FC2ブログ

電車内の化粧へ家でやれとの反撃 

電車内の化粧へ家でやれとの反撃 017・9・17
 電車内でのマナーの乱れについて、先週「スマートホン・ゾンビ」なる見解があることを紹介したが、最近の新聞記事で、最近特に目立つ電車内での化粧についても痛烈な批判があることを知った。苦々しく思っているのは徘徊老人だけではないのだ。今や80代半ばの徘徊老人には人と争う気力、体力がない。70代の半ばまでは、電車内で延々と化粧している女性に向かって「ここは化粧室ではない」と怒鳴りつけたりしていた。またホテルのレストランで駆けっこをしている孫をたしなめもしないでニコニコしている祖父母に「ここは運動場ではない」と怒鳴りつけ露骨に嫌な顔をされたこともある。もうな70代後半以降は、知らぬ顔をしているだけだ。
 ところが最近の新聞によると、なかなか勇気のある御仁がいて、化粧している女性に痛烈な批判をしていることを知った。毎日新聞「松尾貴史のちょっと違和感」に面白い話を発見した。松尾氏は電車内で強烈な香水の匂いを発散させる女性がきらいらしい。「隣に私の嫌いな香水をつけた女性が座った。もしすし屋で隣に座られたら席を移してもらうか、さもなければ店を出る」とのべ、。ソシャール・ネットワーク・サービスで読んだ話を紹介している。この話が面白い。電車内で化粧していた美人女性がいた。近くにいた二枚目の男性がいて、彼が途中の駅で降りる際に、紙片を女性に手渡した。いわゆる「車内ナンパ」でメールアドレスでも伝えたのか。彼女は爽やかな彼の後姿を目で追い、持たされた紙に目を落として一瞬固まったそうだ。すかさず横から盗み見したら、「家でやれ」と書いてあったとか。
 もう一つは先日、大阪にある料理店の店主から教えてもらった話。彼が地下鉄に乗っていると、空いている隣の座席に70代と思われる清潔そうな紳士が「失礼します」と座った。新聞を取り出して、熟練された手つきで新聞紙を最小限の空間の中でご自身の肩幅以下に畳み、読み始めた。ふと前を見ると、向かいの席に座った女性がせっせと化粧している。読んでいた新聞を膝のあたりに下げた隣の紳士が、向かいの女性を見据えて、これまた最小限の声で、しかし相手にしっかり聞こえる声で、「パンツは家ではいて来い」と注意した。険悪な空気が流れるかと思えば、向かいの女性は「すみません・・・」と小さな声で言って、すぐに化粧道具をしまったそうだ。この二つのエピソードを紹介したうえで松尾氏は「なぜトイレのことを化粧室というのか、考えてほしいものだ」と結んでいる。(毎日新聞9・10)
 道徳教科書に安倍総理の顔まで載せた教科書が出回っているそうだ。学校で子供に道徳教育をなどと声高に叫ぶ前に、日常生活の中で最低限のマナーさえ、忘れ去っている現状を具体的に上げて、現代の大人老人などが、いかに孫や子の家庭内教育を怠っているかを問題にすべきだ。優先席に孫を座らせて婆さんは立たっているなどという滑稽な風景こそ問題だ。孫に「ここは、体の悪い人とか、老人とか、赤ちゃんを抱く母親が座る席だ」と教えるという、最低限のマナーを知らない、老人や親たちにこそ「大人の道徳教育」をすべきではないか。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

男の前で化粧する女性は

同感です。男の前で化粧する女性は、その男に全てを許すサインだと昔に教わりましたが。今の女性は強いので、電車の中の全員でも平気なのでしょう。
ようこそ!「老人はゆく」へ
「老人はゆく」へようこそ

徘徊老人

Author:徘徊老人
80歳の徘徊老人です。
趣味、杖を引いて歩くこと、
お四国歩き遍路、ごみひろい
路上公園などの観察、
キョロキョロ歩き
読書、眠り薬になること多し

最新記事
リンク
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR