缶詰の極洋本社欠陥食品対応に納得 

缶詰の極洋本社欠陥食品対応に納得 17・6・21
 昨日は朝からラジオ体操に行き、帰りは神保町近くの新星食品で出来たての豆腐一丁を買って帰った。私は日常生活の中で玄米雑炊二食を基本として生活している。パソコンで原稿書きをしたり、資料の整理をしたりして、12時ころに食事を始める。炊き立ての玄米にキャベツの味噌汁を作り、例の如くスーパーから買ってきたさんま缶詰を開けて食べようとした。ところが中味が真っ黒になっている。これは腐っていると直感した。もう一つの缶詰を開けると無事だった。賞味期限を調べると、両方とも2019年8月となっている。
 こういう場合は、私は買ったスーパーに持参するか、ひどい場合は飯田橋にある東京都の消費者センターに持って行く。きちんと食品会社に調べてもらいたいからである。しかしネットで検索してみると、缶詰の製造会社「極洋」は戦前からの魚の会社で、それが発展して、世界各地にまたがる缶詰だけでなく、マグロなどの稚魚から育てる大きな企業だとわかった。期待はしなかったが、大企業の「極洋」が欠陥食品にどう対応するかを見たいと思って日比谷の本社に電話した。交換手は「食品の欠陥について話をしたい」というと、すぐさま担当者に電話を回した。これがまず意外だった。
 最近の大企業とくにソフトバンクなどの会社は、本社に電話しても苦情処理の担当者は絶対出てこない。録音した声でその件は〇〇の番号を押してくださいと来る。しかもそこにつながるとまたもや、「その件はどこそこの担当ですから電話して下さい」と他にまわす。あちこち電話で引き回された末に、結局はどこか九州か東北にある苦情処理の担当者が出てくるのだから、まったく解決能力はなく、腹を立て、疲れ果てて終わりということになる。そういう意味では「孫正義」なる人物の会社はまさに「孫不正義」に等しい企業である。
 だが、今回の缶詰の腐敗に対しての極洋本社の対応はまさに消費者に対する責任感に溢れていた。私が今朝の缶詰の腐敗と、もう一つの缶詰は食べられた話をして「二つとも有効期限は2019年の8月となっている」と話すとすぐさま「これからお伺いして腐敗した缶詰を頂きに参ります」と担当者が言った。その機敏な応対にも好感が持てた。では午後3時までは自宅にいます、というと、それまでに参上しますという。そして時間通りに若い担当の社員が緊張した面持ちで現れた。そして「腐った缶詰を持ち帰り、きちんと調査をして後日ご報告します」と言った。そして封筒を私に渡して「缶詰の代金です」と言って帰った。空けて見ると100円玉二つが入っていた。私の損失は缶詰代金100円である。後日、日比谷公園に行った際、本社に伺って「貰い過ぎです」と言って100円玉を返還することにした。
 かつて畏友渡辺文学氏がビール会社に対して「あのバカげたプロ野球優勝のビール掛けをやめよ」と要求した際、アサヒビールの樋口廣太郎社長は、わざわざ文学氏の自宅まで電話したきて「まったく賛成だ」と述べたという。その話を聞いて私は生涯、アサヒビールを飲むことにした。今回の「極洋」の欠陥商品への敏速な対応に感動した私は「生涯極洋の缶詰を食べる」と決めた。
  (写真 極洋のさんまの缶詰)


      a
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

いい話ですね

極洋でキャットフードもやっていないだろうか。しらべてみます。心のある対応、いい話です。

No title

徘徊さん

極洋のサンマ、日本ならでは対応で先日、徘徊さんに電話しながら不覚にも泣いてしまったように、この記事も涙しました。日本は住みやすい国であり、技術的にも素晴らしいと思います。でも政治が誠実ではない。合衆国に右へ習え、言い換えれば占領下にまだいるということですね。私も極洋のサンマ食べてみたい。南米に輸出してるか、聞いてください。
ようこそ!「老人はゆく」へ
「老人はゆく」へようこそ

徘徊老人

Author:徘徊老人
80歳の徘徊老人です。
趣味、杖を引いて歩くこと、
お四国歩き遍路、ごみひろい
路上公園などの観察、
キョロキョロ歩き
読書、眠り薬になること多し

最新記事
リンク
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR