安倍首相の不信任 都議選後の世論調査 

安倍首相の不信任 都議選後の世論調査 17・7・20
 都議選後も安倍内閣と自民党批判が続いている。選挙後、読売、時事・朝日、共同等の世論調査が発表されたが、時事通信、朝日、共同などでは、安倍政権の支持率が30%を割った。都議選はいわば安倍内閣不信任が突きつけられた選挙だともいえる。
◆女性の安倍不信任と自民党離れ 無党派層48%へ 読売新聞
安倍政権の「広報紙」となった読売新聞の都議選後の全国世論調査は衝撃的である。7月7日~9日、全国世論調査の結果、①安倍政権支持率は前回調査(6月17~18日)の49%から13ポイント下落し36%。212年の12月の第二次安倍政権発足以降で最低となった。不支持率は52%(前回41%)で最高となった。②性別や年代を問わず、「安倍離れ」が広がっている。男女別にみると、女性で厳しい見方が顕著に現れた。女性の内閣支持率は、前回(6月調査)からマイナス18ポイント減の28%に下落した。専業主婦に限っても、マイナス18ポイント減の27%とほぼ同様である。③今回調査では、無党派層の割合は前回より7ポイント増えて47%となり、第二次安倍政権発足以降では14年8月の49%に近い高水準となった。一方で、無党派層の内閣支持率は16%で、第二次安倍内閣以降で最も低くなった。④自民党が歴史的惨敗を喫した東京都議選の結果について、「よかった」とした回答は全体で65%に上がり、安倍内閣支持層と自民支持層でも、それぞれ54%と半数を超えた。しかも「安倍内閣を支持しない」最大の理由は「安倍首相が信頼できない」が断トツの49%に上っている。自民党支持率も前回の41%から30%へと下落した。今次都議会選挙の敗者は安倍・菅一強体制であることは明らかだ。しかもその後の各種世論調査結果は、時事通信が支持率29%台、続々と安倍政権不信任の結果が出ている。
◆第二の敗者は安倍・菅ベッタリ日本維新
第二の敗者は見過ごされているが日本維新である。橋下、松井代表が官邸に出入りして、重要法案の強行採決に同意し自公+維新の与党を自認している。その典型が稲田防衛相の「自衛隊としてもお願いしたい」という大失言への対応だ。自民党内部でさえ「赦し難い」という批判の声が上がっているにもかかわらず、維新の松井代表は「辞任には値しない」と稲田氏を擁護し続けた。あまりにも世論と遊離していたことに気づいたか橋下元代表がツイッターで投票日直前、稲田防衛相の辞任を求めた。あわてて維新・松井一郎代表も「稲田朋美防衛相は早く辞めるべき」と辞任不要論を軌道修正した。(産経新聞17・ 6・30) 維新は4年前の都議選で初めて都議会に2議席を得たが今回は1議席。
 第三の敗者は都議選連敗、国政選挙三連敗の民進党だ。かつて〇九年都議選で都議会第一党を誇った民主党は230万票と54議席で都議会第一党となった。その後013年は前年の総選挙での民主党政権転落を受けて69万票の惨敗。今回の都議選では38万票と半減、議席数もわずか5議席に転落した。以下の都議選における「主要政党の党派別得票数一覧」を参照。敗者として挙げた自民の得票減は37万票、維新の得票減は32万票、民進の得票減は31万票だ。三党ともに30万票台の減少だが、壊滅に等しいのは維新と民進の両党だ。
2009・2013・2017年得票数比較  ()は獲得議席数
都民ファースト  2017年      188万票(55)
自民党 146万票(38)→163万票(59) → 126万票(23) 37万減
共産党 71万票(8)→61万票(17) → 77万票(19) 16万増
公明党 74万票(23)→63万票(23) → 73万票(23) 10万増
民進党 230万票(54)→69万票(15) → 38万票(5) 31万減
生活者ネット 11万票(2)→9万票(3)→7万票(1) 2万減
維新 (2013年・2017年) 37万票(2) →5万票(1)32万票減
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

すごい分析ですね。日本の新聞が見られないブエノスでは貴重なニュースです。ありがとうございます。安倍はもうもたないでしょう。次はだれか? 気になるところです。
ようこそ!「老人はゆく」へ
「老人はゆく」へようこそ

徘徊老人

Author:徘徊老人
80歳の徘徊老人です。
趣味、杖を引いて歩くこと、
お四国歩き遍路、ごみひろい
路上公園などの観察、
キョロキョロ歩き
読書、眠り薬になること多し

最新記事
リンク
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR