FC2ブログ

温故知新新潟の旅と三宅正一さんの体操教室

温故知新新潟の旅と三宅正一さんの体操教室 18・2・5
 最近、新潟米軍飛行場反対運動のことで新潟に行くようになった。1月の初めに新潟までメールマガジン・オルタの加藤編集長と出掛けた。そのことを1月20日のオルタに書いた。それを見た、三宅正一さんの元秘書であり、近代政治史研究者の飯田洋さんから連絡があり、先月25日加藤さん宅でお会いした。三宅正一さんに関連するの戦前戦後の農民運動の記録も二冊出されている方だ。そのとき、かつて三宅正一さんに体操教室に誘われたことを思い出した。その話を飯田さんにしたのだ。それは以下のような切っ掛けで始まったのである。
◆トミくん四十才からが大事だぞ
「おいトミくん、いくつになった」と聞かれたので「ちょうど四十才になりました」と答えた。「トミくんこれからが大事だぞ。体を鍛えなければダメだ。ぼくのやっている体操教室に来い」といわれた。いまから45年前、三宅正一さんの議員会館の一室での会話である。戦前からの無産運動の闘士で、新潟の農民運動を指導した高名な政治家として知られていた三宅さんは、当時73才だった。なかなか面白い方で、遊説に随行すると迎えの車を待っている間、道路わきで「おい君、体操しよう」と背広を脱ぎ一、二、三、四と声をあげてラジオ体操を始めた。わたしも恥ずかしい思いをこらえながら従った。  
そういうことを覚えていて声をかけていただいたのか。ともかく国会の近くのビルで、毎週一回、当時、自民党の古井喜実議員などと国会議員の有志がはじめていた体操教室に来るようにいわれた。ひとりではなんとも心細いので、公害研の渡辺文学、奥沢喜久栄さん(故人)と朝日新聞の松井やより女史(故人)を誘った。参加してみると40代前後のわたしたちは若い方で、60代以上の人が大半だった。しかもおどろいたことにこの60代が軽々と倒立転回をこなしている。両股をひろげてぴったり額が床に着く。こちらも負けるものかと小学校以来やったことのない倒立転回をやってみると怖くて回転できない。やっとごろり回転すると、くらくら眩暈がする。なにをやっても60代にかなわない一緒に行った3人の仲間は一、二回で止めてしまった。わたしは「よし続けてみよう」と決心した。3年くらい前からときどき動悸がして動けなくなったり、血圧も高い状態だったからだ。
◆水泳とジョキングで体力づくり
体操教室に通いながら、運動好きの友人にも恵まれて、土、日には泳いだり、走ったりを始めた。最初は25㍍プールを一回泳ぎきるだけで息が切れた。ランニングも2百メートルでダウンしてしまう。しかし「継続は力なり」である。2年くらいのうちに泳力、走力ともに格段の進歩を遂げた。50代になるころはプールでクロール、平泳ぎとも一㌔以上泳いでも平気、ゆっくりなら数キロ走ることができるようになった。おかげで悩んでいた腰痛が治った。血圧も運動をすれば劇的に低下することを発見した。
 三宅さんはその後、衆議院副議長となり、80年6のロッキード選挙で同じ新潟3区の田中角栄と対決するが、角栄圧勝のあおりで落選して引退された。間もなく脳梗塞で倒れて82年5月、81才で亡くなられた。「40代からが大事だぞ。体を鍛えなおすのだ。ぼくの教室に来い」と真剣な口調でいわれた言葉を45年後のいまもはっきり覚えている。以来、大きな病気ひとつせず不肖の弟子は85才まで生きながらえた。恩寵に感謝しつつ新潟再訪の旅を今年はじめる。まさに温故知新の旅なのだ.。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ようこそ!「老人はゆく」へ
「老人はゆく」へようこそ

徘徊老人

Author:徘徊老人
80歳の徘徊老人です。
趣味、杖を引いて歩くこと、
お四国歩き遍路、ごみひろい
路上公園などの観察、
キョロキョロ歩き
読書、眠り薬になること多し

最新記事
リンク
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR