清水港の魚市場と次郎長記念館

清水港の魚市場と次郎記念館 18・4・29
 先週水曜日の25日、岡山の旧友87歳と静岡県清水港で再会した。彼は体のあちこち悪く、年賀状では「もう旅行には行けない。ジパングの更新も中止した」と悲観的な便りだった。何しろ膝が悪くバスの一停留場も歩けない。また耳が遠くなって普通の会話ができない。内蔵の手術もして常に体調悪く医者通いだ。それでも、暖かくなったし、清水市は有名なマグロやカツオの市場だ。あそこなら岡山から一本で来れる行ってみないかと誘った。ようやく同意して25日に静岡乗換の新幹線で来て、10時半過ぎに清水駅に着いた。駅に最短の清水シテイホテルに荷物を預けて駅の裏口から三百メートルの距離にある、清水港の魚市場に直行した。
 そこで新鮮な握り寿司を食べた。本場のマグロやカツオの鮨が千円でおつりがくる。今や東京の築地市場は観光客の増加で、昔の面影はない。かつて千円前後で食べられた寿司屋は姿を消した。今では2000円前後に値上がりしている。しかし清水港の魚市場ではその半額くらいで食事できる。その後港内を巡る遊覧船に初めて乗って、未だ行った事のない三保の松原を目指した。三保の松原から見る富士山は絶景と言われている。しかし実際に行ってみるとがっかり。松はかなりの年輪を経た大木が多いが、散在しているし手入れもあまりされていない。おまけにごみや煙草が散らばっている。「来て見ればさほどでもなし三保の松」というところだ。
 三保の松原からは清水駅にかえるバスに乗った。途中にある清水次郎長の生家と記念館を訪ねることにした。清水港船宿記念館「清水次郎長の船宿」末廣を訪ねた。入場料無料で入れる。江戸城無血開城の立役者は勝海舟となっているが、その海舟の使者として駿府城に乗り込んだ山岡鉄舟のことは良く知られている。だがこの鉄舟の西郷との面会実現のために全面的に協力したのが、清水の次郎長だったことはあまり知られていない。次郎長記念館にはその経緯が明らかにされていた。官軍に追われた鉄舟は漁師姿に変装して次郎長に会い、西郷隆盛と会見場所までの護衛を頼んだ。次郎長は鉄舟を武士の姿に変え、官軍の見張りの手薄な久能街道を通って駿府に入り、官軍総司令官の西郷隆盛のもとに無事に届けた。その日のうちに江戸城総攻撃を中止。その後、江戸で勝海舟と西郷隆盛の正式会談がもたれ、大政奉還明治元年となった。かくして次郎長は同年、官軍東征軍判事の伏谷如水から駿府周辺の市中取締役(現在の警察署長)を命ぜられ侠客家業から足を洗うことになる。
 清水の魚市場も価値はあるが、同時に清水次郎長の記念館や生家などは、三保の松原よりも一見に値する。
 87歳の旧友は、初日は痛み止めの注射を打って来たとかで、足腰スムースに、徘徊老人よりも軽やかに前を歩いていた。しかし一夜明けると、効能は薄れたようだ。もはやバスの一停留場も歩いて行けなくなった。短距離をタクシーで魚市場に向かった。お互いに土産のカツオやマグロ製品を買い、お昼前にサヨナラして、彼は静岡経由で岡山で、徘徊は普通列車で三時間余欠けて東京に着いた。確かに時間はかかるが、ゆっくり電車の中で昼寝して帰るのもいいもんだと分かった。老耄進んで旧友との再会は楽しく、かつ寂しいものだと知る。
  耳遠き友との旅は怒鳴りあい 新緑の山の彼方の白き富士 漫歩

  (晩年の清水次郎長)
   
   a
スポンサーサイト

足腰悪い老友と紅葉の信州の旅

足腰悪い老友と紅葉の信州の旅 17・11・18
 11月の6日から、岡山の親友Tと長野、上田、松本と三泊四日の旅を楽しんだ。といっても、親友は86歳。腎臓の手術をし、心臓脇に動脈瘤を抱えている。そして耳は難聴で足腰衰えて、バス停一停留場も歩けない状態。それでも長野善光寺のバスは沢山出ていて、不自由はしない。冬晴れの暖かい最高の天気で、善通寺の紅葉、黄葉を楽しんだ。ツツジの返り花が見事に咲いていた。上田の別所温泉は鉄道で、松本の浅間温泉はバスで何とか辿りついた。足腰が悪い割には、あちこちウロウロしたがる。ちょっと見失うとどこに行ったかわからない。
 二日目、別所温泉の名刹北向観音に向かう途中わが友は行方不明になった。仕方なく一人で観音様を拝んで階段を降りると携帯電話が鳴った。「観音に行く途中の川沿いにある大師の湯にはっている」と言うのだ。やれやれ、仕方なく慈覚大師ゆかりの湯「大師湯(だいしゆ)」に向かった。入浴料150円の素朴な温泉だ。彼は勝手に予定を変更して、観音様に行く途中に見つけた温泉に入ったのだ。温泉は数人入ればいっぱいと言う感じで、シャワーなどない。昔の東京の銭湯みたいにお湯と水の蛇口があって、そこに洗面器を置いて使用する。やっと温泉を出て、どこか飲み物の店を探すと川沿いに甘酒などを飲ます茶店があった。そこに入って甘酒を所望したが、これが美味しかった。わが親友もやって来て休息。今度は北向観音に参ると言い出した。だが、歩けないからタクシーを呼んでもらう。ここもまた紅葉が最高だった。
 三日目は長野から松本まで行き一泊。午後に着いて温泉好きの二人は、有名な浅間温泉に入るためにバスに乗った。松本郊外の浅間温泉は開湯は約1000年前。江戸時代の慶長年間に松本藩主の保養を兼ねた下屋敷として使用されたという古い歴史の温泉だ。親友Tは相当にくたびれたようだった。四日目は早朝に名古屋経由で岡山に帰った。今日手紙が来た。
「86歳を越え、これが最後と思って信州へ行ったが、やはり相当疲れた。足は腫れるし、腰は痛くて二日間は寝てばかり。腰痛止めの注射をしてもらい、なんとか歩けるようになった。今日13日は心臓脇にある動脈瘤の検査、少し大きくなっているが手術の必要なしとのこと」。持病が悪化しなくてよかった。お互い年を取っての旅行はほとほと疲れる。だが今回は晴天に恵まれて、三つの温泉を楽しめたことで良しとしよう。
来て見れば紅葉黄葉の善光寺 冬紅葉やはり一人の旅がいい 漫歩

     (写真 善光寺と別所温泉の紅葉)

      a

日光の日帰り禁煙温泉26歳女性

日光の日帰り禁煙温泉26歳女性 16・11・14
 禁煙運動家の渡辺文学さんからメールあり。会津田島からの帰途、日光に禁煙温泉を発見した由。以下はメールの要旨。「先週、南会津町の帰路、東京新聞に紹介された「男鹿の湯」に行ってきました。湯船が一つ、というのが少し物足りませんが、とても良い温泉で、8日の午後3時過ぎでしたが、男湯も女湯も「貸し切り」で、ゆっくり入ってきました。新聞に写真が載っている水品沙紀さん、とても感じの良い女性で、また、ロビーと休憩室も「全面禁煙」で、話が弾みました。お送りした「写真」は、帰りがけに「禁煙のお店を応援しています」というメッセージカードを、何枚か渡したところ、さっそく胸の前に掲げてくれました。すぐ反応してくれたので、とても嬉しかったですねぇ」。一度行ってみたい温泉である。
 以下は添付されていた東京新聞の要旨である。
ー経営不振で一時体業に陥った栃本県日光市の日帰り温泉施設がりリニューアルされ、 一人の女 性が経営に奮闘している。千葉県佐倉市出身の水品沙紀さん。国内外で約千力所の温泉を訪れた経験と豊富な知識を買われ、地元自治会から再建を託された。人口わずか約百七十人の山あいの集落に移り住み、地域にも溶け込んだ生活を送る。(中川耕平)
 「いらつしゃいませ。お湯加減はいかがですか」福島県境に近い日光市北部の「中三依温泉 男鹿の湯」。エプロン姿の明るい声が、湯気が漂う浴場に響く。水品沙紀さん( 26)。「いいお揚だよ」。男性客が気持ち良さそうな表情で応じた。「湯に全身を預て元気をもらえる」と、水品さんは温泉の魅力を語る。原点は、十歳のころに家族で行った長野県の野沢温泉。地元の人たちが共同浴場でくつろぐ姿が印象に残った「大学生になると本格的に温泉巡りを始め、国内に飽き足らず、シンガポールやバリ島にも足を運んだ。
 男鹿の湯を知ったのは、埼玉県の温泉施設運営会社で働いていた昨年八月。客が減って〇一四年七月から体業していた男鹿の湯の新しい経営者を自治会が募集していると聞いた。「二十六歳までに自分の温泉を持ちたい」と描いていた夢を実現させるため、思い切って手を挙げた。開業までの道のりは困難の連続だった。ボイラー室は昨年九月の関東東北水害で土砂に埋まり、壁紙には所々にかびが生えていた。自己資金だけでは足りず、インターネツトを通じて出資も募った。今年三月に移り住み、開業に必要な許可申請や業者との契約手続きも一人で奔走した。
 1992年開業の男鹿の湯は、当初、地元自治会が運営していた。自治会の前会長、高橋明彦さんは「豊富な温泉の知識があり、水品さんなら大丈夫」と期待を込めて一任している。従業員は、水品さんを含めて三人。接客や清掃、ホームページの更新と目まぐるしく一日を過ごし、気づけば日付が変わっていることもある。里山で採れた山菜や手打ちそばを差し入れてくれる住民もいる。」一つ一つの出来事を大切にし、地元の人と一緒になって中三依に人を呼び込んでいきたい。若き経営者はそう意気込む。温泉は水曜日は休み。問い合わせは、男鹿の湯―電話0288(79)0262へ。ー

      (写真 禁煙温泉の水品さんと文学さん)

       a

        

ユニヴェさんと会津からのコメント 

ユニヴェさんと会津からのコメント 15・5月16日
 ブログ「老人をゆく」2010年開設以来、アクセス数は3万数千件。少数だがときにコメントを頂く。多くはメールをやっている中高年の方からコメントだ。ときには未知の方から寄せられることがある。先日はユニヴェさんなる方から、以下のようなコメントを頂いた。
 ―タイトル:初コメ失礼します♪最近…踏んだり蹴ったりの日々を過ごしてる私です…(汗) ボキャブラリーなくて申し訳ないんですけど 徘徊老人さんのブログ良いですよね。 読ませてもらって肩の力が少し抜けた気がします(*´∀`) だからもっとお話させてもらえたらなって(=^_^=) そしたら心の奥で凝り固まったものが解れる気がして! 徘徊老人さんに私の悩みを少しでも聞いてもらえたらすごくありがたいです。ちょっとした感想でも大丈夫ですから♪ このままコメントで相談というのもあれなので直接お話しさせて欲しいです。嫌だったり迷惑ならこのコメントは消してしまってください。―
早速、同じ日のコメント欄に投稿して、徘徊のメール番号をお知らせしたが連絡が来ない。今日も同様のコメントが寄せられたので、コメント欄に連絡先を書いておいた。
 会津の友人から、先号の『明治維新という過ち』に関して、メールでのコメントをもらった。―『明治維新という過ち』、以前私が読んだ本は同じ本ですが、会津版です。出版社も歴史春秋社という歴史出版社です。本当に刺激的な本でした。都会でも評判になっているのですね。いまNHKの大河ドラマで松陰をやっているようですが、視聴率が悪いようですね。会津人は長州のドラマは見ません。昔から松陰という人は何をした人かと思っていました。「松陰一派はただの暴走族」に胸がすっとしました。-
◆伊賀上野から伊勢松坂への鈍行列車小旅行
 14日から15日まで一泊二日の伊賀と伊勢への旅をした。伊勢松坂で昔の仲間との会合があり、そのついでに友人二人を伊賀上野の案内したわけだ。お二人は前日の13日に松坂まで行き、私は13日の早朝、新幹線で名古屋経由で伊賀上野に向かった。名古屋で乗り換えると、JR関西線で亀山まで行く。そこから乗り換えてJR伊賀鉄道で伊賀上野まで行き、2人の友人と合流した。亀山からは全くの鈍行単線で一両のみ。私の好きなのは鈍行の最前列に立って、前に移り変わる緑あふれる景色を楽しむことだ。「夏草や兵どもが夢の跡」などと芭蕉の句を思い出す。
 伊賀市駅で友人と合流。地元の知り合いのご厚意で、車で荒木又右エ門の墓碑と、郊外にある「木の館豊壽庵」を案内して頂いた。これは後日紹介したいが、ある材木会社の社長が生涯を賭けて築き上げた建物。園内には巨大な杉ヒノキなどの木材を陳列し、かつ後ろの山を公園として開放している。午後は市内の芭蕉ゆかりの「蓑虫庵」と藤堂高虎が築いた名城の石垣を案内した。その夜は伊勢松坂まで、又も鈍行で移動。ローカル色豊かで麦秋の田圃なども楽しんだが、一日大半を列車で移動した感あり。82歳の老人には強行軍だったと反省した。
 麦秋といふ幸ありて伊賀の里 漫歩

      (写真 木の館豊寿庵の全景)

        a

信濃路紅葉と温泉の旅②

紅葉の信濃路と温泉②田沢温泉有乳湯(うちゆ) 11月22日
 11月19日、この日はS君の車で9時過ぎに松本に向け出発した。松本市内の93歳のペンフレンドのÝ子姐さんに電話して、12時半過ぎに松本市のがらくた座でÝ子さんに会った。それから松本を出て、ビーナスラインに入り、標高2000メートルの美ケ原高原を目指した。あちこちに雪が残り、11月25日からは危険なため、道路を閉鎖すると公示してあった。
 標高2千メートルの美ケ原高原から、眼下に上田市内を中心に塩田平がひろがり、遥か彼方には浅間山が雪を被って煙を上げている。まさに絶景かな。一気に松本市内に降り、市街地を越えてまた山を上がって行く。着いたところが標高700㍍にある青木村・田沢温泉富士やホテルだった。この田沢温泉は日本秘湯の会のメンバーであり温泉愛好者にひろく知られているそうだ。
 当日は夕方4時半頃、田沢温泉の宿「富士屋ホテル」に到着した。徘徊にとっては珍しい車での大長征だ。いささか疲れてホテルのかけ流し温泉に入った。ここも昨日の七味温泉よりさらにお湯の温度がよろしい。S君は例によって露天風呂に入ったが、徘徊は慎重を期して内湯でゆっくり体を温めた。夕食は和食でけっこう品数が多い。いつもは朝昼兼用の食事と夕方の玄米雑炊で過ごしているのに、昨夜からは三食食べている。やはり車に乗ったり、温泉に入ることで自然に体が求めるのだろう。午後9時くらいには寝て、朝は午前6時過ぎに起床。
 S君から「公衆浴場に行ってみましょう」と誘われた。朝の寒さは厳しい。厚着をして手ぬぐいを持参して出かけた。温泉の階段下には「足湯」がある。その傍らに滔々と太いパイプから温泉が流れ出している。公衆浴場の正式名称は「有乳湯」(うちゆ)。言い伝えによると、田沢温泉は、鬼女がここのお湯で懐妊し、坂田金時(金太郎のモデル)を産んだたという伝説がある。この湯は子宝を授かり、乳の出が良くなる温泉だとして、子持ち湯、有乳湯の呼び名がある。
 風呂場の入口で入湯料200円を払って湯に入った。まず掛け湯が適当な温度で心地よい。温泉に入ると温度が徘徊の好みにぴったり。これは全国の温泉に入って感じることだが、自分に合った適温の温泉は中々見つけがたい。熱すぎるのはダメ。あまり温くても困る。体感で心地よいと感じるのがまず第一だ。有乳湯はまさに自分の感覚にピタリの温度。さらにその湯量、まさに滔々と溢れ出ている。これだけの湯の量はめったに見当たらない。
 早朝から入っている方の話を聞いた。上田市内からもう10年毎日通っているそうだ。「5年前に腰を痛めて難渋したが、ここに通って完全に治った。医師や薬に頼るより、この200円のかけ流し温泉の方が効き目がある」。徘徊は2005年の11月、四国遍路の途中、土佐清水市で石に飛び降りて右腰を痛めた。以後、二回連続して同じ場所を痛めた。今でも腰痛は去らないが、我慢して毎日歩いている。不思議なことに「有乳湯」に入って帰京して以後、腰の痛みが軽くなった。紅葉と秘湯の旅で腰痛に効く温泉を発見した。若い友人夫妻の招待に感謝、感謝である。(田沢温泉 有乳湯(うちゆ)電話 0268-49-0052 長野県小県郡青木村大字田沢111) 営業時間 6:00~21:30 年中無休 交通 東 京から長野新幹線上田下車(約1時間30分)
 木枯しや有乳湯溢るる幸ありて 漫歩
     (写真 田沢温泉有乳湯)

      a

ようこそ!「老人はゆく」へ
「老人はゆく」へようこそ

徘徊老人

Author:徘徊老人
80歳の徘徊老人です。
趣味、杖を引いて歩くこと、
お四国歩き遍路、ごみひろい
路上公園などの観察、
キョロキョロ歩き
読書、眠り薬になること多し

最新記事
リンク
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR