渡辺文学氏禁煙40年の挨拶とポイ捨て拾い

渡辺文学氏禁煙40年の挨拶とポイ捨て拾い 17・6・17
 畏友渡辺文学こと文さんから昨日「7月23日に傘寿を迎えます」とのメールが届いた。それで彼の禁煙歴は40年になると知った。ということは文さんは40歳までは煙草を吸い酒を飲み運転もしていたわけである。何しろ若かった。横浜で公害研の会議を終えて東京に帰る時、彼の車に乗せてもらった。煙草を吸いながら、アルコールが入って夜の京浜国道を走るわけだからスピード違反すれすれで、乗っていてハラハラしていた。それが突然、煙草をやめ、車の免許までも返上した。以降は禁煙運動の旗手として日本のたばこ問題の第一人者として今日まで活動を続けている。以下は彼のメールである。

―あと10日。7月23日に、80歳=傘寿を迎えます。1985年に平山雄先生と「たばこ問題情報センター」を創設。1989年に『禁煙ジャーナル』の発行に踏み切り、その後、紆余曲折を経ながら、28年間にわたって発行を継続してこられましたことは、多くの皆様方の温かいサポートの賜物と、心から御礼申しあげる次第です。1977年5月6日、約20年間のニコチン嬢との腐れ縁(煙)にピリオドを打った年から、今年2017年は、ちょうど40年目という節目の年でもあります。また、コピーライターの中田みどりさんが「嫌煙権」という造語を提唱した年も1977年であり、いろいろと不思議な現象が、私の「断煙」を機に起こった年でもありました。
 時あたかも「受動喫煙防止法」(「健康増進法改正案」)が大きな話題となって、政治の場でも真剣に取り上げられることとなり、都議選で岡本光樹弁護士が、貴重な議席を得ることが出来ましたことは、まさに「天の時・地の利・人の輪」が、タバコ問題の解決に向けて大きなステップ踏み出した歴史的な年でもあります。2020年まで、あと3年。抜本的なタバコ規制対策をめざして、皆様のバックアップをいただきながら、JT、財務省、自民党たばこ賊(族)議員、御用学者・ジャーナリストなどと徹底的にたたかう決意を新たにしております。「誕生日」を目前に、一言御礼と決意の言葉を述べさせていただきました。―
 同日もう一本のメールが届いた。彼がこの春から続けている、地元世田谷区内でのたばこのポイ捨て拾いの報告である。
 ー渡辺文学 禁煙・嫌煙権運動関係者各位  6月23日~7月1日まで、会津に行っていてブランクがありましたが、今朝の「365本」には驚きでした。世田谷区に5月上旬から「対策」を要請してきましたが、全く何の動きもありませんでした。(これが、今までの最高本数です。)ようやく12日に環境政策課の石塚氏から電話があり、南烏山地区の団体と相談したとのことでした。また、区として、道路上に「ポイ捨て禁止」の表示を業者に委託する旨も言っておりました。保坂区長、あまり「タバコ問題」には関心が薄いようなのが残念です。ー
      (写真 文学さんが拾ったタバコ最高記録)

       a
/span>
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

文学さんとはずーと前に新宿御苑のオフ会でお会いしましたよね?卒寿とは月日のたつのは早い。タバコは必ず止められます。姐さんは10年前までチェーンスモーカーでした。しかし、乳癌で入院し手術前日に麻酔医の説明を受けたとき「麻酔の量を間違えないでくださいね。目が覚めないなんてことないように、お願いしますよ」と言ったら、医師は「そんなこと心配する前にタバコ止めなさい」ときっぱり言いました。その麻酔医も手術担当の外科医ふたりも20代、30代の女性。その日を境に姐さんはきっぱりタバコと縁切り。今吸っている人を見ると「アッ、タバコ吸いだ。やめましょ!」と言います。酒は止められなくてもタバコは止めることができる! そうそう、手術室に入り麻酔がききかけたころ「心配しないでね、今よりきれいな乳房にしてあげる」と、執刀医が笑顔。この10年で女性は愛嬌から度胸へ。ボランティアの7割は女性です。世の中様変わり。
ようこそ!「老人はゆく」へ
「老人はゆく」へようこそ

徘徊老人

Author:徘徊老人
80歳の徘徊老人です。
趣味、杖を引いて歩くこと、
お四国歩き遍路、ごみひろい
路上公園などの観察、
キョロキョロ歩き
読書、眠り薬になること多し

最新記事
リンク
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR