今日の日記

泉清と江田三郎 菅直人の因縁 8月31 日
 8月20日はは畏友今泉清さんの命日だつた。今泉清こと今ちゃんは10年前のこの日、交通事故で急死した。享年65歳。お御盆前に浅草実相寺にあるお墓に参り、六文銭というお好み焼屋で友人数人と思い出話をした。愉快な友人はなぜか次々に世を去っていく。菅直人の惨めな退陣のさまを、泉下の今ちゃんは悲しんでいるだろうと思う。
◆司馬遼太郎の助言を求めた今泉清
 古い話になるが、江田三郎が、1977年の春に社会党を離党して、社会市民連合を結成して、新たな政治運動に打ってでたとき、最大の目玉は、菅直人グループとの提携だった。菅はしきりに市川房枝との関係は強調するが、江田三郎との関係は黙して語らない。しかし菅の政界入りは、当時の人ならだれでも知っている。江田三郎および、江田五月親子との関係によって、いやそれを利用したことで今日の菅直人はある。
 そのきっかけは今ちゃんと司馬遼太郎さんとの出会いにあった。もともと江田さんは司馬ファンで、『竜馬が行く』などは自分で全巻買い込んで、書記局の連中にも推奨して読ませた。わたしなどもそれがきっかけで司馬遼太郎という作家を知った。今ちゃんは、それにとどまらず司馬ファンとなって、読みまくった。労働運動から「下町タイムス」主宰者として活動していた彼は、江田離党のときには、さまざまなアイディアで江田さんを助けた。新しがりの江田さんは、酒好きでアイディア抜群の今ちゃんの性格を愛していた。
 今ちゃんは思い立って司馬さんに直接電話して「江田離党のことで助言を仰ぎたい」といったそうだ。どこの馬の骨ともわからぬ一ファンを電話一本で「会いましょう」と快く大阪に招いた司馬さんも大した人だ。そのとき司馬さんはこういった。
 「今泉さん、あなた方はともかく世間では江田さんは老兵です。今回の決起を成功させるためには、自分の息子が孫のような世代と組まなければ駄目です」。司馬さんからもらった沢山の著書を抱えて、今ちゃんが汗をふきふき私の事務所にけ込んできた。今ちゃんの凄いところは、司馬さんの助言を伝えると同時に、ひとつの代案を持ってきたことだ。それは「東京7区に、市川房江選挙の勝手連的事務局をやった28歳の菅直人を中心にした市民グループがある。菅は衆議院選挙で敗退しているが、このグループと組もう」というのだ。ただちに江田さんに会って、司馬さんの助言と菅グループとの接点を求めるべきという話をした。司馬さんを尊敬する江田さんは即座にその気になってきた。ところが難題が待ち構えていた。
◆内定していた地方区候補者を差し替えて菅に
 このとき江田さんは、加藤宣幸さんなどの尽力で、東京の生活クラブ生協の岩根邦雄理事長に会い、次の参院選東京地方区に、岩根夫人で世田谷区議の岩根志津子氏を候補者として出馬を要請し、快諾を受けていた。すでに社市連は大柴滋夫選対委員長の下に、公認を内定し、ポスターまで準備していた。
 大騒ぎとなり「今泉、仲井らは勝手な真似をして許せない」という轟々たる非難にさらされた。しかし江田さんが岩根理事長に、頭を下げて謝り、菅グループとの提携に踏み切ることになった。岩根さんや生活クラブ生協も立派だった。その後は江田さんの選挙態勢に全面的に協力してくれた。
 江田さんの急死によって、江田三郎、菅直人の提携は、江田五月、菅直人というフレッシュなコンビとなって実をむすんだ。菅グループにも当時は優秀な若者がいた。菅の元選対事務長だったが、いまはホームレスで最近話題になった田上さんなど、今ちゃんと波長の合う優秀なブレーンがいたことも幸いした。
 あれから34年。江田さんは急死、司馬さん(1996年)、今ちゃん(2001年)ともにも、あっという間の急死だった。司馬さんの助言と今ちゃんの卓抜なアイディア、江田さんの新しがりが、今日の菅直人の存在につながった。選挙公約のマニフェスストっをすべて反故にし、参院選、地方選と二つの選挙で惨敗、原発事故の対応の過ちなど、民主党を完全に崩壊させた責任は重い。支持率10%代という最低の民主党政権の首相として終った。泉下の江田と今ちゃんは何を思うや。「辞めたくない」と最後まで悪あがきをしたが、今泉清の命日の8月に終わりを迎えたのも何かの因縁だろう。今泉夫人のHさんによると生前の今ちゃんは「菅という男はせいぜい事務局長、あれは首相をやれる玉ではない」と言っていたそうだ。
 カダフィとカンとが去りて秋涼し 漫歩
(写真 ミンミン蝉「アラ古希日記」より)
      a

  /span>
スポンサーサイト
ようこそ!「老人はゆく」へ
「老人はゆく」へようこそ

徘徊老人

Author:徘徊老人
80歳の徘徊老人です。
趣味、杖を引いて歩くこと、
お四国歩き遍路、ごみひろい
路上公園などの観察、
キョロキョロ歩き
読書、眠り薬になること多し

最新記事
リンク
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR