FC2ブログ

漫歩俳句遊び 風鈴会定例句会

漫歩俳句遊び 風鈴会定例句会 17・6・8
 風鈴会定例句会が6月3日にあった。つい先日、寒い寒いと思って居たのにあっという間に初夏である。ウロウロしている間に、まさに光陰はやの如く過ぎ去って行く。今回の句会の兼題は弁当・新茶、席題は青嵐・燕の子だった。
漫歩提出の7句は以下の通り。◎先生特選、〇先生選句、▲句友特選、▽句友選句。
  弁当のない子もゐたり夏燕 ◎
  夏草や友の形見の作務衣着て 〇▲
  万緑や卒寿杖曳く九段坂 ▽
  亡き君と二人で歩む花遍路▽
  燕の子迎へてくれし無人駅
  ビル風もときには嬉し夏柳
  歌詠みの師愛でられし君子蘭
 先生のご指摘、「亡き君と二人で歩む」ではなくて「亡き君を背中に負うて花遍路」の方がよい。「燕の子迎へてくれし無人駅」の句は、書き間違いで、「迎へ」となっていて「し」が欠けていたので取らなかったとのこと。徘徊の単純な書きたりないミスで大失敗だった。
  漫歩選句7句は以下の通り 特選▲
  老いを鳴く鶯晴子師の墓前
  晩学も楽しきものと新茶汲む
  さみだれや傘の内なるみだれ髪
  走り梅雨帰ると言へず母とゐて
  世界史の動く気配や青嵐▲
  娘等の腕まぶしい街薄暑
  ミニトマト入れて弁当出来上がる
 次回は7月7日 兼題は夕立、七夕となった。
毎朝の公園はまさに万緑の季節。ラジオ体操に参加し始めてから、もう満5年になる。福島原発事故の翌年2012年春からだ。そして玄米雑炊中心の一日二食の食生活に切り替えたのが、2011年の福島原発事故の秋からだった。それ以降、徐々に血圧の薬、胃の薬、狭心症の薬、前立せん肥大症の薬など捨てて来た。いわば食生活の改善によるクスリ依存症からの脱却である。友人のなかには、もう少し肉を食べたり魚を食べたりしなければとか、老人はある程度小太りで平均体重超過する方が望ましい、などと忠告される方もいる。確かにいまなお現役でバリバリ仕事をこなしている友人には小太りが多いし一理ある。しかし徘徊には日々コツコツ断捨離を進め乍らの簡素な食生活が合っているのだ。今日、公衆浴場で体重58キロとなり、まことに身が軽く気分がいい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ようこそ!「老人はゆく」へ
「老人はゆく」へようこそ

徘徊老人

Author:徘徊老人
80歳の徘徊老人です。
趣味、杖を引いて歩くこと、
お四国歩き遍路、ごみひろい
路上公園などの観察、
キョロキョロ歩き
読書、眠り薬になること多し

最新記事
リンク
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR