FC2ブログ

平成天皇と美知子妃の憲法認識と右翼の批判

平成天皇と美知子妃の憲法認識と右翼の批判 17・12・23
 今日は天皇誕生日だ。近年目立つのは自民党の右翼学者や日本会議に属する議員は、平成天皇や美知子妃の平和や憲法についての批判だ。昔なら不敬罪だが今は、憲法改正、天皇元首などを目指す右翼たちは公然と天皇批判をやっている。憲法問題についての天皇や皇后の発言が気に入らないらしい。2013年(平成25年)10月20日、皇后は、誕生日にあたってのコメントで五日市憲法草案に言及された。
ーあきる野市の五日市を訪れた時,郷土館で見せて頂いた「五日市憲法草案」のことをしきりに思い出しておりました。明治憲法の公布(明治22年)に先立ち,地域の小学校の教員,地主や農民が,寄り合い,討議を重ねて書き上げた民間の憲法草案で,基本的人権の尊重や教育の自由の保障及び教育を受ける義務,法の下の平等,更に言論の自由,信教の自由など,204条が書かれており,地方自治権等についても記されています。鎖国を経た19世紀末の日本で,市井の人々の間に既に育っていた民権意識を記録するものとして,世界でも珍しい文化遺産ではないかと思います。―
 さらに同年12月18日、天皇が、やはり誕生日にあたってのコメントで「戦後、連合国軍の占領下にあった日本は、平和と民主主義を、守るべき大切なものとして、日本国憲法を作り、様々な改革を行って、今日の日本を築きました。戦争で荒廃した国土を立て直し、かつ、改善していくために当時の我が国の人々の払った努力に対し、深い感謝の気持ちを抱いています。また、当時の知日派の米国人の協力も忘れてはならないことと思います」と述べられた。
◆右翼学者八木英次の天皇皇后の発言を護憲派と攻撃
 これに対してそっそく噛みついたのが八木秀次(麗澤大学経済学部教授。憲法学「日本教育再生機構」理事長、「新しい歴史教科書をつくる会」第3代会長)だ。
―美知子妃が10月20日、次いで天皇陛下が12月18日、 陛下が日本国憲法の価値観を高く評価されていることが窺える。 私がここで指摘しておきたいのは、両陛下のご発言が、安倍内閣が進めようとしている憲法改正への懸念の表明のように国民に受け止められかねないことだ。なぜこのタイミングなのか。デリケートな問題であることを踏まえない宮内庁に危うさを覚える。憲法改正は対立のあるテーマだ。その一方の立場に立たれれば、もはや「国民統合の象徴」ではなくなってしまう。宮内庁のマネージメントはどうなっているのか。 灰聞するところによれば、両陛下は安倍内閣や自民党の憲法に関する見解を誤解されているという。皇后陛下は「新聞紙上」で憲法論議に触れられると述べておられる。確かに一部の新聞は、あたかも戦争の準備をし、国民の自由を抑圧するためにこそ憲法改正を企図しているかのように書き立てている。これは「ためにする」議論であることは言うまでもない。自民党の改正草案が天皇を「元首」と規定していることに、象徴天皇を否定し、天皇が政治的実権を握るようになると誤解されているからだとの観測もあるが、「元首」は「対外的な国家の代表者」との意味で、現行憲法下の実情と何も変わらない。―
 八木秀次のみならず日本会議所属の国会議員や評論家なども同じように天皇皇后の護憲的発言を批判する。石原慎太郎元東京知事などもその一人だ。かつて「天皇に会った時、外人観光客のために皇居のライトアップを」などと要請。宮内庁が強く抗議した。また「天皇にはぜひ靖国参拝を」などとぬけぬけと言う。東条などの戦犯を合祀して以来、昭和天皇は靖国参拝を中止された。以降、現在の平成天皇も靖国参拝は中止されている。天皇に靖国親拝を要請するなら、戦犯合祀の現況を改善することが先決だ。天皇の靖国神社親拝は昭和天皇による1975年(昭和50年)11月21日が最後となっている。およそ40年余にわたって天皇親拝が中止されている。戦犯合祀という根本原因を糺さないで、天皇の靖国参拝を求めることこそ弾劾されるべきだ。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

突然の訪問、失礼いたします。
私はこちら⇒b--n.net
でブログをやっているきみきといいます。
色々なブログをみて勉強させていただいています。
もしよろしかったら相互リンクをお願いできないでしょうか?
「やってもいいよ」という方はコメントを返してくだされば、
私もリンクさせていただきます。
よろしくお願いします^^
ようこそ!「老人はゆく」へ
「老人はゆく」へようこそ

徘徊老人

Author:徘徊老人
80歳の徘徊老人です。
趣味、杖を引いて歩くこと、
お四国歩き遍路、ごみひろい
路上公園などの観察、
キョロキョロ歩き
読書、眠り薬になること多し

最新記事
リンク
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR