FC2ブログ

沖縄慰霊の日「6.23」-沖縄と出会い直すために 

沖縄慰霊の日「6.23」-沖縄と出会い直すために 18・6・26  
 辺野古基地の土砂投入が8月となって、現地の状況は緊迫している。本土からの土砂搬入を阻止する運動を展開しているグループの毛利孝雄氏が、新社会に以下のような問題提起をされた。
■ 沖縄の記憶を切り捨てて生きてきた
 「6・23(ロクテンニイサン)」-この響きには、悔いの気持ちが混じる。
 20年前、初めて沖縄を訪れた。6月23日が「沖縄・慰霊の日」であることすら記憶していなかったことに、心底打ちのめされていた。しばらくして、1983年の6月23日、本土では東北新幹線開通を祝う国と地方による祝賀行事が行われていたことを知った。8月6日・9日・15日に、はたしてこの種の記念行事を行いうるだろうか。私自身もまた、沖縄戦の記憶を切り捨てて生きてきた、平均的本土人のひとりではなかったか。
 友人の元高校教員Tさんの「沖縄」との出会いも強烈だ。沖縄の大学に進学したい、という娘さんの希望をうれしく受けとめてきた。ある日、予備校の講師から呼び出され、思いがけない言葉をかけられる。「本当に沖縄でいいのですか?はっきり言って、沖縄の大学を出ても本土では使いものになりませんよ」。さらに同僚の女性教師からは「あんな危険なところに娘さんをひとりでやるなんて、親として失格」と叱責される。
 本土に流布する沖縄観、それは本土側の戦争観や民主主義意識の反映でもある。私たちは、本土の沖縄観とどれほど正面から向き合えてきただろうか。何が変わり、何が変わらなかったのか。
■ 不発弾と人骨と所有者不明土地と
 住民4人に一人が亡くなった沖縄戦は、73年を経た今も沖縄社会を規定する。
 那覇空港に降り立つと「不発弾の機内持込禁止」のポスターが迎える。今も、とりわけ沖縄本島中南部の工事現場からは、人身大ほどの不発弾や人骨が出てくる。不発弾処理は平均すると月2回ほどにもなるだろうか。周辺住民の一時避難、経費の一部負担など県民生活への影響も大きい。最終処理まではあと7~80年かかるとされる。そして、いまも家族の元に帰ることなく埋もれたままに眠る数多の遺骨たち。
 市街地を歩くと、草の生い茂るままに放置された空き地が散在する。沖縄戦による戸籍の消失や家族全員の戦死などによる所有者不明土地だ。地区計画やまちづくりを進めるうえで大きな障害となっている。戦後73年間放置が続く一方で、米軍基地内には不明土地は存在しない。基地の安定提供のために、不明の境界線は国の手で引き直されている。
■ 出会い直すために
 去る3月急逝された新崎盛暉さん(沖縄大学名誉教授)は、日米関係史から見た沖縄問題を次のように概括している。
「アジア太平洋戦争の末期、天皇と本土を防衛するために沖縄を捨て石にしたこと、敗戦処理にあたって、本土の主権確保と天皇制存続のために、沖縄の施政権を放棄し米軍への基地提供を行ったこと、それが今日まで及んで、沖縄の政治的経済的構造を形づくっていること」(岩波新書「沖縄現代史-新版」からまとめ)。
 戦後73年目の「慰霊の日」を、沖縄は
かつてない緊迫感の中で迎える。辺野古工事強行と南西諸島への自衛隊配備。一方で、「土人」発言をはじめネットに蔓延する沖縄ヘイト。本土と沖縄、出会い直すことはできるのか。
「6・23」を、あらためてその機会としたい。
利孝雄・「週刊・新社会」に書いたものを編集しました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ようこそ!「老人はゆく」へ
「老人はゆく」へようこそ

徘徊老人

Author:徘徊老人
80歳の徘徊老人です。
趣味、杖を引いて歩くこと、
お四国歩き遍路、ごみひろい
路上公園などの観察、
キョロキョロ歩き
読書、眠り薬になること多し

最新記事
リンク
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR