4月の風鈴会定例句会 17.4

漫歩俳句遊び 4月定例句会 17・4・23
 4月の風鈴会定例句会は、4月7日だった。当日の兼題 長閑、椿 席題 紫、さへずり。漫歩提出句は以下の7句だった。
  清楚とはかくの如きか利休梅 ◎
  花よりも花撮る人の面白き ▽ 
  紫木蓮女王の如く街に咲く ▽
  地に落ちて五辨の椿なほ燃ゆる ▽
  恋ごころ秘すれば一花寒椿 ◎▽
  花咲けど長閑さ遠き被災の地
  猫も人も居眠り長閑春の園 ▽
 先生の選句では「清楚とはかくの如きか・・・」と「恋心秘すれば花の・・・」の2句が特選句に選ばれた。ただし「恋心」の句は、当初は「恋ごころ秘すれば花の寒椿」だったが「恋ごころ秘すれば一花寒椿」と添削された。また句友からは 花よりも、此木蓮、地に落ちて、恋ごころ、猫も人も、の5句が選ばれた。
 漫歩の選んだ7句は以下の通り。特選には「差へずりや礼儀正しき島の子ら」を推した。
  初恋は想ひちぐはぐレンゲ草
  襖絵の墨絵の椿あれは紅
  のどけしや皆寝そべりて牧の牛
  それぞれの旅立ち見てる春の月
  むらさきの祖母の袱紗やこぶし咲く
  主のなきお屋敷静か落椿
  さへずりや礼儀正しき島の子ら 特選 
 次回5月8日、月曜日 兼題 ちんどんや 春深し と決まった。
 四月号の『雛』では、漫歩の提出した句が風神子先生の選句で以下の3句が選ばれていた。また規子先生の選句では、以下の2句が選ばれた。漫歩は「自由とはかくの如きか・・・」と、「寒暁や声なく飛べり・・・」の2句が選ばれたことが嬉しかった。
 風神子選
  自由とはかくの如きか枯れけやき
  懐かしき人の夢見し老いの春
  ポケットのキイ冷え冷えと寒の入り
 規子選
  寒暁や声なく飛べり烏二羽
  手袋の握手なにかが欠けてゐる
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ようこそ!「老人はゆく」へ
「老人はゆく」へようこそ

徘徊老人

Author:徘徊老人
80歳の徘徊老人です。
趣味、杖を引いて歩くこと、
お四国歩き遍路、ごみひろい
路上公園などの観察、
キョロキョロ歩き
読書、眠り薬になること多し

最新記事
リンク
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR