北の友から 新幹線とオリンピックに怒る

北の友から 新幹線とオリンピックに怒る 17・5・17
 北海道旭川市に住む旧友Ⅿ君から手紙がきた。風の噂で亡くなったという話を聞いて便りを出した。さっそく返信があり、死んだというのは誤報だった。亡くなったのは札幌市に住む別の友人だった。ともに同年齢で二十歳代からの社会党青年部、社青同などで共に活動した親友である。以来数十年、だんだん年を取って八十歳を超えると、多くの知友が亡くなり、あるいは病に倒れる。それは致し方ないことだが、年賀状や手紙のやり取りがなくなるとその消息は噂でしか聞けなくなるのだ。以下はⅯ君からの便りである。
―このたびは、電話・はがきありがとう。これが友情だと感謝している。昨年は年末から弟が危篤状況で(1月5日死亡・肺癌72歳)年賀状も出せなかった。ごめんなさい。私より11歳年下(末っ子 札幌在住)で頼りにし誇りに思ってた弟でした。私が死んだというのは誤報です。私も、貴兄のはがきに書かれた(カタツムリ)のような状態ですが、なるべく外を歩くようこころがけています。しかし、大きな病気を二つ抱えてます。一つは「前立腺ガン」ですが、これは発見が早かった(昨年の夏)ので、他の器官に転移してなく現在は「ホルモン療法云月1回の皮下注射」をしてます。本当は、内視鏡での除去手術がベストなのだが、80歳を過ぎて手術はダメ、抗がん剤は副作用が必至で致命的。とのこと。もう一つは「心房細動」(不整脈)過度の運動と一人での旅行は禁止されている。
 この二つだけは厄介だが、ほかにあげれば、忘れっぽい、本を読むのも遅い、等々挙げれば限がない。そうそう、ワープロで私信を書くなんて失礼なんですが、右手が震えて文字が書けないのだ。「本態性振戦」という病気だそうだ。パーキンソン病でなくて助かった。この二つだけは厄介だが、ほかにあげれば、忘れっぽい、本を読むのも遅い、等々挙げれば限がない。私が頭に来ているのは、北海道新幹線と札幌冬季オリンピック。これは『地方創生」でなく「地方殺し」だ。J Rは「地方路線廃止」になりふりかまわずだー
 本態性振戦などという病気は初耳だが、パーキンソン病に似ているらしい。若いときは旭川に行くと車で道内の名所や、旭川の植物園などを案内してもらった。街の中に川が流れており、実に楽しく歩ける街でもある。M君の北海道新幹線は結局道内のJR路線の縮小につながり、札幌冬季五輪などは「地方殺し」という見解に同意する。福島の原発事故収拾を中途半端にして、東京オリンピック狂奔している現状と重なる。オリンピックに人とカネを動員して恥じない政治と経済への怒りは共通する。
徘徊老人も三月から急に心臓の具合が悪くなった。不整脈と診断された。ここ数年狭心症の症状もなく、玄米中心の一日二食という簡素な食生活が幸いして、まったく薬要らずの生活だった。近くの内科医院で、24時間心電図で検査したり、血圧降下剤を飲まされたりしたが、ようやく安定してきた。ひたすら歩き、食生活に気を付けている日々である。先に行った先輩友人を偲び、友よ我らもまた後を追うと日々祈っている。
  同病を相憐れみて春深し 母の日よ老いても若き母を恋 漫歩

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ようこそ!「老人はゆく」へ
「老人はゆく」へようこそ

徘徊老人

Author:徘徊老人
80歳の徘徊老人です。
趣味、杖を引いて歩くこと、
お四国歩き遍路、ごみひろい
路上公園などの観察、
キョロキョロ歩き
読書、眠り薬になること多し

最新記事
リンク
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR