FC2ブログ

公園の酔芙蓉が咲いたと友のメール

公園の酔芙蓉が咲いたと友のメール 18・10・29
 数日間留守にしていて北の丸公園に行かなかった。帰宅してみると一通のメールがはいっていた。 
―2018年秋 秋晴れの良い日曜日となりました。今朝、北の丸公園に、酔芙蓉の花が咲いていました。酔芙蓉は、朝は白い花が咲いて、午後はピンク色になり、夜には、赤くなるという不思議な花です。どうぞ、お楽しみくださいませ。リディアー
  今週はまことに秋晴れの暖かい天気だ。リディアさんという方はちょっと思い出せないが、有難く頂戴した。以下のように返信した。リディアーさん、酔芙蓉の花、有難く頂戴しました。
 今朝はちゃんとラジオ体操に参加して、公園の新鮮な空気を吸って、歩いてきた。帰途友人のKさんと一緒になり、酔芙蓉のメールの話をしたら、公園の中に酔芙蓉の咲いてゐる場所があると連れて行ってもらった。数年間ラジオ体操に行っているのに、酔芙蓉の噂は効いていたが、咲いてゐるのをはじめて見た。朝は白く咲き、お昼頃ピンク色、夜は真っ赤になると言うので、酔芙蓉と名づけられたそうだ。
 その後、百円珈琲の店によって仲間と歓談。そして神保町近くの新星豆腐店で、作り立ての豆腐一丁、朝食用の果物などをスーパーで買って帰宅。これでラジオ体操と合わせて約7000歩歩くことになる。。別に運動しているつもりはないが、生活の必要性、必然性で最低1万歩以上は歩くことになる。腰も痛いし足ものろくなった。しかし歩いている間は不思議に幸せな気分になる。今でも2001年から数年間歩き続けた四国歩き遍路を夢見ている。無理だろうと思いながら、お四国の人や花に逢いたくなる。
 調べてみると酔芙蓉は秋の季語で、正岡子規の句に、「松が根になまめきたてる芙蓉かな」の句があった。また酔芙蓉の花言葉は「「繊細な美 」  「しとやかな恋人」となっている。まことに艶然たる風情の酔芙蓉に出会った秋晴れの朝だった。
  酔芙蓉酔はせ聞きたいこともあり 漫歩
  北の丸公園 酔芙蓉

  a

` 


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

今朝は清々しい朝陽のなか酔芙蓉を楽しむ事が出来て幸せなひと時でした。
恵まれた環境に居られる事に感謝です。
徘徊さんはじめ公園に集う諸先輩方のように楽しみながら体力作りして行きたいと思います。これからもどうぞよろしくお願いいたします。

有難う

コメント有難う。
昨日、輝きプラザで、彼に有ったので、貴女からよろしくと言っておきました。昨日夕方、公園に歩きに行って、酔芙蓉の花の変化を写真に撮り
増した。夕方の鯉鵜縁もたのしいですよ。
徘徊老人と読んでくださって嬉しかった。今日。お会いできたらその所以を書いた一文をお渡しします。
ようこそ!「老人はゆく」へ
「老人はゆく」へようこそ

徘徊老人

Author:徘徊老人
80歳の徘徊老人です。
趣味、杖を引いて歩くこと、
お四国歩き遍路、ごみひろい
路上公園などの観察、
キョロキョロ歩き
読書、眠り薬になること多し

最新記事
リンク
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR