夏の東京五輪不安が圧倒的 Yahoo調査

夏の東京五輪不安が圧倒的 Yahoo調査 17・8・5
 徘徊老人は、もともと東京オリンピック反対論者だ。大国のメダル獲得の場と化した、オリンピックなどとっくに、本来の意義と意味を失った。こんなものに物とカネをつぎ込むのは利権屋とその手下どもだと思って居る。最近ネット上などで知ったことだが、同じように東京五輪への反対と不信は意外に深く広い。「Yahoo!ニュースの意識調査調べでこのことが証明されている。Yahooによると、2020年東京五輪の開幕まであと3年。東京五輪への期待と不安、どちらが大きいですか?と問うた。以下がその結果である。
◆実施期間:2017年7月26日~2017年8月5日
投票合計:126,866票
① 期待が大きい 27.5% 34,901票
② 不安が大きい 65.3% 82,890票
③ わからない/どちらとも言えない 7.2% 9,075票
意外に日本人のオリンピック意識はレベルが高い。オリンピック歓迎はわずかに27・5%、不安と反対が65・3%だ。これに対するコメントを読むと頷ける。
Yukiyasu Hashimoto ・ 栃木県 小山市
 猛暑の7月にやることにアンポンタンの森、小池、丸川の3バカバッカは一人として疑問に思わないのかな?選手や観客の熱中症を考えていないのかな?森、小池、丸川の3バカバッカは猛暑の7月にやるのを止めて、前回通り10月10日に開会式をやるように利権がらみのIOCに働きかけろ!利権がらみの汚染されたIOCが応じないならオリンピックを返上すればいいだけの話である。森、小池、丸川の3バカバッカは利権がらみの汚染されたIOCの言いなりになる必要なない。金は日本が出すのだ!バカ野郎!(激怒)
Ritsuko Ayame Sullivan
 ここ20年ほど北米在住ですが、地球温暖化に伴い上昇している日本の夏に体が対応できません。今年も7月の中旬に日本に戻りその暑さにはまいりました。オリンピックは日本の夏の暑さに慣れていない国から参加する人が多いように思います。開催時期をこんな真夏に決めたお偉いさんは、朝から晩まで冷房の効いた室内・車内にいるだけで、例え15分でも炎天下の下で過ごしたことがないんだと思います。一般人はこんな時期の開催は無謀だとわかります。本当にこの時期に開催したら、選手・観客とも熱中症患者続出で、後世にも残る最悪のオリンピックとなってしまうのは確実です。期待よりも不安が100倍です。
Ryoji Yamazaya
 東京で2回もオリンピックやる必要ない。昔は「参加することに意義がある」といった。今は「一番いい色のメダル以外はいらない」と。ただのスポーツ大会でいいのだ。オリンピックはもはや利権屋の食い物と化している。何の意義も理想もない。消滅させるべきだ。
Yutaka Aoki ·北海道大学
 バブルが発生し一部の連中が大いにもうかる。閉会後はそのバブルがはじけ大きな景気後退が生じるが、それは全員で甘受する(苦笑)できたら止めてもらいたいww
 以上のようなコメントに見られるように、意外に東京五輪反対ないし批判は多数派なのだと知った。今年一月には東京で東京五輪反対の集会とデモが開かれ、いまなお東京オリンピック反対の運動を続けている。徘徊老人も驥尾に付して、今後はオリンピック反対のデモや集会に参加しよう。

            
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ようこそ!「老人はゆく」へ
「老人はゆく」へようこそ

徘徊老人

Author:徘徊老人
80歳の徘徊老人です。
趣味、杖を引いて歩くこと、
お四国歩き遍路、ごみひろい
路上公園などの観察、
キョロキョロ歩き
読書、眠り薬になること多し

最新記事
リンク
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR