呆けては居れない消費税値上げ

呆けては居れない消費税値上げ 3月30日
 世は春だ。九段坂の老木の桜が昨日からほぼ満開になった。北の丸公園では真っ先に咲くしだれ桜が満開になった。カメラマンの姿が急に増えた。今朝は、久しぶりに春雨のなかを友人と、青山墓地の桜を見に行った。公園は人だかりだが、ここは毎年人が少ないのでゆっくり花見ができる穴場だ。小雨の中、ほとんど人が居ない花のトンネルを歩いた。雪柳、ハナモモ、シャガ、すみれなど一斉に咲いていた。
◆4月1日からの消費税3%値上げに対する防衛策
 友人のhiranoさんから、以下のメールが来た。「来月から消費税が8%になるが、この際、生活費の防衛策として新聞(朝日、毎日、読売、産経、日経)の定期購読を止めてはどうだろうか?「財政再建は待ったなし」「税と社会保障の一体改革」「子供(略)増税を煽ったメディアへの倍返しに…」。民主党政権は愚かにも、読売を先頭とする「消費税値上げで決める政治を」と太鼓をたたかれて「政権4年間は値上げしない」という約束をひっくり返し、消費税値上げに踏み切り、菅、野田両政権は参院選敗北。衆院選敗北で消滅した。
 もはや頼るべき野党は不在だから、老人たちは自ら生活防衛に起ちあがるしかない。徘徊老人の生活防衛策は、第1に、書籍、新聞、週刊誌は一切買わない。図書館や昭和記念館など直近の場所を利用して読み、必要なものはコピーを取る。コピー代もバカにならないが、近年、5円コピーというのが九段図書館近くのコンビニに出現した。借り出した本の必要な部分はここでコピーすれば図書館の半値で済む。
 2番目には、食費の高騰対策だ。政府は物価指数1%台に上昇なんて気楽なデータでごまかしているが、街の中ではひそかに便乗値上げが始まっている。例えば一丁160円だった豆腐がいつの間にか170円に上がっている。わが食費高騰対策は、まず外食はしない。友人などと会食する場合を除いてすべて自分で作って食べる。朝のヨーグルト丼はバナナ、リンゴ、キュウィ、トマトなどを必需品とするから、あちこち歩いて安くて新鮮なものを捜さなければならない。これはその日の徘徊歩きで偶然に、ここのトマトは安く新鮮だとか、ここのイチゴは小ぶりで安いが新鮮とか、50円、100円でも安いのを発見する。
 要するに穴場を見つけるのだ。「徘徊も歩けば棒にあたる」で偶然いい品物を発見する。そういう店を何軒か見つけておけば不自由しない。近くのコンビニ「ローソン」で値上げのやり方について聞いた。店員曰く「1日からはちゃんと計算して3%分だけ消費税を上乗せします」という。ただし食品会社も、値段を据え置いて、中身を減量してくるところもあり一様ではないそうだ。
 3番目に、交通費はどうか。営団地下鉄の窓口に聞いた。曰く「初乗り料金は切符を買う場合は10円上乗せ、したがって現行の160円が170円になる。ただしパスモなどを利用されると165円と5円値上げです」。これは他の地下鉄、あるいは会社線もほぼ同じらしい。
 JRも調べてみると同様だ。今後は遠距離の旅行は控えざるを得ない。好きな各駅停車とか快速を利用して、近場の列車旅行に切り替えよう。もう何年も前から実行している、地下鉄に乗らないで買い物に行く、図書館に行くというやり方をさらに徹底しようと決意した。往復340円区間は地下鉄に乗らないで歩く。これが期せずして足腰の鍛錬につながり、薬不用の人生につながると思う。
 人の居ない花のトンネル二人ゆく 花万朶無縁の墓碑のなほ哀れ 漫歩
     (写真 満開のしだれ桜 北の丸公園)

       a


      
スポンサーサイト
ようこそ!「老人はゆく」へ
「老人はゆく」へようこそ

徘徊老人

Author:徘徊老人
80歳の徘徊老人です。
趣味、杖を引いて歩くこと、
お四国歩き遍路、ごみひろい
路上公園などの観察、
キョロキョロ歩き
読書、眠り薬になること多し

最新記事
リンク
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR