FC2ブログ

通巻300号を迎える『禁煙ジャーナル』

通巻300号を迎えた『禁煙ジャーナル』 18・34・24
 徘徊老人が、かつて発刊していた『月刊環境破壊』は公害環境問題、主として住民運動の立場からとらえて、1970年から1987年まで17年間発刊して幕を閉じた。その当時、公害問題研究会の事務局長をしていた渡辺文學さんとは、刎頸の友として48年間の付き合いだ。彼はその後、禁煙運動にのめりこみ、たばこ天国の日本を禁煙に変えた大功労者だ。かつては酒、煙草を愛好し、車の運転をしていたが、運転免許を返上し禁煙運動一筋に生きて来た。彼の発刊する「禁煙ジャーナル」が通関300号を迎えて、先週その記念の集いがあった。以下は禁煙ジャーナル40年にあたって、彼のブログに掲載された禁煙ジャーナル通関300号の記事の要旨である。
 - 『禁煙ジャーナル』が通巻300号を迎えた。1989年4月「タバコと健康全国協議会」の機関紙として『タバコと健康』の発行に踏み切りました。財政的な裏付けも全くなく、思い切った決断だったと思います。そのころの全国協議会の会長は、九州禁煙協会の川野正七氏で、平山雄博士や伊佐山芳郎弁護士、穂積忠夫弁護士、愛知県肺癌対策協会の通木俊一氏らと相談の上、創刊号の発行にこぎつけました。2年後、1991年1月から、現在の『禁煙ジャーナル』に改題して発行を続け、次号、5月1日発行号で通巻300号を迎えます。本紙発行当初の社会情勢と比べると、現在は劇的な変化を見せています。航空機、列車、バス、タクシー、病院、学校、野球場、競技場、劇場、公共施設などの禁煙が当たり前となり、国、自治体、企業のタバコ規制もかなり進んできました。しかし、大幅に遅れているのが飲食店です。「健康増進法」の改正案では、当初厳しい規制方針が盛り込まれていましたが、自民党タバコ族議員の圧力で、大幅に後退した内容となってしまい、メディアからも厳しい批判がなされています。
 ■JTの広告・スポンサーシップは問題
 タバコの煙に悩まされる機会は大幅に減ってきました。しかし、問題は山積しています。まず何といってもJTの「広告」と「スポンサーシップ」を禁止させなければなりません。JTは今「分煙」を強調していますが、どんな内容であれ「タバコの広告は全面禁止」が世界の常識です。
 国会の取り組みも遅れています。テレビ・新聞でもよく報道されますが、テーブルの上の灰皿やスタンド灰皿など、一向になくなっておりません。「国会敷地内全面禁煙」をめざしてほしいものです。
 ■加熱式タバコとの新たな闘い
 「紙巻タバコ」のような煙や臭いの少ないことを謳った「加熱式タバコ」が急増中です。しかし多くの専門家は「ニコチンや発がん性物質を含むことに変わりはない」と指摘しており、健康に及ぼす悪影響について警鐘を鳴らしています。「タバコはタバコ」です。紙巻タバコと同じように、厳しい規制対策を進めていくべきです。
 ■財務省の関与をなくせ
1985年から施行されている法律が「たばこ事業法」で、「わが国たばこ産業の健全な発展を図る」と書かれています。このような法律を持っている国はありません。また、JT株の33.35%は麻生財務大臣の名義となっています。タバコ問題の国際会議では、タバコ会社を「死の商人」と位置づけてきましたが、「死の商人」と呼ばれる会社の株を30%以上も保有しており、監督官庁が財務省ということも大きな問題です。故平山雄博士は「厚生省に大政奉還せよ」と常々語っていました。私は、300号の発行にあたり、平山先生の遺言を胸に、タバコ問題の抜本的な解決、さらにはタバコのない社会をめざして全力を注いでいく決意を新たにしております。 18・34・24ー


 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アルコールも禁止に

文学さんの禁煙運動には頭が下がります。
それにしても、酒の害はタバコには比べようも無い程大きいと思います。アルコール中毒、中毒まではいかなくてもアルコールは健康を確実に害します。犯罪の多くは酒が関係しています。私の友人知人だけでも、アルコールで失敗した人や若くして没した人は多くいます。私は酒が嫌いだから言うのではありません。私は殆ど毎日酒を飲みますが、最近は飲む量は日本酒で一合前後に控えています。酒を飲んでいても酒の害を訴えて良いと思います。しかし、この世はすべて酒で雁字搦めになっており、発言力のある人で、酒を批判する人は殆どいません。まず酒類の自動販売機を禁止すべきです。
ようこそ!「老人はゆく」へ
「老人はゆく」へようこそ

徘徊老人

Author:徘徊老人
80歳の徘徊老人です。
趣味、杖を引いて歩くこと、
お四国歩き遍路、ごみひろい
路上公園などの観察、
キョロキョロ歩き
読書、眠り薬になること多し

最新記事
リンク
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR