FC2ブログ

網走のご隠居より零下12度の便り 12・12・9

網走のご隠居より零下12度の便り 12・12・9
 先日、網走のご隠居よりハガキ二枚の近況報告。ご隠居とは1972年からの郵便友達だ。数えてみれば半世紀近くなる。日本郵便への貢献大である。ご隠居は元高校教員で現在88歳。60歳にして釧路で定年退職後、網走郡津別町に500坪の山林を買って山荘を作った。以来30年近く独居生活を続けている。生涯妻を娶らず孤高の人である。
―11月29日、マイナス12度、30日はマイナス10度。ドアの内側の鍵が透明に凍っています。マイナス20度を超えると白い結晶となります。高い屋根の雪おろしは命がけです。毎朝、川が岸から凍って行きます。年老いるにって従って料理の腕が上がります。「旨いなあ」と自画自賛。しばしば「ちょっと一杯」これがよろしくない。月のうち半分、15日は禁酒の暮らしを実践しています。吾ら、もうあの世は近い。欲はもうなし、心を通わせるだけ。私が人と話しをするのは月に一度、床屋の娘とだけ。これが無上の喜びなれど、他の人と常時、お話をしたいとは思いません。天涯独りが合っているのでせうー。
◆愚劣なオリンピックに愛想がつきた 森喜朗、小池都知事の愚劣さ
 さらにハガキは続く。オリンピック誘致から私は東京オリンピック反対だったが、当初ご隠居は賛成だったらしい。しかし今回のハガキでは以下のように反対に転じた様子が書かれていた。
-仲井老は当初からオリンピック反対。私は自己主張が少ないから「やりたければやればいい」態度でしたが、今度のオリンピックマラソンの競歩での、10cバツハ・ロープの白人独特の傲慢、独善。その下でのへなへなの森喜朗、形だけ選挙目当ての抵抗を見せる小池東京都知事。オリンピック後の特別マラソンといふ、何の意味もない
ものを「真摯なバッハ会長の好意を頂きまして」と小池のバカ。完全にオリンピック憎悪となりました。親友のM君より電話あり。余命二ヶ月との宣告を受けたとのこと。「余命二ヶ月との電話有りて木枯」と一句。12月3日 
 
スポンサーサイト



ようこそ!「老人はゆく」へ
「老人はゆく」へようこそ

徘徊老人

Author:徘徊老人
88歳の徘徊老人です。
趣味、杖を引いて歩くこと、
お四国歩き遍路、ごみひろい
路上公園などの観察、
キョロキョロ歩き
読書、眠り薬になること多し

最新記事
リンク
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR