FC2ブログ

万緑の季節と変わる公園

万緑の季節と変わる公園 17・6・3
 夏空が広がる。まだ梅雨には遠い北の丸公園は万緑の季節。夏が好きな徘徊老人は、みんな暑いというが、一番好きな季節だ。北の丸公園へ今朝も歩いて九段坂を上る。愕然とすることが起こった。昨日まで咲いていた牛が淵に面する九段坂から田安門への曲がり角に咲いていた立葵の花がなくなっていた。昨日までは曲がり角に白い立葵の花が二本咲いていた。そして、少し先の方に紅い立葵が一本咲いていた。この辺りは雑草を刈り取ってスッキリしたが、立葵だけは残してくれたのだ。ところが、その3本の立葵が消えていた。なぜだろう。環境庁に抗議しようと思ったが土曜日なのでやめた。四年前、九段坂を上がってラジオ体操に参加し出してからずっと見続けて楽しみだったのに・・・。
 青空が広がる公園は楽しい。朝早く30分くらい前に公園のひろばを歩いて、池に架かる橋の真鍮の手摺りにつかまって体操をする。これは、101歳まで現役のスキーヤーとして活躍した三浦敬三翁の生き方、食生活に学ぶ中で教えられた、朝の体操のやり方である。手足の屈伸、真鍮の橋に足を持ち上げて伸ばすのを、それぞれ50回。そして敬三翁直伝の、首を上下に伸ばすのを20回、左右に向くのを20回、さらに首回しを20回続ける。左肩は50代のころ、冬のゴルフで無理な空振りをして壊してしまった。肩が骨折したのを気づかなかっために変形してしまった。時々枕が合わないと激痛が起きる。これを防ぐためにも欠かせない首体操なのだ。それから林に入って、いつもぶら下がる木の枝につかまって数十回ぶら下がる。快い緑の風の中で、6時半からのラジオ体操が始まる。
◆参加者の老化と参加者数の激減 新しい参加者たち
 だが、体操参加者の顔触れも大きく変化した。昨年のこの頃は、朝の体操にはおよそ70名くらいは参加していた。しかし最近では、前年の半数位に減ってしまった。とくに長年体操参加者を見ている大野達磨さんに言わせると、神楽坂から来ていた10名くらいが亡くなったり病気になったりして激減したそうだ。私の知り合いでも、北の丸公園に誘ってくれた南光冶さんが亡くなった。78歳の若さで三月に突然死した。あの夜は彼も参加して、友人の文学さんの禁煙ジャーナルの事務所で句会をやる日だった。その後徘徊も体調を崩して不整脈が出てきた。最高血圧が190で最低血圧が90代という日もしばしばあった。みんな年を取ってきて大きく変化する時期に来たのだ。
 徘徊らが体操する場所には、新しい参加者が増えてきた。顔も名前も知らないが若夫婦の子供連れや犬連れの人達が新しく体操に参加し始めた。いつまで続くかわからないが、新しい参加者の増えたのは嬉しいことだ。その中に仔犬とヨチヨチ歩きの子供を連れた夫婦が参加し始めた。その子どもが仔犬に引っ張られて遊んでいる姿が実に面白い。それを骨董屋の山ちゃんが写真に撮った。それが以下の写真である。そして公園の端っこの橋の崎では、カイツブリの雛が今年は4羽生まれたと、写真家の福山さんから、たくさんの写真を送って頂いた。変るものと変わらぬ万緑の公園を歩みながら、今朝も、4月30日に91歳となられた松崎翁と間もなく卒寿を迎える池田先生の元気な姿が見えるのが、一番うれしいことだ。
 万緑や仔犬に引かれ子の笑ふ 漫歩

      (写真 仔犬に引かれる幼子)

       a
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ようこそ!「老人はゆく」へ
「老人はゆく」へようこそ

徘徊老人

Author:徘徊老人
80歳の徘徊老人です。
趣味、杖を引いて歩くこと、
お四国歩き遍路、ごみひろい
路上公園などの観察、
キョロキョロ歩き
読書、眠り薬になること多し

最新記事
リンク
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR