FC2ブログ

日本たばこ産業のロゴ付きのコラム掲載へ抗議

日本たばこ産業のロゴ付きのコラムへの抗議 18・7・11
 わが畏友渡辺文学氏は、日ごろ穏健なる人物でなかなか怒らない。温和な人物である。その文学さんが最近怒っているのは、長年愛読している毎日新聞に対してである。これについて、文学さんの怒りに同調する人物が、これまた元毎日新聞の社会部記者の川名英之さんである。川名さんが毎日新聞の会長朝比奈豊に送った抗議文が文学さんから送られてきた。川名さんもまた長年の付き合いのある温和な人物である。以下に文学さんや川名さんの抗議の趣旨を掲載する。
 毎日新聞社会長  朝比奈 豊様  2018年7月9日 川名英之
 お忙しい日々を過ごしのことと拝察いたします。1つ、お知らせしたいことが起こり、お手紙を送らせていただきました。実は、40年以上前の盟友、渡辺文学氏から7月2日の毎日新聞に「充実のいととき」という日本たばこ産業のロゴ付きのコラムが掲載されたという手紙をもらいました。渡辺氏は40年前に「たばこの煙は公害」という観点から嫌煙権を提唱、喫煙や受動喫煙による健康被害をなくすことを目標にして献身的に運動を続けてきた人です。渡辺氏のご尊父、渡辺三樹男氏は毎日新聞モスクワ特派員、論説委員を経験された方です。
 この渡辺氏が今、毎日新聞に日本たばこ産業のPRとも言うべきロゴ付きのコラムが掲載されたことを怒り、抗議行動を起こしています。渡辺氏の怒りは、もっともだと思います。私は喫煙と喫煙による健康被害をなくす運動に関係している人々が、毎日新聞に日本たばこ産業のロゴ付きのコラムに載ったことをなぜ怒っているのか、なぜこの種のPRを新聞に載せてはならないかについて、私が知っていることを、現在の毎日新聞社の幹部の中で唯一、お知り合いである朝比奈会長にお伝えし、今後は新聞にこの種の記事を載せないようお願いしたいと思います。
 日本の嫌煙権運動は渡辺氏の献身的な運動のお陰もあって、成人の喫煙率は1978年の男性74.7パーセント、女性16.2パーセントから、35年後の2012年には男性32.7パーセント、女性10.4パーセントと劇的に減りました。しかし男性の喫煙率(2011年のOECDの調査)はスウエーデンの3倍近い36.6パーセントと高く、喫煙率の低い国の順位はOECD加盟34か国中、21位という有様。その主要な原因は、たばこ規制枠組条約は第13条でたばこの規制を禁止し、先進諸国では、たばこの宣伝、広告、販売促進、スポンサー行為の規制が進んでいるのに、日本は大きく立ち遅れています。
 そのうえ、日本ではたばこ事業法があり、同法に「わが国たばこ産業の健全な発展を図る」と書かれていて、財務省がたばこ産業の株を保有しているのです。たばこ産業が財務省の庇護のもとにあり、広告・宣伝の規制が緩いために、日本の喫煙率がはかばかしく低下しないのです。たばこによる人々の健康被害を防止するための運動に携わっている人たちが毎日新聞にたばこ産業のPR 記事が載ったことに怒っているのは、このためです。このことに留意し、たばこ産業のPR関連の記事は今後、一切載せないよう、お取り計らいください。ご参考までに関連の資料をお送りします。  
                 
     
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ようこそ!「老人はゆく」へ
「老人はゆく」へようこそ

徘徊老人

Author:徘徊老人
80歳の徘徊老人です。
趣味、杖を引いて歩くこと、
お四国歩き遍路、ごみひろい
路上公園などの観察、
キョロキョロ歩き
読書、眠り薬になること多し

最新記事
リンク
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR