FC2ブログ

千代田区の選挙結果野党共闘で海江田復活 

千代田区の選挙結果野党共闘で海江田復活 17・11・4
 東京都は日本最大の人口をもつ選挙区である。25の選挙区の結果は、自公の圧勝に終わった。自民19+6比例、公明1プラス2比例、立憲4+4比例、希望1+比例3、共産2比例の結果だ。自民・公明を加えた議席は28議席。野党3党の議席は14議席となった。わけても希望の惨敗ぶりが目立つ。徘徊老人の居住する千代田区は、新宿と並んで東京第1区である。ここは民主党政権の大敗した012年総選挙以降、海江田万里元民主党代表の選挙区だが、12年、14年とも連敗。とくに前回の総選挙で比例区復活もならなかった。
 今回は千代田新宿の共産党、社民党などとの野党統一候補の話し合いが成立して、立憲民主党所属の海江田万里が当選した。前回014年と比べれば野党共闘の成果が歴然としている。()内は前回014年の結果
 海江田万里 立憲 96,255 (89,232) 山田みき 自民 93234(107,015) 松沢香 希望 40,376。前回は山田みき氏に17,783票の差で落選した。今回も共産党の協力がなければ落選だった。前回014年の総選挙で共産党は東京1区で富田なおき氏が立候補、29,001票を獲得している。今回はこの共産党支持層の投票によって約1万8000票の差を逆転できた。
 野党統一候補のメリットは、第一にその周辺に市民グループによる野党候補を推す動きが活発化することだ、場合によっては市民グループが先導して野党統一候補として立憲民主党や無所属候補のなかでも旗幟鮮明な候補を推す動きが加速する。その相乗効果によって無党派層の多くが、野党統一候補に投票するという図式だ。勝利した参院選や今回の総選挙で見られる。野党統一と市民グループ参加、無党派層の投票行動刺激、そして野党統一候補の勝利となる。
 もう一つは、野党統一候補の勝利は、多くの場合民進党や立憲民主党の候補者が多い。したがってその相乗効果として、無党派層や共産党系の浮動票も投票した候補者の党に比例区票を入れる傾向がある。前回016年の参院選でも民進党の比例区票は飛躍的に伸びたが、共産党は1%くらいしか伸びなかった。だが、その後の地方選挙などでは、共産党への信頼が地方議員選挙での勝利につながる傾向がある。そういうことをきちんと整理しなければ、統一候補のメリットを野党第一党だけが享受する結果になる。
 そういうことを分析できないで「共産党との協力は保守層の支持をなくす」として、希望との合同劇を演出した前原氏や細野氏ら旧民主党幹部や連合の幹部などは「木を見て森を見ない」バカモノとしか言いようがない。野党統一によって民進党の比例区票が伸びて、基礎票を持つ連合議員はほぼ全員当選したのである。選挙後の各紙の一致した調査結果では、野党統一が出来てゐたら62前後の選挙区で与野党逆転がなったという。すでにこのことは昨年12月の日経新聞が分析していたことだ。こういうことを一顧だもせず、幻の小池ブームに幻惑されて、民進党は解体し野党分断の状況が生まれた。旧民主党・民進党幹部に世の中のことをまともに見つめる眼力が欠如しているこがすべての原因である。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ようこそ!「老人はゆく」へ
「老人はゆく」へようこそ

徘徊老人

Author:徘徊老人
80歳の徘徊老人です。
趣味、杖を引いて歩くこと、
お四国歩き遍路、ごみひろい
路上公園などの観察、
キョロキョロ歩き
読書、眠り薬になること多し

最新記事
リンク
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR