FC2ブログ

石垣島の宮崎省吾さんから 暖房費3万円の上田から逃避 20・2・14

◆公害予防闘争の勝利した臼杵以来の半世紀
 宮崎省吾さんは1970年の公害研発足の頃、朝日ジャーナルに載った「公共の住民襲撃に抗して」という論考に感激した。旧来の反独占とか反自民で公害問題を捉える論調にうんざりしていた私は、宮崎さんの「住民運動は革命を目指さない」という論旨が気に入った。たまたま臼杵の大阪セメント反対の公害予防闘争に取り組み始めたころだった。そして臼杵の老舗の酒屋で、生粋の自民党支持者だった小手川道郎さんも東京に呼んで、宮崎さんを講師に勉強会を開いた。以降宮崎さんにもしばしば臼杵に出かけてもらった。
 わたしが公害予防闘争と名づけた最初の住民運動は勝利した。あれからもう半世紀を経た。公害問題の師は横浜公害局長だった助川信彦さん、運動論の師は宮崎省吾さんだ。長野に居るはずの宮崎さんからメールが来て驚いた。私の寒中見舞いが長野県上田市から沖縄宮古島に転送されたのだ。その返礼のメールを以下に紹介する。飛行機で宮古島に飛ぶなんて元気な老人と思ったが事情がわかった。

◆頚椎症性神経根症で右手不自由で文字書けず代筆を頼む状態
 ご無沙汰で申し訳ありません。貴兄のブログにあった田上さんや正木さんのように、私も自筆で書きたいのですが、頚椎症性神経根症とかで右手が不自由で、字が思うように書けません。全部パソコン頼りで、書類に住所氏名を判読可能に書くのも困難で、代筆を頼む始末です。体力も十分とは言えず、これまた貴兄のブログにありました、鎌田實医師の言うフレイル(虚弱)な状態にあ
ります。
 石垣ももう来ることはないと思っていましたが、昨年5月に予定していた水俣行きをコロナで一月に延期したので、往復の運賃がほとんど掛からないのと上田の寒さからの逃避と、何せ冬の暖房費が3万円/月を超えますので、自棄気味ですがやってきました。
 貴兄のブログは全部読んでいます。間隔が開き、回数が減っているのが心配でしたが、このところの復活で安心しています。必ず読んでいる読者がいることを意識して、頑張ってください。三月半ばには上田に帰ります。首都圏に行く機会はあまりないと思いますが、その時はお知らせします。岡村さんを含め、お目にかかりたいと思っています。ではまた。有難うございました。宮崎省吾
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

ようこそ!「老人はゆく」へ
「老人はゆく」へようこそ

徘徊老人

Author:徘徊老人
88歳の徘徊老人です。
趣味、杖を引いて歩くこと、
お四国歩き遍路、ごみひろい
路上公園などの観察、
キョロキョロ歩き
読書、眠り薬になること多し

最新記事
リンク
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR