FC2ブログ

名護市長選挙敗北 嘆かず依存せず 

名護市長選挙敗北 嘆かず依存せず 18・2・10
 名護市長選挙の敗北をどうみるか、友人の毛利さんからい「チョイさんの沖縄日記 辺野古や高江の問題等に関する日々の備忘録 嘆かず、依存せず、できる限りのことを黙々と、淡々とやっていく」という記事が寄せられた。同感する点が多い。以下に要旨を紹介する。
 ー018年02月04日  名護市長選、稲嶺さんが負けてしまった。しかし、打ちひしがれるわけにはいかない。私は2月3日(土)、ゲート前の集会で、工事の状況について説明を求められてマイクを握った際、最後に次のように述べた。「投票日の前日にこんな話しをするのは不謹慎だとしてお叱りを受けるかもしれませんが、明日の選挙結果によっては万一の事態もあり得ます。しかし、その時でも私たちは、ああもうダメだと諦めるわけにはいかないのです。私たちが諦めてしまった場合、防衛局はどんな違法工事でもどんどん押し進めてきます。埋立工事についての最終的な権限は知事が握っています。県民が抗議行動を強め、そうした県民の支えをもとに知事が自らの権限を毅然と行使する限り、工事はいずれ頓挫します。明日の選挙結果が万一のことになったとしても、私たちは打ちひしがれるわけにはいきません。諦めるわけにはいきません。そのことだけは是非、確認しておきましょう。ただ、
そういう事態にならないように、後で悔いが残らないように、明日の投票日までせいいっぱい頑張りましょう。」
  このような厳しい状況の中で思い出すのは、目取真俊さんの言葉だ。昨年4月、大浦湾でK9護岸のための石材投下が始まった時、目取真さんは、石原吉郎の「ペシミストの勇気について」というエッセーに触れ、「絶望も希望もない。その場でできることを黙々と、淡々とやるだけですよ」と述べられたという(沖縄タイムス 2017.4.26)。この目取真さんの話を「視点」というコラムで紹介した阿部岳記者も、「力をくれるのは、やはり単独者としての勇気なのかもしれない。嘆かず、他者に依存せず、一人一人が『命と尊厳は諦められない』と、自らに確かめることはできる」と、そのコラムをまとめている。嘆かず、依存せず、黙々と」。今、私たちに求められているのは、このことである。ー (目取真 中原吉郎 ペシミストの勇気 沖縄タイムス 2017.4.26) クリックで拡大

   a
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ようこそ!「老人はゆく」へ
「老人はゆく」へようこそ

徘徊老人

Author:徘徊老人
80歳の徘徊老人です。
趣味、杖を引いて歩くこと、
お四国歩き遍路、ごみひろい
路上公園などの観察、
キョロキョロ歩き
読書、眠り薬になること多し

最新記事
リンク
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR