FC2ブログ

転倒にもめげず歩行の92歳翁の生き方

転倒にもめげず歩行の92歳翁の生き方 18・5・4
 齢八十半ばともなれば足腰いよいよ衰える。これは必然であり防ぎようがない。しかし今なお90歳を過ぎても歩いてラジオ体操に来たり、電車に一人乗ったりしている先輩を見ていると嬉しくなる。4月30日に満92歳となられた松崎清記翁もその一人だ。何しろ私の知るかぎり、公園の90代は最高齢の松崎翁をともう一人、91歳の池田会長先生のみである。松崎翁を見ているといろいろ勉強になる。まず第一にはその旺盛な食欲である。私と同年齢の君子夫人に言わせると、腹が減ったと言っては近所のレストランで一人食べてくる。1日4食は食べているそうだ。2番目によく転倒される。先日も一緒に神保町方面にあるいているとちょっと坂道の舗道で前のめりに転んだ。あっと驚いたが、通りかかった屈強の若者がすぐに引き起こしてくれた。見ると唇に血が滲んでいる。
 松崎翁はそれでも平気で、ひょこひょこと歩いて帰られた。よほど骨格がしっかりしているのだろう。たびたび転倒されるそうだが、大けがにならないのが不思議だ。3つめにそういう転倒を含めて昨日のことはあまり覚えていない、したがってくよくよ悩むこともないというのだ。自分の名前と、生年月日ははっきりしている。大正15年4月30日、栃木県那須町の生まれだ。そして子供の頃、皇太子―現在の平成天皇が那須御用邸に来られる日は、近辺の学校の生徒たちがお迎えに整列したことは記憶されている。しかし日常茶飯事のことは忘れてもまったく気にしない。「昔は芥川龍之介を読んだりしていろいろ悩んだが、いまはまったく本も読まないし悩みもない」と仰る。自分は死ぬなどといういことを考えないそうだ。日々忘れ去るということも長生きの秘訣かも知れない。
 今日の電車内で偶然乗り合わせた老人に同じような方がいた。半蔵門線の表参道で乗り込んできた老人がバッタリ前のめりに倒れた。他の乗客が引き起こしたので、私の席のそばにすわってもらった。きちんとした服装の老紳士だったが年齢を聴いて驚いた。92歳という。松崎翁と同年だった。そして「今日は独りで国立新美術館に行き、印象派最強の美少女展を見に行った帰りだ」と聞いて2度びっくり。
 電車が一時停車していたので、ところで元気の秘訣なんですかと聞いてみた。老紳士曰く、第1に食事は1日3回きちんと食べる。第2に睡眠、6時間半必ず眠る。第3に歩く、1日に3000歩から4000歩は必ず歩く。老紳士も転倒して80代半ばに足の骨を折って入院した。3年前には階段から落ちて腰の骨を折る重傷だったが、治ったそうだ。「再来年のオリンピックまでは生きるよ」と仰った。日々めげず、くじけず歩き続けられる日のあることを最大の幸せと考えることにしよう。
 杖曳いてくの字に上がる九段坂 蜘蛛の囲のキラリと光る清水門 漫歩 

  (写真 92歳の松崎清記翁)
 
  a
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

母の看病の経験から、転ぶのは脳血栓の赤信号ですよ、と言っても徘徊さんのお友だちには通用しませんね。ご自分のことは十分わかっているはずですから。長生きの秘訣の中に、<自分のすべてを受入れる>という項目もありそうです。雪見は10日ほど前に、向島の道で急にめまいのようなものに襲われ、倒れ(血圧?)救急車で東京曳舟病院に運ばれました。倒れた瞬間は「あー、やっちゃた」と思いました。あとは覚えていません。今は安静にしています。特に悪いとこはありません。

「8000歩20分」のお知らせです

最近に私が知った「8000歩20分」のお知らせです。
青栁幸利(医博)が群馬県中之条町で、15年間65歳以上の5000人について365時間、運動量と健康の関係を調査の結果「8000歩20分」が万病の予防に最も効果的との結果が明確になりました。
「8000歩20分」とは、一日に8000歩(家の中も含む)を歩き、そのうち20分間は中強度(何とか話が出来る程度)で歩くという運動量です。毎日歩かなくても1週間程度の平均で達成すれば良い。重要なのは、8000歩以上は健康を害することです。年齢、体力に応じて「8000歩20分」の範囲で5000歩10分など適宜加減すと良いとのこと。以上です。
ようこそ!「老人はゆく」へ
「老人はゆく」へようこそ

徘徊老人

Author:徘徊老人
80歳の徘徊老人です。
趣味、杖を引いて歩くこと、
お四国歩き遍路、ごみひろい
路上公園などの観察、
キョロキョロ歩き
読書、眠り薬になること多し

最新記事
リンク
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR