80代の風景 呆け進行度

80代の風景 呆け進行度 15・12月30日
 今年を振り返ると、ますます呆け物忘れの進行にふりまわされた一年だった。何しろ朝起きてから寝るまで部屋の中で物が無くなり探し回る一日が多い。およそ忘れたころに部屋の中に転がっていたり、机の下に落としていたりするのだが、必要な時に、必要なものがないということは困る。物忘れは昔からあったが80代と言うのは、なおさら顕著にそれが進むという年代なのだ。一言で言えば、体力の衰えとか、気力の萎えやすいとかをふくめて呆け物忘れは70代とは異なる。それは「80代の風景」とでも名付けたくなる日常茶飯事となってしまった。
 

続きを読む

スポンサーサイト
ようこそ!「老人はゆく」へ
「老人はゆく」へようこそ

徘徊老人

Author:徘徊老人
80歳の徘徊老人です。
趣味、杖を引いて歩くこと、
お四国歩き遍路、ごみひろい
路上公園などの観察、
キョロキョロ歩き
読書、眠り薬になること多し

最新記事
リンク
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR