今日の日記

三月の呆け進行度、預金通帳紛失 3月31日
 先日、今月は大したもの忘れや、カギのかけ忘れはなかった。そろそろ呆けの進行は止まったかなと、にんまりした途端、預金通帳を記帳してからどこかへ無くしたことに気付いた。記帳したのは三月中旬と覚えているのに、どこにも見当たらない。
◆カード社会に振り回される
 一週間ほどして、銀行へ行った。つい三か月前に紛失したが出てきたと申告して使えるようにしたばかりだった。あわてても仕方がないが、ともかく万一のことも考えて銀行に紛失届を出した。銀行のカードを持っているから日常生活に支障はない。もっともこのカードというやつが曲者だ。
 銀行や郵貯のカード、それにVISAカード、ジパング用の大人の休日クラブ、図書館用のカードが数枚、それに病院、クリニックのカードなどは財布に入りきれない。やむなく緊急用の病院のカード二枚に内科、歯科、眼科など比較的頻度の多いカードだけを財布に入れている。どこに行っても買い物をしてもカード割引なるものを示してカードを作るよう勧めるからかなわない。すべて断ってはいるが、それでも多すぎる。
 一時はこの財布を部屋のトイレに忘れていたのに落としたと思い込んで大騒ぎしたこともある。でも最近は、おおむね物忘れも思い込みの錯覚もなくなってはいないが、大きな事故、事件にはならず、小康状態を保っている。
◆携帯電話のばかにならない支出
 最近、ともかくパソコンからメール、携帯電話、メール、それに最近では写メールと言って、写真も撮って自分のパソコンに送ったり友人の近況報告にも使える。確かに便利だが、ソフトバンクの販売所は、携帯を売りつけた後から、携帯での写真をパソコンに送信すると200円はかかると言われて仰天した。
 そういうことをソフトバンクは売るときには言わない。今は無料という甘言に釣られるてしまった後に、金がかかる、というのが孫正義の商法だ。しかも文句を言ったり、内容を電話で聞くと責任ある返答をする総務部もなく、電話番号もない。ともかく売る時だけは無料でも、アフターサービスに関しては無責任極まる。
 いまにして思えば、かつてはパソコンもメールも持たない。携帯も銀行カードも無縁だという、同世代の友人たちを時代錯誤だと思っていたが、何もかも持ってしまったが故に、バカバカしい金をとられている、徘徊老人のほうがどうかしている。時代錯誤の方々を尊敬する気持ちになっている。
  忘れたることさへ忘れ春翳む 漫歩

     (写真 オオカンザクラ)
       
       a

スポンサーサイト
ようこそ!「老人はゆく」へ
「老人はゆく」へようこそ

徘徊老人

Author:徘徊老人
80歳の徘徊老人です。
趣味、杖を引いて歩くこと、
お四国歩き遍路、ごみひろい
路上公園などの観察、
キョロキョロ歩き
読書、眠り薬になること多し

最新記事
リンク
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR