FC2ブログ

後藤田 正純議員 素直に敗けを認めよ 17・7・4

後藤田 正純議員 素直に敗けを認めよ 17・7・4
友人のHIRANO氏からのブログ掲載記事から、東京都議選について自民党の後藤田 正純議員(徳島一区選出)の素直に敗けを認めよという発言が載っています。以下に紹介します。
―勝ちに不思議な勝ちあり、負けに不思議な負けなし。 江戸時代の松浦静山の言葉。 民心から離れた自由民主党に対して、都民は見事に反応しました。将棋や囲碁でもあるように、負けました!と認めるべき。自民党議員の後藤田正純の自民批判 
私も都議選の応援には、何日も何ヶ所も行きました。その際、私は必ず最初に安倍政権、自由民主党についての、現在の問題点と反省を包み隠さず述べて、その後には、外交や安全保障、経済や金融などの、安倍政権の成果に理解を求める演説をしてきました。
私自身が、自由民主党執行部はおかしくなってると感じたのは、私の安倍政権の反省についての街頭演説が、安倍批判をしたと、党幹部に伝わり私にクレームがきたこと。 石破さんは私に対して、私の挨拶は当然だと擁護して頂いたが、このような密告、引き締め、礼賛、おかしな管理をしている、今の自民党執行部をみると、結果は仕方ないと思わざるをえません。順風で己を見失い 逆風で己を知る  この言葉をかみしめて、安倍政権が、順風すなわち、せっかく積み上げた多数議席や外交や安全保障、経済成長、地方創生などの政策や成果に酔いしれ、己を見失ったことを反省し、都議選の結果を真摯に受け止め、今一度、己を知ることが大事であります。―
きっこのブログには以下のような指摘があります。
―今回の都議選の結果を見れば分かるように、国政でも受け皿になれる政党さえあれば安倍政権など簡単に倒せるのだ。安倍一強を許しているのは野党側の問題であり、いつまでも野田佳彦などを幹事長の座に居座らせ、共産党との共闘にも後ろ向きな民進党の国民に背を向けた党運営」が最大の原因だ。民進党の議員は、今の執行部除いて全員離党して新党を作ればいいんじゃない?
◆都議選の敗者と勝者 共産党の健闘と女性進出
たしかに敗け比べから言えば、今回の都議選最大の敗者は自民党、現有57議席から23議席へ、戦後最大の敗北です。次いで民進党、かつて09年の民主党政権誕生直前の都議選で45議席で第一党となったが、民主党政権の失敗の余波も受けて013年都議選では25議席に後退。今回は都民ファーストに脱走する議員もいて、最終的には7議席に後退した。それに引き換え共産党は、小池新党、自民党を共に批判する立場だった。埋没の危険もあったが、17議席から19議席へと伸ばした。しかも共産党の当選者のうち女性は13人と圧倒的に女性候補が乱戦の主役となった。前回3議席だった維新は、今回1議席のみ。自民党安倍体制の補完政党として、安倍・菅体制ににゴマを摺っていることが見え見えになった。これで維新は東京ではほぼ消滅した。都内の有権者は、維新の安倍政権よりの与党化を見逃さなかった。都議選の敗者は①安倍・菅自民党②民進党③維新ということができよう。都議選の勝者は①小池都民ファーストだが、寄せ集めの集団が何時まで持つか。②公明党③共産党が勝者と言えるが、その内容は異なる。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ようこそ!「老人はゆく」へ
「老人はゆく」へようこそ

徘徊老人

Author:徘徊老人
80歳の徘徊老人です。
趣味、杖を引いて歩くこと、
お四国歩き遍路、ごみひろい
路上公園などの観察、
キョロキョロ歩き
読書、眠り薬になること多し

最新記事
リンク
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR