FC2ブログ

86歳の呆け物忘れ進行に呆れる 19・5・23

86歳の呆け物忘れ進行に呆れる 19・5・23
 この数日間は自分自身の物忘れ呆けぶりに翻弄された。まず始まりは銀行暗証番号の忘れに始る。毎月後半は家賃だとか公共料金とか支払いをしなければならぬ。初めから銀行で振り落としにしておけばよいのだが、毎月自分で忘れないように支払うという行為がボケ防止につながると思つたからだ。九段北のマンションに入ってから33年になるが、なんとか続いてきた。
 ところが暗証番号を二度ばかり間違えると、三回目に正しい番号を入れたとしても、すでに二回間違ったことで、お金が下せなくなるのだ。やむなく近くの銀行まで行かなければ月末の支払いが出来なくなった。神保町近くの銀行に辿りついて、暗証番号を間違えたことで、カードが使えないと再交付の要請をした。ところが必要なものは、銀行の印鑑、写真入りの証明書,徘徊老人の場合はパスポートしかないが、それが必要ということだ。それにしても印鑑を使って引き出した記憶がないので印鑑の所在が思い出せない。というわけでその日はおわった。
 帰宅してみると、玄関のドアが開いていた。確かにきちんと施錠して出たはずなのにおかしい。そして、もう一つの郵便貯金通帳が何時も入れているところにない。急に不安になってきた。いくら心当たりを捜してもない。これは郵便貯金通帳を盗まれたと思い込んでしまった。印鑑は別の場所においてあったが、ともかく届けなければならない。郵便貯金の担当は夜でもつながっていた。そこで、通帳を盗まれたと言って、通帳をクローズしてもらった。ところがこれも錯覚だった。机の引き出しを開けるとちゃんと通帳があった。
 翌日は大雨の日だったが、も一度、印鑑、通帳、カードに身分を証明するパスポートを持参して新しいカード発行の手続きをやった。雨と風に下半身ずぶぬれになってしまった。まあこれも身から出た錆だと思うしかない。やっと銀行口座の方は新しいカード発給まで一種間くらいはかかるというが一件落着となつた。翌日郵便局に行って通帳が見つかった旨を話しした。ところがクローズを解除するには、通帳と印鑑と身分証明書がいるそうだ。やれやれ又出直しだ。
 呆け物忘れはまだ続く。毎月の家賃も銀行振り込みでやっているが、不動産会社から電話が在った。まだ四月の家賃が収められていないと言う。あわてて通帳を調べると支払っていない。もうボツボツ月末になろうというのに、四月の家賃払い込みを失念していたのだ。すぐさま送金手続きをしたが、今後は銀行の自動振り込みに替えるしかないと思った。余りにも勘違いが多すぎるからだ。
 足腰衰え、記憶力低下、失念多々。全国各地の砂川安保世代の訃報、入院などが相次いでいる。まあ、呆け物忘れはひど過ぎるが、一日二食の玄米雑炊と、酢卵ヨーグルト丼は、何とか自分で買い物をして作って食べられる。70代半ばまでは、何で老人はあんなに足が遅いのかと、不審に思っていたものだ。いまや街を歩く誰よりもゆっくり一歩、一歩を歩いている徘徊老人だ。忘れ去るということも案外悪くないなと思ったりしている。
 忘れると いうことの幸 山法師 漫歩
スポンサーサイト



ようこそ!「老人はゆく」へ
「老人はゆく」へようこそ

徘徊老人

Author:徘徊老人
88歳の徘徊老人です。
趣味、杖を引いて歩くこと、
お四国歩き遍路、ごみひろい
路上公園などの観察、
キョロキョロ歩き
読書、眠り薬になること多し

最新記事
リンク
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR