でも最も多い数のF35を持つことになる」と歓迎した。
◆友人の初岡昭一郎さんより、今朝のメールで示唆に富んだ指摘があった。以下に紹介する。―今朝(4月24日)の「朝日」朝刊が「20世紀最悪のパンデミック」として1918-20年のスペイン風邪の教訓を特集している。 当時日本国内の死者は40万人前後であったと推定されている。この記事を読んで連想的に思い出したのは、19世紀国内最大のパンデミックであった1862年(幕末の文久2年)の麻疹・コレラ大流行である。これは吉村昭『生麦事件』を読んで初めて知った。この時も外国から病原菌がもたらされたとして、攘夷の風潮に拍車がかかり、生麦事件の背景ともなった。麻疹とは今のはしかのことであるが、日本では未知であったこの感染病の症状が高熱の後に呼吸困難になり死亡といわれているので、今日の新型コロナと酷似している。江戸町奉行所の記録では、死者は江戸だけで75,981人と計算されている。これは当時の人口の1割弱に当たる。
 過去の2大パンデミックも人間の直接接触と体液飛沫が感染の主原因とされ、いずれの時も対策の基本は外出禁止であった。この150年間に医学は長足の進歩を遂げているはずなのに、既知の知識と経験では対応できない事態にあたふたとする姿にあまり変わりがないように見える。環境やライフスタイルの変化(劣化)が新しい問題を常に生んでいる。
ようこそ!「老人はゆく」へ
「老人はゆく」へようこそ

徘徊老人

Author:徘徊老人
88歳の徘徊老人です。
趣味、杖を引いて歩くこと、
お四国歩き遍路、ごみひろい
路上公園などの観察、
キョロキョロ歩き
読書、眠り薬になること多し

最新記事
リンク
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR