北朝鮮ミサイル発射でラジオ体操中止

北朝鮮ミサイル発射でラジオ体操中止 017・5・29
 政府は、今日の午前5時40分ごろ、北朝鮮東岸より弾道ミサイルが発射され、本土から300キロの日本海の我が国の排他的経済水域内に落下したと見られると発表した。にもかかわらず、例によって大げさに北朝鮮の脅威を重大ニュースとして取り上げるマスコミのバカバカしさにあきれ返る。とくに腹立たしいのはNHKのバカ騒ぎだ。今朝北の丸公園にいつものように出かけた。30分くらい前に着いて、いつものように池に架かる真鍮の手摺りに寄りかかって自己流の体操。その後6時半にラジオ体操が始まる。ところが、いつものラジオ体操の音楽が流れてこない。そして「北朝鮮のミサイルが発射されたのでラジオ体操の放送を中止する」と発表したらしい。好天気に誘われてラジオ体操に参加した人々は、ぶつぶつ言いながら解散した。なんという事大主義だろう。とっくに北朝鮮のミサイルは遥か日本海の300キロ海上に落下したというのに、日本全国で北は北海道から南は沖縄まで、ラジオ体操を楽しみに加している公称一千万の人々をがっかりさせるバカ騒ぎだ。
 徘徊老人は、とっくの昔からNHKテレビは見ていない。特に昨今は、民放並みのやれオリンピックだ、やれサッカーだ、ラグビーだと大騒ぎしている。広告収入で食っている民放なら仕方ないが、天下のNHKが、民放並みになってしまったのはいただけない。ましてやちゃんと高い受信料を払っている方々に対する背信行為ではないか。徘徊の友人の女性で,NHKテレビを見ている人に言わせると、再放送が多く、芸人を使ったおふざけ番組、食べ物番組が多すぎる。要するにまともな番組が少なくなったというのだ。
 北朝鮮のミサイル発射に大騒ぎしている西側の大国に共通しているのは、アメリカに敵対する核実験はけしからんが、西側にくみする国には核実験を認めるというバカバカしい二重基準が恥も外聞もなく横行していることだ。まず第一はアメリカ、ロシア、中国、フランス、イギリスの第二次世界大戦の勝者は核兵器を持とうが実験使用が文句をいわない。戦後70余年経てもなおかつ、5大国は核兵器を独占しているのだ。しかもインド、パキスタンのように、核実験の後に核兵器を保有した国はアメリカに忠誠を誓うから核を容認している。また核兵器を持っていると見られるイスラエルにも止めろと言わない。
 「俺たちも核兵器を放棄するからお前も止めろ」というなら筋道が通る。しかし自分たちは世界を何回でも破滅させる核兵器を保有しながら「北の核実験は脅威だ」と言って抑圧するのは、どう考えても腑に落ちない。その点だけは自主防衛論者の田母神元航空幕僚長の見解は筋が通っている。彼は言う。「世界中どこでもミサイル発射実験はやっている。ただ北朝鮮がやると、アメリカは日本に武器を高く売れるから騒ぐ。日本はアメリカの武器を買うために世論に北の脅威を大騒ぎして見せる。中国は俺たちが居なければ北を抑えられないと騒ぐ。バカバカしい限りだ」北朝鮮のミサイル騒ぎに関しては、私はこの田母神元航空幕僚長の意見に賛成する。
スポンサーサイト
ようこそ!「老人はゆく」へ
「老人はゆく」へようこそ

徘徊老人

Author:徘徊老人
80歳の徘徊老人です。
趣味、杖を引いて歩くこと、
お四国歩き遍路、ごみひろい
路上公園などの観察、
キョロキョロ歩き
読書、眠り薬になること多し

最新記事
リンク
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR