洲崎美子さん96歳の死 延命拒否の遺書 17・5・5
 このブログでも何度か紹介した、松本市の郵便友達の洲崎美子さんが逝去された。大正9年(1920)3月17日生まれで、昨年12月13日没、享年96歳。初めてお会いしたのは2013年の5月、娘の木島知草さんが長年続けている人形劇の例会に参加した時だった。以来まる3年余手紙のやり取りをしていた。25歳でブーゲンビル島で飢え死にした叔父と同年代の人だった。筆字で時には水墨画を交えたお便りを楽しみに文通していた。人形劇で全国を歩いている娘の知草さんの留守を一人で守り、後顧の憂いなく活動をさせた。そして以下の遺書を千草さんの『風知草通信』で見せていただいた。
 洲崎美子のリビングウイル(遺書)
 私は現在95歳6ヶ月、長い人生を生きてきました。43歳で夫卓夫を亡くして中三の長男と小五の長女二人の子供をかかえて悲しむ暇もなく、如何に生きるか、それのみでした。でも二人の子供は立派な社会人として自分の生きたい道に生き、私も私なりに多くの方々の友愛と支援に包まれて私らしく仕事に喜びを見出して、72歳まで現役で働き、充実した人生を生きて参りました。今はとても倖せです。
 それ故に人生の最後は、いえ最後も自分らしく終りたいと思っています。誰にも御迷惑をかけず生命がつきるのを願っております。でも世の中そう思う様にはなりませんね。でも意思を失なっているとか、呼びかけても少し反応するだけの状態でしたら決して救急車を呼ばない事。既に病院にいるなら人工呼吸器をつけない事。但し苦しんでいる様でしたら痛みを柔らげるケアはしてください。延命のための治療は何もしない事。今私の命を少しでも延ばそうと力を尽くして下さっている方に感謝を致しますが恐れ入りますが、私の願い通りにして下さい。この事は二人の子供にも話して承知して了解を得ております。
 最後の今一度、延命治療はなさらないで下さい。私の最後のお願いです。どうかかなえて下さい。 平成二十七年 松本市井川域3町内7-6  洲脇美子
証人 木島千草 木島恭
 千草さんの『風知草通信』には以下のように書いてあった。
―島根の海の町から信州の山の街に住み(72歳から仕事をやめて24年間)96歳と9カ月生き抜いた母でした。死を意識して遺言書、日記もつけ続けていて、家族でよく看取りの話もしていました。私のとなりの長屋で元気な時は畑、花、お茶を点て、水墨画、老人大学、地域の老人会にも出ていき、愛犬と散歩したり、料理も好きで梅干、ぬか漬け、らっきょう、からし漬け、掃除、洗濯など、自立した老後の生活を楽しんでいました。新聞も隅々まで読み、政治や社会の話も意見交換しました。(中略)余命2カ月を宣告されてから、家で看取ってほしいという願いどおり・・苦しむこともなく私の胸の中で息を引き取りました-
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ようこそ!「老人はゆく」へ
「老人はゆく」へようこそ

徘徊老人

Author:徘徊老人
80歳の徘徊老人です。
趣味、杖を引いて歩くこと、
お四国歩き遍路、ごみひろい
路上公園などの観察、
キョロキョロ歩き
読書、眠り薬になること多し

最新記事
リンク
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR